金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

収入印紙の格安販売

収入印紙の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:収入印紙
有効期限:ありません

 

こちらは収入印紙の販売ページです
収入印紙の高価買取ページはこちら

 

購入に際してのご注意

<印紙の絵柄について>
現在収入印紙は
 1.1993年以前発行の絵柄
 2.1993年~2018年6月まで発行の絵柄
 3.2018年7月以降に発行の絵柄
の3種類があり、弊社では2.3の絵柄を取り扱っております。
絵柄はお選びいただけませんこと、新柄、旧柄混在の場合がございますことをあらかじめご了承ください。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【収入印紙とは】


受取金額が5万円以上の領収書に対しては収入印紙を貼る必要があり、さらに、収入印紙の額面は、領収書の受取金額によって異なります。
収入印紙の貼付方法や貼り方、貼る位置には決まりがなく、また領収書のどの部分に貼っても問題ありません。 複数枚貼る場合は、上下か左右に並べて貼ることが一般的です。 収入印紙を貼ったあとは、印鑑が収入印紙の彩紋と領収書に半分程度かかるように押印します。 なお、収入印紙へ押印することを消印(けしいん)といいます。

 

【収入印紙の使い方】

一般的な「領収書」に貼る収入印紙の金額は

5万円未満のもの    非課税
5万円以上    100万円以下のもの    200円
100万円を超え    200万円以下のもの    400円
200万円を超え    300万円以下のもの    600円
300万円を超え    500万円以下のもの    1,000円
500万円を超え    1,000万円以下のもの    2,000円

詳しくは、国税庁ホームページをご確認ください。
No.7105 金銭又は有価証券の受取書、領収書

【topics1 収入印紙の起源】

世界ではじめて収入印紙が導入されたのは1624年と言われています。日本は江戸時代。スペイン船の来航が禁止され、本格的な鎖国時代に突入する時期です。この年にオランダで書類を型押し(エンボス)することで納税を証明するという制度が始まり、これが収入印紙の起源だとされています。

現在のように紙片を貼り付けるスタイルになったのは18世紀末。イギリスで課税対象品に証明書を貼り付けることで物品税を収めたことを証明する方式が導入されました。

日本では1873年(明治6年)に「受取諸証文印紙貼付心得方規則」が制定され、「納税印紙」という制度がスタートしました。当時は民間人が納税印紙を作っていたのですが、1876年(明治9年)には大蔵省の印刷工場(現在の国立印刷局)が完成し、それ以降は国が製造することになりました。

戦後の高度経済成長期真っ只中の1967年(昭和42年)に印紙税法が施行され、現在に至ります。

税金や手数料などをいちいち税務署や役所に収めに行くという手間が省け、業務効率改善の効果が高いことから、世界中に広まったと考えられます。

 


【関連リンク】
国税庁 ホームページ

No.7140 印紙税額の一覧表(その1)第1号文書から第4号文書まで

収入印紙を購入する際、絵柄の指定はできますか?

