金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

金券ショップチケッティ買取(ご売却)トップページ

切手 の買取(ご売却)

バラ切手

バラ切手

シートから切り離されている切手は、バラ切手として扱います。

  • ・1枚だけ切り離されているシート
  • ・枚数が全部そろっていても淵の部分が切れているシート

上記のように、シートが完全な状態でない場合はバラ切手扱いとなります。

普通切手現行柄シート

普通切手現行柄シート

現在郵便局で販売されている絵柄の100枚単位(1,000円切手のみ20枚シート)の切手シートはこちらになります。

慶弔用切手シート

慶弔用切手シート

現行柄の慶事・弔事用切手シートとなります。

記念・旧柄シート(100円以上)

記念・旧柄シート(100円以上)

  • ・同じ額面の切手が10枚や20枚、50枚単位のシートとして 販売されている切手
  • ・過去に発売されていた普通切手額面のシート
  • ・現行の額面でも、過去に発行されていた柄の切手シート

上記のような切手シートは記念・旧柄シートとしての扱いとなります。

記念・旧柄シート(100円以下)

記念・旧柄シート(100円以下)

  • ・同じ額面の切手が10枚や20枚、50枚単位のシートとして 販売されている切手
  • ・過去に発売されていた普通切手額面のシート
  • ・現行の額面でも、過去に発行されていた柄の切手シート

上記のような切手シートは記念・旧柄シートとしての扱いとなります。

ミニシート

ミニシート

  • ・異なる額面の切手が一枚のシートとしてまっているもの
  • ・同じ額面の切手シートでも10・20・50・100枚単位でない場合

上記のようなシートはミニシートとしての扱いとなります。年賀状のくじでもらえる切手シートはミニシート扱いとなります。

台紙貼り切手

台紙貼り切手

弊社規定の台紙貼り切手にはこちらになります。詳しくはこちらをご覧ください。

切手仕分け時の注意

切手を送付される際は下記のような仕分けをお願いいたします。
①切手が、ケースやフォルダに収納されている場合は取り出してください。
②シート切手の場合、下記画像のように額面・枚数別にまとめてください。
 シートが同じ額面・枚数であれば、絵柄が異なっていても構いません。
 ※現行柄のみ、同じ絵柄でお揃え下さい。


③バラ切手の場合は、下記画像のように額面別に仕分けし、ビニール袋などにいれてください。

切手チケッティ店頭買取について

チケッティ新小岩店では、店頭持ち込みの場合もチケッティオンラインショップ買取価格を適用しています。

チケッティ新小岩店店頭にお持ち込みの場合、下記の弊社指定切手買取カードに必要事項をご記入の上、
ご本人様確認書類と共にご持参下さい。  
※ご本人様確認書類はコピーを取らせていただきます。
※買取カードがない場合、本サイト掲載価格でお買取ができない場合があります。

>>切手買取カードのダウンロードはこちら<<


※切手は仕分けをした上でご持参ください。 仕分けがされていない場合、本サイト掲載価格でお買取できない場合がございます。


>>切手 仕分けのお願い<<

※買取カードにご記入の際は、必ず額面の合計を明記して下さい。
 買取金額の合計はご記入が無くても結構です。


②ご自宅にプリンタがない場合は、店頭にてご記入いただきます。
 切手買取カードを準備しますので、店頭スタッフにお申し出ください。
 事前にご自宅にて仕分けしたメモ等をご持参頂けますと検品時間の短縮となります。


③店頭受付の場合、お支払方法は
 ・銀行振り込み
 ・現金お支払い
 のどちらかになります。
  平日昼12時までに新小岩店店頭にお持ち込みの場合は、当日受付扱いとなります。
 12時以降にお持ち込み、また、土日祝日等に持ち込みの場合は、翌チケッティオンラインショップ営業日受取扱いとなります。
 銀行振り込みの場合は、受付扱い日翌日、現金支払いの場合は、受付扱い日当日のお支払いとなります。
  ※バラ切手が多いなど検品にお時間がかかる際は、検品に数日かかる場合がございます。

切手についてのトリビア

Topics1 記念切手と普通切手の違い

記念切手とは、国家的行事を記念して発行される郵便切手であり、普通切手と異なり、同一柄で揃える事が非常に困難となります。

但し、額面や使用方法は同一の為、企業のDMなどに良く使われます。また、裏面にのりが付いているシールタイプの切手が人気となります。

 

Topics2 郵便局で交換できる商品※手数料必要

窓口にて、手数料をお支払頂く事で、手紙・はがき・ミニレター・レターパック等に交換する事が可能となります。

 

Topics3 切手の分類について

チケッティでは次の通り切手を分類しております。買取価格確認の際には下記分類にご留意ください。

普通切手 シート: 現在郵便局にて販売しているもので1シートに100面の切手があるものです。 バラ: 上記のシートから切り離されている状態のものです。

たとえ10枚ブロックになっていてもシートから切り離されてしまうとバラ扱いとなりますのでお気をつけください。

記念切手 シート: 10面、20面、50面からなるシートです。 ミニシート: 10面、20面、50面以外の面数からなるシート全てを含みます。

また、10面、20面シートであっても複数額面が混在している場合はこちらになります。【お年玉切手】や【20世紀デザイン切手】などはこちらになります。

バラ: 上記のシートから切り離されている状態のものです。シートから1枚でも切り離されてしまうとバラ扱いとなりますのでお気をつけください。

 

Topics4 切手とは

郵便料金を前納した証。日本での歴史としては、明治4年に発行された物が始まりで、大正⇒昭和⇒平成と何度も改良を重ね、現在の切手へと変更されました。

世界で初めて切手が誕生したのは、イギリスで1840年に生まれた物が初めてとなります。

2017年6月より新しい郵便料金制度が始まりました。