検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

丸井商品券の格安販売・購入

丸井商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:丸井商品券(ギフトカード)
使用場所:丸井・モディ・ノクティプラザ
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

ご利用可能店舗詳細はこちらをご確認ください。

 マルイ店舗一覧

 

こちらは丸井商品券(ギフトカード)の販売ページとなります。
丸井商品券(ギフトカード)買取ページはこちらから。

【丸井商品券の使える店】

ご利用可能店舗
丸井全店の他、モディ(静岡・柏・渋谷・戸塚・町田)、ノクティプラザ(溝口)、KITTE博多でご利用いただけます。
※一部、ご利用いただけないショップがございます。

注意事項
・旧商品券(ホログラム無し)はノクティプラザ、KITTE博多ではご利用いただけません
 

【丸井商品券の使い方】

・旧商品券はモディ、ノクティプラザではご利用いただけません。
・現行の商品券には、偽造防止のためホログラムが印刷されております。
・カードセンターでの「毎月のお支払い」にはご利用いただけません。

【Topics1 株式会社丸井概要】

株式会社丸井は、本社を東京都中野区に置き、首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する日本の企業である。店舗ブランドの「マルイ」は「OIOI」または「0101」とも表記される。日本チェーンストア協会会員。
日本百貨店協会には加盟していない。また、北海道にある百貨店の丸井今井とは一切関係ない。
2007年(平成19年)10月1日、小売事業、クレジットカード事業、小売関連サービス事業からなる持株会社制へ移行し、(旧)株式会社丸井が「株式会社丸井グループ」に商号変更、同時に新たな小売事業会社として(新)「株式会社丸井」を設立した。
新宿や渋谷といった東京都心部のターミナル駅至近を中心に店舗を展開する。店舗形態は、丸井(マルイ)、マルイシティ、マルイファミリー、モディなどがある。
本社は創業地である東京都中野区中野に所在する。中野駅北口に本社ビルがあり、南口にグループ各社、マルイグループユニオン、マルイグループ福祉会、丸井健保組合などがある。
社名・店名の由来は、1931年に富山県出身の創業者・青井忠治が月賦商の「丸二商会」から暖簾分けして新しい店を構え、店名を「丸井」としたものだという。当時は「丸」に自分の名前や姓を加えると繁盛するというジンクスがあった。
家具の割賦販売をルーツに持ち、戦後は月賦百貨店として「500円で5,000円のお買い物!」の宣伝文句の下に家具や家電といった耐久消費財の割賦販売により事業を拡大。日本で初めて「クレジット」という名称を使用した「クレジット・カード」を1960年1月に発行した(現在のエポスカード)。1981年2月には「丸井のキャッシング」という名称を使用した「消費者金融事業」も開始した。「赤いカードの丸井」「丸井はみんな駅のそば」といったキャッチコピーのテレビCMを盛んに流し、駅前一等地に次々と出店することでブランド認知度を高めた。
1972年頃より若年層をターゲットにしたアパレル・ファッション中心の小売業態に転換し、ファッションビル形態(ショッピングセンターの一種)の店舗を展開。1980年代のDCブランドブームを牽引した。競合関係にあるルミネやパルコと類似した売場構成となっている。小売事業ではファッションとインテリアを軸として、家具・雑貨・メガネ・宝石など、多くの商品を自前主義で展開してきた。小売事業には、食品やレストラン、通信販売、Eコマース事業も含まれる。若者をターゲットにした事業展開を行い、首都圏では若年層に大きなシェアを獲得した。
ファッションのイメージが強い丸井であるが、経営上は同等あるいはそれ以上に金融業(クレジットカード事業など)を重視している。元々月賦百貨店のため割賦販売のノウハウを蓄積し、小売と金融を一体とした事業を長く行っている。店舗においては自社クレジットカードによる分割払いを勧め、単に衣服を売る利益でなく、分割手数料を得ることができ、さらにカード会員によるキャッシングなどの融資事業からも収益を上げている。これにより流行や気候に左右されるアパレル販売だけでなく、カード・金融事業から安定した利益を稼ぎ出すことに成功している。持株会社化に伴いグループのクレジットカード事業は「株式会社エポスカード」として分社化され、現在の株式会社丸井とは別法人となっている。

 

【Topics2 丸井は百貨店か】

百貨店に似た店舗形態ではあるが、日本百貨店協会会員でないことや、自らも明確に百貨店という表現を用いていないことなどから、百貨店とはみなされない場合が多い。
丸井の会社概要では、事業内容を「小売・店舗事業、通信販売事業、専門店事業」としており、百貨店事業とする他の百貨店とは異なる。また、Yahoo! JAPANの「Yahoo!カテゴリ」では、小売業のデパートではなく不動産業のファッションビル(ショッピングセンター)としてカテゴリ分けされていた。
一方で、日経流通新聞MJは「日本の百貨店調査」の中で、丸井について注目企業として記事を組んだこともある。また、「一つの事業者が複数の分野にわたる多種類の商品を一つの店舗で扱う大規模な小売店舗で、セルフサービス方式の売り場が50%以下のもの」に適合し経済産業省の商業統計調査における百貨店の定義に当てはまる(パルコなどの他のファッションビルも当てはまる)。

 


【関連リンク】
株式会社 丸井グループ 企業サイト
 マルイ 店舗 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