大変申し訳ございませんが、絵柄はお選びいただけません
また、新柄、旧柄混在の場合がございますことをあらかじめご了承ください。

現在お取り扱いのある絵柄は、以下の2種類となります。
 ・1993年~2018年6月まで発行の絵柄
 ・2018年7月以降に発行の絵柄


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

収入印紙 200円

商品コード:300001

収入印紙 200円

お気に入りに追加

販売価格 :¥198

通常価格 :¥200

収入印紙 200円-1000枚組

商品コード:300001-1000

収入印紙 200円-1000枚組

お気に入りに追加

販売価格 :¥197,500

通常価格 :¥200,000

収入印紙 300円

商品コード:300003

収入印紙 300円

お気に入りに追加

販売価格 :¥297

通常価格 :¥300

収入印紙 400円

商品コード:300005

収入印紙 400円

お気に入りに追加

販売価格 :¥396

通常価格 :¥400

収入印紙 500円

商品コード:300007

収入印紙 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥495

通常価格 :¥500

収入印紙 600円

商品コード:300009

収入印紙 600円

お気に入りに追加

販売価格 :¥594

通常価格 :¥600

収入印紙 1,000円

商品コード:300011

収入印紙 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥999

通常価格 :¥1,000

収入印紙 2,000円

商品コード:300012

収入印紙 2,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥1,999

通常価格 :¥2,000

収入印紙 3,000円

商品コード:300013

収入印紙 3,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥2,999

通常価格 :¥3,000

収入印紙 4,000円

商品コード:300014

収入印紙 4,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥3,999

通常価格 :¥4,000

収入印紙 5,000円

商品コード:300015

収入印紙 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,999

通常価格 :¥5,000

収入印紙 6,000円

商品コード:300016

収入印紙 6,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥5,999

通常価格 :¥6,000

収入印紙 10,000円

商品コード:300018

収入印紙 10,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥9,999

通常価格 :¥10,000

収入印紙 20,000円

商品コード:300020

収入印紙 20,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥19,998

通常価格 :¥20,000

収入印紙 30,000円

商品コード:300021

収入印紙 30,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥29,997

通常価格 :¥30,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

収入印紙 40,000円

商品コード:300022

収入印紙 40,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥39,996

通常価格 :¥40,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

収入印紙 50,000円

商品コード:300023

収入印紙 50,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥49,995

通常価格 :¥50,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

収入印紙 60,000円

商品コード:300024

収入印紙 60,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥59,994

通常価格 :¥60,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

収入印紙 100,000円

商品コード:300025

収入印紙 100,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥99,950

通常価格 :¥100,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:収入印紙
有効期限:ありません

 

こちらは収入印紙の販売ページです
収入印紙の高価買取ページはこちら

 

購入に際してのご注意

<印紙の絵柄について>
現在収入印紙は
 1.1993年以前発行の絵柄
 2.1993年~2018年6月まで発行の絵柄
 3.2018年7月以降に発行の絵柄
の3種類があり、弊社では2.3の絵柄を取り扱っております。
絵柄はお選びいただけませんこと、新柄、旧柄混在の場合がございますことをあらかじめご了承ください。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【収入印紙とは】


受取金額が5万円以上の領収書に対しては収入印紙を貼る必要があり、さらに、収入印紙の額面は、領収書の受取金額によって異なります。
収入印紙の貼付方法や貼り方、貼る位置には決まりがなく、また領収書のどの部分に貼っても問題ありません。 複数枚貼る場合は、上下か左右に並べて貼ることが一般的です。 収入印紙を貼ったあとは、印鑑が収入印紙の彩紋と領収書に半分程度かかるように押印します。 なお、収入印紙へ押印することを消印(けしいん)といいます。

 

【収入印紙の使い方】

一般的な「領収書」に貼る収入印紙の金額は

5万円未満のもの    非課税
5万円以上    100万円以下のもの    200円
100万円を超え    200万円以下のもの    400円
200万円を超え    300万円以下のもの    600円
300万円を超え    500万円以下のもの    1,000円
500万円を超え    1,000万円以下のもの    2,000円

詳しくは、国税庁ホームページをご確認ください。
No.7105 金銭又は有価証券の受取書、領収書

【topics1 収入印紙の起源】

世界ではじめて収入印紙が導入されたのは1624年と言われています。日本は江戸時代。スペイン船の来航が禁止され、本格的な鎖国時代に突入する時期です。この年にオランダで書類を型押し(エンボス)することで納税を証明するという制度が始まり、これが収入印紙の起源だとされています。

現在のように紙片を貼り付けるスタイルになったのは18世紀末。イギリスで課税対象品に証明書を貼り付けることで物品税を収めたことを証明する方式が導入されました。

日本では1873年(明治6年)に「受取諸証文印紙貼付心得方規則」が制定され、「納税印紙」という制度がスタートしました。当時は民間人が納税印紙を作っていたのですが、1876年(明治9年)には大蔵省の印刷工場(現在の国立印刷局)が完成し、それ以降は国が製造することになりました。

戦後の高度経済成長期真っ只中の1967年(昭和42年)に印紙税法が施行され、現在に至ります。

税金や手数料などをいちいち税務署や役所に収めに行くという手間が省け、業務効率改善の効果が高いことから、世界中に広まったと考えられます。

 


【関連リンク】
国税庁 ホームページ

No.7140 印紙税額の一覧表(その1)第1号文書から第4号文書まで

収入印紙を購入する際、絵柄の指定はできますか?

大変申し訳ございませんが、絵柄はお選びいただけません
また、新柄、旧柄混在の場合がございますことをあらかじめご了承ください。

現在お取り扱いのある絵柄は、以下の2種類となります。
 ・1993年~2018年6月まで発行の絵柄
 ・2018年7月以降に発行の絵柄


おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)