金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

テレカ(テレホンカード)の買取(ご売却)

テレカ(テレホンカード)

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

テレカ(テレホンカード) 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

・商品名:テレホンカード  

・発行元:NTT東日本・西日本  

・使用場所:公衆電話等 

・額面:50.105度数  

・有効期限:ありません  

・おつり:出ません  

・本日現在では、漆塗り・張り合わせ・分厚い物・プリンターで印刷された厚みの薄い物・金銀箔等、表面に加工がされているものに関しても価格を区別せずに買取を行っております。

 

こちらはテレカ(テレホンカード)の買取ページとなります。
テレカ 穴あき(テレホンカード)の買取ページはこちらから。
販売ページはこちらから。

買取に際してのご注意

・本日現在では、漆塗り・張り合わせ・分厚い物・プリンターで印刷された厚みの薄い物・金銀箔等、表面に加工がされているものも価格を区別せずに買取を行っております。

・ICテレホンカード・オートダイヤルカードは買取を行なっておりません。

・穴開きのものは買取できません。

 

【テレホンカード郵送時仕分けのお願い】
テレカ(テレホンカード)を郵送買取頂く場合、
お手数ですが下記のような仕分けをお願いいたします。

①フォルダやビニール袋、厚紙などの包装紙に入っている場合は、そこから取り出してください。

②テレカの枚数が多い場合は、輪ゴムなどでまとめてください。

③50度数・105度数等様々な額面がある場合は、それぞれの額面毎でまとめてください。

お手数をお掛けしますがよろしくお願いいたします。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについて

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ご利用関連情報】

・偽造対策の為、現在の公衆電話だと105度以上の度数が残っているテレホンカードは使用出来ません。

・ICテレホンカードは使用する事が出来ません。

・過去に100..300.320.500.540度数のテレホンカードもありましたが現在では販売されていません。

 

【使用関連情報】

・未使用であればNTT東日本・NTT西日本に郵送する事で固定電話の通話料の支払いに使用する事も出来ます。

・以前は東横インでのお支払いにも利用頂けましたが現在は利用出来ません。

 

【テレカ(テレホンカード)に関してのFAQ】

テレカはどうやって仕分けするのですか?

個人名や会社名が記載されているテレホンカードの買取について

穴が空いている図書カード・クオカード・テレホンカード・電鉄カード(オレンジカード・パスネットなど)は買取していただけますか?

【Topics1 テレホンカードの歴史】

1972年ごろから100円が使用出来る公衆電話が出始めましたがお釣りを出す事が出来ず不便な面は否めませんでした。そこで、お釣りではなく磁気媒体のカードを作成する事で利用者も小銭を持ち運ぶことが無くなり、設置者側も小銭でいっぱいになり使用不能になるデメリットを解消する事が出来るテレホンカードが1982年に誕生しました。

1990年代中盤頃から偽造テレホンカードの被害に悩まされたNTTはまず105度以上の額面のテレホンカードを使用出来ないようにし、更に1999年には新しくIC型のテレホンカードを作成しました。

このIC型テレホンカードは偽造は殆ど不可能という触れ込みでした。しかしこのIC型テレホンカードは従来タイプのテレホンカードと互換性が無い為使いずらく、また2000年代初頭頃から携帯電話が爆発的に普及した為コストと利益がつりあわなかった為2006年で発行中止となりました。

現在では新規の販売も殆ど無くなり、またコレクターズアイテムとしても現在はクオカード・図書カードに押されています。

 

【Topics2 日本の公衆電話】

公衆電話の歴史は意外と古く、1890年に東京と横浜に設置されたのが始まりとされています。1953年に10円玉後入れ式の青電話、1968年に10円玉後入れ式の大型青電話、1973年に100円玉も使用可能な黄色電話、1975年にはダイヤル式でないプッシュ式の公衆電話が設置され、1982年に現在主流となっているテレホンカードが使用出来る公衆電話が設置されました。

