検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

ヨドバシカメラ商品券の格安販売・購入

ヨドバシカメラ商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:ヨドバシカメラ商品券
使用場所:ヨドバシカメラグループ各店舗
額  面:10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ません

こちらはヨドバシカメラ商品券の販売ページとなります。
ヨドバシカメラ商品券買取ページはこちらから。

【ヨドバシカメラ商品券の使える店】

ヨドバシカメラ全店で使用する事ができる券です。

ヨドバシカメラの店舗一覧はこちらをご確認ください。
ヨドバシカメラ店舗のご案内

 

【ヨドバシカメラ商品券の使い方】

・通常その他の商品券を使用した場合ポイント還元率は8%になりますが、ヨドバシカメラ商品券を使用した場合は現金と同じ10%還元となります。 
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。 

【Topics1 ヨドバシカメラとは】

株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。
家電量販店で売上高はヤマダデンキ(ヤマダホールディングス)、ビックカメラ、エディオンに次ぐ日本国内4位。2022年4月現在、24店舗で営業中である。また、ECサイトにも力を入れており、Amazon.co.jpに次ぐ日本2位である。
1960年に、藤沢昭和によって創業。当初はカメラや写真用品を主力商品としていた。創業当初の、新宿・上野・横浜への出店形態は、交通至便なターミナル前の一等地の比較的小規模なビルにて、エントランスを開放し、フロア全体に多数の商品を同時に陳列・大量廉価販売する手法を採り、耳に残りやすい簡単な替え歌をテレビCMで流して知名度を高めた。当時の宣伝では店名に「新宿西口」を冠し、地理不安な客にも気軽に行ける店としてPRした。当時のカメラは1台数十万円もする高級品が多く、多少の交通費・時間を犠牲にしても、市価より数万円も安 ければ十分メリットがあり、加えて商品の比較検討ができる優位性が消費者に浸透した。
その後は家電・パソコン・AV製品・玩具・ブランド品・雑誌類など取り扱い品目を大幅に拡大。仙台駅前の国鉄清算事業団の貨物ヤード跡地を買収し、従来の仙台駅前店・仙台東口店を統合し新築移転したマルチメディア仙台(1997年3月)を皮切りに、従来よりも店舗面積と取扱品目を大幅に増やしたマルチメディア館と呼ばれる形態に移行した。
1998年からインターネットショッピングサイト「Yodobashi.com(当初はYodobashi.co.jp)」を開設し、2013年現在、送料は全て無料で指定地域では当日配送を実施している。インターネットショッピングでは、現在Amazon.co.jpに次ぐ日本国内2位である。ただし、1位Amazon.co.jpとの売上高の差は10倍以上ある。また、電話による通信販売「テレフォンショッピング(旧:もしもしヨドバシ)」も展開している。
家電量販店として初めてポイントサービスを導入したとされる。ヨドバシカメラのポイントサービスは「ゴールドポイント」という名称である。
2016年3月期売上高が6796億円。他の大手量販店とは異なり、企業買収・合併による規模拡大を行なわない、株式を上場しない、売上高より利益を重視するなどの経営手法をとっている。

 


【関連リンク】
株式会社ヨドバシカメラ 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

ヨドバシカメラ 1,000円

商品コード:080064

ヨドバシカメラ 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥990

通常価格 :¥1,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

ヨドバシカメラ 5,000円

商品コード:080065

ヨドバシカメラ 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,950

通常価格 :¥5,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:ヨドバシカメラ商品券
使用場所:ヨドバシカメラグループ各店舗
額  面:10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ません

こちらはヨドバシカメラ商品券の販売ページとなります。
ヨドバシカメラ商品券買取ページはこちらから。

【ヨドバシカメラ商品券の使える店】

ヨドバシカメラ全店で使用する事ができる券です。

ヨドバシカメラの店舗一覧はこちらをご確認ください。
ヨドバシカメラ店舗のご案内

 

【ヨドバシカメラ商品券の使い方】

・通常その他の商品券を使用した場合ポイント還元率は8%になりますが、ヨドバシカメラ商品券を使用した場合は現金と同じ10%還元となります。 
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。 

【Topics1 ヨドバシカメラとは】

株式会社ヨドバシカメラは、家電・パソコン・カメラ・写真用品などを販売している量販店チェーンストア。
家電量販店で売上高はヤマダデンキ(ヤマダホールディングス)、ビックカメラ、エディオンに次ぐ日本国内4位。2022年4月現在、24店舗で営業中である。また、ECサイトにも力を入れており、Amazon.co.jpに次ぐ日本2位である。
1960年に、藤沢昭和によって創業。当初はカメラや写真用品を主力商品としていた。創業当初の、新宿・上野・横浜への出店形態は、交通至便なターミナル前の一等地の比較的小規模なビルにて、エントランスを開放し、フロア全体に多数の商品を同時に陳列・大量廉価販売する手法を採り、耳に残りやすい簡単な替え歌をテレビCMで流して知名度を高めた。当時の宣伝では店名に「新宿西口」を冠し、地理不安な客にも気軽に行ける店としてPRした。当時のカメラは1台数十万円もする高級品が多く、多少の交通費・時間を犠牲にしても、市価より数万円も安 ければ十分メリットがあり、加えて商品の比較検討ができる優位性が消費者に浸透した。
その後は家電・パソコン・AV製品・玩具・ブランド品・雑誌類など取り扱い品目を大幅に拡大。仙台駅前の国鉄清算事業団の貨物ヤード跡地を買収し、従来の仙台駅前店・仙台東口店を統合し新築移転したマルチメディア仙台(1997年3月)を皮切りに、従来よりも店舗面積と取扱品目を大幅に増やしたマルチメディア館と呼ばれる形態に移行した。
1998年からインターネットショッピングサイト「Yodobashi.com(当初はYodobashi.co.jp)」を開設し、2013年現在、送料は全て無料で指定地域では当日配送を実施している。インターネットショッピングでは、現在Amazon.co.jpに次ぐ日本国内2位である。ただし、1位Amazon.co.jpとの売上高の差は10倍以上ある。また、電話による通信販売「テレフォンショッピング(旧:もしもしヨドバシ)」も展開している。
家電量販店として初めてポイントサービスを導入したとされる。ヨドバシカメラのポイントサービスは「ゴールドポイント」という名称である。
2016年3月期売上高が6796億円。他の大手量販店とは異なり、企業買収・合併による規模拡大を行なわない、株式を上場しない、売上高より利益を重視するなどの経営手法をとっている。

 


【関連リンク】
株式会社ヨドバシカメラ 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)