丸井 商品券 1,000円

商品コード:000449

丸井 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥982

通常価格 :¥1,000

商品情報

正式名称:丸井商品券(ギフトカード)
使用場所:丸井・モディ・ノクティプラザ
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

ご利用可能店舗詳細はこちらをご確認ください。

 マルイ店舗一覧

 

こちらは丸井商品券(ギフトカード)の販売ページとなります。
丸井商品券(ギフトカード)買取ページはこちらから。

【丸井商品券の使える店】

ご利用可能店舗
丸井全店の他、モディ(静岡・柏・渋谷・戸塚・町田)、ノクティプラザ(溝口)、KITTE博多でご利用いただけます。
※一部、ご利用いただけないショップがございます。

注意事項
・旧商品券(ホログラム無し)はノクティプラザ、KITTE博多ではご利用いただけません
 

【丸井商品券の使い方】

・旧商品券はモディ、ノクティプラザではご利用いただけません。
・現行の商品券には、偽造防止のためホログラムが印刷されております。
・カードセンターでの「毎月のお支払い」にはご利用いただけません。

【Topics1 株式会社丸井概要】

株式会社丸井は、本社を東京都中野区に置き、首都圏を中心にファッションビル業態の商業施設を展開する日本の企業である。店舗ブランドの「マルイ」は「OIOI」または「0101」とも表記される。日本チェーンストア協会会員。
日本百貨店協会には加盟していない。また、北海道にある百貨店の丸井今井とは一切関係ない。
2007年(平成19年)10月1日、小売事業、クレジットカード事業、小売関連サービス事業からなる持株会社制へ移行し、(旧)株式会社丸井が「株式会社丸井グループ」に商号変更、同時に新たな小売事業会社として(新)「株式会社丸井」を設立した。
新宿や渋谷といった東京都心部のターミナル駅至近を中心に店舗を展開する。店舗形態は、丸井(マルイ)、マルイシティ、マルイファミリー、モディなどがある。
本社は創業地である東京都中野区中野に所在する。中野駅北口に本社ビルがあり、南口にグループ各社、マルイグループユニオン、マルイグループ福祉会、丸井健保組合などがある。
社名・店名の由来は、1931年に富山県出身の創業者・青井忠治が月賦商の「丸二商会」から暖簾分けして新しい店を構え、店名を「丸井」としたものだという。当時は「丸」に自分の名前や姓を加えると繁盛するというジンクスがあった。
家具の割賦販売をルーツに持ち、戦後は月賦百貨店として「500円で5,000円のお買い物!」の宣伝文句の下に家具や家電といった耐久消費財の割賦販売により事業を拡大。日本で初めて「クレジット」という名称を使用した「クレジット・カード」を1960年1月に発行した(現在のエポスカード)。1981年2月には「丸井のキャッシング」という名称を使用した「消費者金融事業」も開始した。「赤いカードの丸井」「丸井はみんな駅のそば」といったキャッチコピーのテレビCMを盛んに流し、駅前一等地に次々と出店することでブランド認知度を高めた。
1972年頃より若年層をターゲットにしたアパレル・ファッション中心の小売業態に転換し、ファッションビル形態(ショッピングセンターの一種)の店舗を展開。1980年代のDCブランドブームを牽引した。競合関係にあるルミネやパルコと類似した売場構成となっている。小売事業ではファッションとインテリアを軸として、家具・雑貨・メガネ・宝石など、多くの商品を自前主義で展開してきた。小売事業には、食品やレストラン、通信販売、Eコマース事業も含まれる。若者をターゲットにした事業展開を行い、首都圏では若年層に大きなシェアを獲得した。
ファッションのイメージが強い丸井であるが、経営上は同等あるいはそれ以上に金融業(クレジットカード事業など)を重視している。元々月賦百貨店のため割賦販売のノウハウを蓄積し、小売と金融を一体とした事業を長く行っている。店舗においては自社クレジットカードによる分割払いを勧め、単に衣服を売る利益でなく、分割手数料を得ることができ、さらにカード会員によるキャッシングなどの融資事業からも収益を上げている。これにより流行や気候に左右されるアパレル販売だけでなく、カード・金融事業から安定した利益を稼ぎ出すことに成功している。持株会社化に伴いグループのクレジットカード事業は「株式会社エポスカード」として分社化され、現在の株式会社丸井とは別法人となっている。

 

【Topics2 丸井は百貨店か】

百貨店に似た店舗形態ではあるが、日本百貨店協会会員でないことや、自らも明確に百貨店という表現を用いていないことなどから、百貨店とはみなされない場合が多い。
丸井の会社概要では、事業内容を「小売・店舗事業、通信販売事業、専門店事業」としており、百貨店事業とする他の百貨店とは異なる。また、Yahoo! JAPANの「Yahoo!カテゴリ」では、小売業のデパートではなく不動産業のファッションビル(ショッピングセンター)としてカテゴリ分けされていた。
一方で、日経流通新聞MJは「日本の百貨店調査」の中で、丸井について注目企業として記事を組んだこともある。また、「一つの事業者が複数の分野にわたる多種類の商品を一つの店舗で扱う大規模な小売店舗で、セルフサービス方式の売り場が50%以下のもの」に適合し経済産業省の商業統計調査における百貨店の定義に当てはまる(パルコなどの他のファッションビルも当てはまる)。

 


【関連リンク】
株式会社 丸井グループ 企業サイト
 マルイ 店舗 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)