しかし現在では携帯電話の普及で需要がかなり少なくなり、国内にある公衆電話2016年時点で約11万台となっており、絶頂期が90万台強あったのを考えると殆ど姿を消してしまっています。

通常の公衆電話のほかにも、列車内公衆電話・衛星公衆電話等もありますが殆どが携帯電話に押されてしまっています。

東日本大震災以降改めて注目され、NTTは2012年にそれまでは窃盗の観点で公開されていなかった公衆電話の配置マップを作成し公開しました。

テレカ50度

商品コード:220001

テレカ50度

お気に入りに追加

買取価格 :¥375(税込)

テレカ105度

商品コード:220002

テレカ105度

お気に入りに追加

買取価格 :¥750(税込)

テレカ100度

商品コード:220003

テレカ100度

お気に入りに追加

買取価格 :¥600(税込)

テレカ 500度・540度

商品コード:220009

テレカ 500度・540度

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,600(税込)

テレカ 300度・320度

商品コード:220010

テレカ 300度・320度

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,000(税込)

【ご利用関連情報】

・偽造対策の為、現在の公衆電話だと105度以上の度数が残っているテレホンカードは使用出来ません。

・ICテレホンカードは使用する事が出来ません。

・過去に100..300.320.500.540度数のテレホンカードもありましたが現在では販売されていません。

 

【使用関連情報】

・未使用であればNTT東日本・NTT西日本に郵送する事で固定電話の通話料の支払いに使用する事も出来ます。

・以前は東横インでのお支払いにも利用頂けましたが現在は利用出来ません。

 

【テレカ(テレホンカード)に関してのFAQ】

テレカはどうやって仕分けするのですか?

個人名や会社名が記載されているテレホンカードの買取について

穴が空いている図書カード・クオカード・テレホンカード・電鉄カード(オレンジカード・パスネットなど)は買取していただけますか?

【Topics1 テレホンカードの歴史】

1972年ごろから100円が使用出来る公衆電話が出始めましたがお釣りを出す事が出来ず不便な面は否めませんでした。そこで、お釣りではなく磁気媒体のカードを作成する事で利用者も小銭を持ち運ぶことが無くなり、設置者側も小銭でいっぱいになり使用不能になるデメリットを解消する事が出来るテレホンカードが1982年に誕生しました。

1990年代中盤頃から偽造テレホンカードの被害に悩まされたNTTはまず105度以上の額面のテレホンカードを使用出来ないようにし、更に1999年には新しくIC型のテレホンカードを作成しました。

このIC型テレホンカードは偽造は殆ど不可能という触れ込みでした。しかしこのIC型テレホンカードは従来タイプのテレホンカードと互換性が無い為使いずらく、また2000年代初頭頃から携帯電話が爆発的に普及した為コストと利益がつりあわなかった為2006年で発行中止となりました。

現在では新規の販売も殆ど無くなり、またコレクターズアイテムとしても現在はクオカード・図書カードに押されています。

 

【Topics2 日本の公衆電話】

公衆電話の歴史は意外と古く、1890年に東京と横浜に設置されたのが始まりとされています。1953年に10円玉後入れ式の青電話、1968年に10円玉後入れ式の大型青電話、1973年に100円玉も使用可能な黄色電話、1975年にはダイヤル式でないプッシュ式の公衆電話が設置され、1982年に現在主流となっているテレホンカードが使用出来る公衆電話が設置されました。

しかし現在では携帯電話の普及で需要がかなり少なくなり、国内にある公衆電話2016年時点で約11万台となっており、絶頂期が90万台強あったのを考えると殆ど姿を消してしまっています。

通常の公衆電話のほかにも、列車内公衆電話・衛星公衆電話等もありますが殆どが携帯電話に押されてしまっています。

東日本大震災以降改めて注目され、NTTは2012年にそれまでは窃盗の観点で公開されていなかった公衆電話の配置マップを作成し公開しました。

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)