金券ショップ チケッティは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップです。

金券販売(ご購入)

新幹線 東京-熱海 自由席

【購入に際してのご注意】

・チケット一枚につき、片道一名様の乗車券・新幹線特急券がセットになっている券を販売しています。
・自由席券となります為、指定席へはご乗車できません。
 差額を支払っての指定席乗車も行う事が出来ません。
・この券のみでご乗車頂けます。
・東京都区内よりご利用頂けます。
・東京発熱海着でも、熱海発東京着でもご利用頂けます。
・繁忙期(4/27~5/6、 8/11~8.20、12/28から翌1/6まで)はご利用いただけません。
・回数券の為、乗り越した場合差額精算ではなく初乗り精算となります。
 また途中下車した場合は再乗車できません。
・こちらの券は有効期限が御座います。有効期限45日以上ある券を販売致します。
・在庫状況によっては2~3営業日お時間をいただく場合もございますのでご了承下さい。

商品コード:700002

新幹線 東京-熱海 自由

販売価格¥3,260(税込)

ご利用ガイド

【熱海駅とは】
静岡県を代表する温泉街熱海市にある駅です。
JR東日本の東海道本線、伊東線、JR東日本の東海道新幹線、3路線が乗り入れるターミナル駅です。
JR東日本とJR東海の会社境界駅である熱海駅は、在来線構内はJR東日本が管理し、新幹線構内はJR東海が管理している駅となっています。
在来線ではJR東日本の熱海運輸区が構内に存在するなど運行上の拠点でもあるため、当駅を経由するすべての旅客列車が客扱い停車していたが、2009年(平成21年)3月14日のダイヤ改正で臨時列車とされた「ムーンライトながら」は運転停車扱いとなった。特急列車や一部普通列車(朝夕の沼津駅発着列車や伊東線直通列車など)を除く大半の列車が当駅で系統が分離されている。
新幹線は、各駅停車の「こだま」と、東京 - 岡山間の2往復と、上り広島発東京着の列車一本に、下り東京発新大阪止まりの列車一本の「ひかり」が停車している。

【熱海を通る路線】
JR東日本
JR東海

【歴史】
駅の開業は1925年3月であり、開業当初は国府津駅を起点とする熱海線の終着駅であった。1934年12月に当駅西側の熱海 - 沼津間が開業し、東海道本線の中間駅となった。伊東線は翌年の1935年3月から乗り入れている。
東海道新幹線の熱海駅は、新幹線が開業した1964年10月から存在する12駅のうちの一つである。

【駅の名物】
温泉地ということもあり駅前広場に足湯「家康の湯」があり営業時間内は無料で利用できる。また駅前商店街前に熱海軽便鉄道の7号蒸気機関車が静態保存されておりフォトスポットとして人気がある。

【駅周辺の名物】
熱海サンビーチ
お宮の松
MOA美術館
熱海城

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~