検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

建退共証紙の格安販売・購入

建退共証紙の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:建設業退職金共済証紙
額面  :310円
有効期限:ありません

こちらは建退共証紙の販売ページとなります。
建退共証紙買取ページはこちらから。

 

 

【建退共証紙の使い方】

(1) 事業主は、労働者に賃金を支払うつど(少なくとも月1回)、その労働者が働いた日数分の共済証紙を共済手帳に貼って、消印してください。

(2) 掛金助成手帳には、1日券証紙を貼る欄200日分と掛金助成欄50日分とがあります。掛金助成欄は就労日5日毎に1日の割合で掛金免除となっています。番号にしたがって共済証紙を貼り、掛金助成欄にあたる日に働いた分は共済証紙の貼付が免除されますので、消印のみしてください。 この場合、掛金納付実績は、証紙貼付日数と掛金助成日数を合算した250日分となります。 掛金助成手帳には、1日券を貼付してください。

(3) 2冊目以降の共済手帳には、10日券証紙を貼る欄と1日券証紙を貼る欄がそれぞれ250日分あります。なるべく10日券か1日券のどちらかに統一して貼ってください。10日券と1日券をあわせて貼るときでも、合計で250日分しか貼ることはできません。

退職金は建設業退職金共済制度で

 建退共制度は、建設業の事業主が当機構と退職金共済契約を結んで共済契約者となり、建設現場で働く労働者を被共済者として、その労働者に当機構が交付する共済手帳に労働者が働いた日数に応じ共済証紙を貼り、その労働者が建設業界の中で働くことをやめたときに、当機構が直接労働者に退職金を支払うというものです。

 

国がつくった退職金制度

 建退共制度は、建設現場で働く人たちのために、中小企業退職金共済法という法律に基づき創設され、当機構がその運営にあたっています。
 これによって、建設業で働く人たちの福祉の増進と雇用の安定を図り、ひいては、建設業の振興と発展に役立てることをねらいとするものです。
  退職金は、国で定められた基準により計算されて確実に支払われますので、民間の退職金共済より安全かつ確実な制度です。
  制度に関する手続きは、各都道府県の建設業協会にある都道府県支部で行い、しかも、簡単にできます。

 

業界全体の退職金制度

  建退共制度では、労働者がいつ、また、どこの現場で働いても、働いた日数分の掛金が全部通算されて退職金が支払われるという仕組みとなっていて、労働者が次々と現場を移動し、事業主を変わっても、その先々の事業主のところで共済証紙を貼ってもらい、建設業で働いた日数は全部通算できるようになっています。
  したがって、建設業の事業主がお互いに協力しあって、みんなの力で育てていく制度ですので、事業主のみなさまがもれなく建退共制度に加入していただくことが何より先決となるわけです。


【関連リンク】
建設業退職金共済事業本部 企業サイト

建退共証紙の赤証紙 310円・3100円は現在発行していますか?

令和3年10月以降発行しておりません。


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

建退共証紙  赤証紙 1日券 310円

商品コード:310200

建退共証紙 赤証紙 1日券 310円

お気に入りに追加

販売価格 :¥180

通常価格 :¥310

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

建退共証紙 赤証紙 10日券 3100円

商品コード:310201

建退共証紙 赤証紙 10日券 3100円

お気に入りに追加

販売価格 :¥1,800

通常価格 :¥3,100

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

建退共証紙 赤証紙 1日券 320円

商品コード:310203

建退共証紙 赤証紙 1日券 320円

お気に入りに追加

販売価格 :¥250

通常価格 :¥320

建退共証紙 赤証紙 10日券 3200円

商品コード:310204

建退共証紙 赤証紙 10日券 3200円

お気に入りに追加

販売価格 :¥2,500

通常価格 :¥3,200

商品情報

正式名称:建設業退職金共済証紙
額面  :310円
有効期限:ありません

こちらは建退共証紙の販売ページとなります。
建退共証紙買取ページはこちらから。

 

 

【建退共証紙の使い方】

(1) 事業主は、労働者に賃金を支払うつど(少なくとも月1回)、その労働者が働いた日数分の共済証紙を共済手帳に貼って、消印してください。

(2) 掛金助成手帳には、1日券証紙を貼る欄200日分と掛金助成欄50日分とがあります。掛金助成欄は就労日5日毎に1日の割合で掛金免除となっています。番号にしたがって共済証紙を貼り、掛金助成欄にあたる日に働いた分は共済証紙の貼付が免除されますので、消印のみしてください。 この場合、掛金納付実績は、証紙貼付日数と掛金助成日数を合算した250日分となります。 掛金助成手帳には、1日券を貼付してください。

(3) 2冊目以降の共済手帳には、10日券証紙を貼る欄と1日券証紙を貼る欄がそれぞれ250日分あります。なるべく10日券か1日券のどちらかに統一して貼ってください。10日券と1日券をあわせて貼るときでも、合計で250日分しか貼ることはできません。

退職金は建設業退職金共済制度で

 建退共制度は、建設業の事業主が当機構と退職金共済契約を結んで共済契約者となり、建設現場で働く労働者を被共済者として、その労働者に当機構が交付する共済手帳に労働者が働いた日数に応じ共済証紙を貼り、その労働者が建設業界の中で働くことをやめたときに、当機構が直接労働者に退職金を支払うというものです。

 

国がつくった退職金制度

 建退共制度は、建設現場で働く人たちのために、中小企業退職金共済法という法律に基づき創設され、当機構がその運営にあたっています。
 これによって、建設業で働く人たちの福祉の増進と雇用の安定を図り、ひいては、建設業の振興と発展に役立てることをねらいとするものです。
  退職金は、国で定められた基準により計算されて確実に支払われますので、民間の退職金共済より安全かつ確実な制度です。
  制度に関する手続きは、各都道府県の建設業協会にある都道府県支部で行い、しかも、簡単にできます。

 

業界全体の退職金制度

  建退共制度では、労働者がいつ、また、どこの現場で働いても、働いた日数分の掛金が全部通算されて退職金が支払われるという仕組みとなっていて、労働者が次々と現場を移動し、事業主を変わっても、その先々の事業主のところで共済証紙を貼ってもらい、建設業で働いた日数は全部通算できるようになっています。
  したがって、建設業の事業主がお互いに協力しあって、みんなの力で育てていく制度ですので、事業主のみなさまがもれなく建退共制度に加入していただくことが何より先決となるわけです。


【関連リンク】
建設業退職金共済事業本部 企業サイト

建退共証紙の赤証紙 310円・3100円は現在発行していますか?

令和3年10月以降発行しておりません。


おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)