検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

オレンジカードの格安販売・購入

オレンジカードの格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

商品名 オレンジカード(ORANGE CARD)
使用場所 全国のJR線駅カード式自動券売機
額面

1,000円 3,000円 5,000円 10,000円

有効期限 ありません
おつり プリペイド形式の為出ません

 

こちらはオレンジカードの販売ページとなります。
オレンジカードの高価買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
・デザイン・柄をお揃えできない場合がございます。
・柄の指定はお受けできません。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【ご利用関連情報】


・全国のJR線駅に設置されておりますカード式自動券売機にて切符を購入できます。
・現在5,000円/10,000円は利用できません。駅窓口にて交換の上、ご利用ください。
・カード式自動券売機の設置されていない駅ではご利用いただけません。


【発行関連情報】


・オレンジカードは2013年3月31日をもって発売を終了しております。

【Topics1 オレンジカードとは】


オレンジカードとは、JR各社で利用できる磁気式プリペイドカードである。略称でオレカとも呼ばれる。
日本国有鉄道(国鉄)時代の1985年3月25日に関東圏の主要駅で販売が開始されたのち、全国で発売された。2013年3月31日限りで発売を終了した。



【Topics2 まだまだ使えるオレンジカード】


JR東日本の首都圏エリアでは1991年3月1日にイオカードが発売開始され、そして2001年11月18日にSuicaの販売を開始した。これらのカードは自動券売機で乗車券に引き換えることなくカード自体に対して自動改札機による改札処理を行うことが可能でありオレンジカードに代わり普及し、JR東日本ではオレンジカードの売上はピーク時の1991年には327億円あったが、2006年には13億円に減少した。また他のJR各社も1990年代以降、自社独自の磁気式ストアードフェアカードやICカードを発売開始している。
JR東日本管内ではSuicaの普及が進んできたため、2007年6月よりSuica利用可能エリア内でのオレンジカードの取扱駅を順次縮小し、2012年4月1日からは発売駅が東北・信越の主要駅のみとなり、首都圏での発売は終了した。
その後、2013年3月31日限りでJR各社ともオレンジカードの発売を終了した。発売終了後もオレンジカード対応券売機で引き続きオレンジカードを利用することが可能である。

オレンジカードの絵柄は選べますか?

申し訳ございません。絵柄の選別やご指定はお受けできません。


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

オレンジカード 500円

商品コード:230001

オレンジカード 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥495

通常価格 :¥500

オレンジカード 1,000円

商品コード:230002

オレンジカード 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥940

通常価格 :¥1,000

商品情報

商品名 オレンジカード(ORANGE CARD)
使用場所 全国のJR線駅カード式自動券売機
額面

1,000円 3,000円 5,000円 10,000円

有効期限 ありません
おつり プリペイド形式の為出ません

 

こちらはオレンジカードの販売ページとなります。
オレンジカードの高価買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
・デザイン・柄をお揃えできない場合がございます。
・柄の指定はお受けできません。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【ご利用関連情報】


・全国のJR線駅に設置されておりますカード式自動券売機にて切符を購入できます。
・現在5,000円/10,000円は利用できません。駅窓口にて交換の上、ご利用ください。
・カード式自動券売機の設置されていない駅ではご利用いただけません。


【発行関連情報】


・オレンジカードは2013年3月31日をもって発売を終了しております。

【Topics1 オレンジカードとは】


オレンジカードとは、JR各社で利用できる磁気式プリペイドカードである。略称でオレカとも呼ばれる。
日本国有鉄道(国鉄)時代の1985年3月25日に関東圏の主要駅で販売が開始されたのち、全国で発売された。2013年3月31日限りで発売を終了した。



【Topics2 まだまだ使えるオレンジカード】


JR東日本の首都圏エリアでは1991年3月1日にイオカードが発売開始され、そして2001年11月18日にSuicaの販売を開始した。これらのカードは自動券売機で乗車券に引き換えることなくカード自体に対して自動改札機による改札処理を行うことが可能でありオレンジカードに代わり普及し、JR東日本ではオレンジカードの売上はピーク時の1991年には327億円あったが、2006年には13億円に減少した。また他のJR各社も1990年代以降、自社独自の磁気式ストアードフェアカードやICカードを発売開始している。
JR東日本管内ではSuicaの普及が進んできたため、2007年6月よりSuica利用可能エリア内でのオレンジカードの取扱駅を順次縮小し、2012年4月1日からは発売駅が東北・信越の主要駅のみとなり、首都圏での発売は終了した。
その後、2013年3月31日限りでJR各社ともオレンジカードの発売を終了した。発売終了後もオレンジカード対応券売機で引き続きオレンジカードを利用することが可能である。

オレンジカードの絵柄は選べますか?

申し訳ございません。絵柄の選別やご指定はお受けできません。


おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)