検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

井筒屋商品券の格安販売・購入

井筒屋商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:井筒屋商品券
使用場所:全国の井筒屋
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらはの井筒屋商品券販売ページとなります。
井筒屋商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
 サイズをお確かめの上、のし袋はこちらからお買い求めください。
 ギフトケースの販売はこちら
 ※梱包サービスは行っておりません、あらかじめご承知おきください。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【井筒屋商品券の使える店】

全国の井筒屋、およびサテライトショップにてご利用いただけます。
<井筒屋>
小倉店(本店)/井筒屋山口店

<サテライトショップ>
下曽根駅前ショップ/二島ショップ/三ヶ森ショップ/北九州空港店/イオンタウン黒崎ショップ/高須ショップ/守恒ショップ/
中間ショップ/イオンモール直方ショップ/田川ショップ/宗像ショップ/飯塚ショップ/直方ショップ/苅田ショップ/ゆめタウン行橋ショップ/
中津ショップ/周南ショップ/宇部ショップ

【Topics1 株式会社井筒屋とは】

株式会社井筒屋は、福岡県北九州市を地盤とする百貨店。日本百貨店協会加盟。
北九州市において百貨店事業を展開する唯一の事業者(事業グループ)であり、過去に北九州市で営業していた他社の競合百貨店は、全て同市から撤退・閉店している。
1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現・北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し、社名は井筒屋の屋号を継承。更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月に小倉本店が開店した。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する大株主である。
三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設または隣接したサテライトショップである。
1号店として黒崎店に近接して設けた大型書店「井筒屋ブックセンター」はその後、馬借駐車場再開発に合わせた小倉店オープンの際「ブックセンタークエスト」に名称変更。のち別法人化して独立後、地場書店チェーンの積文館書店(福岡市)に株式を売却(後に同社が吸収合併)して井筒屋グループから離脱しており、現在は井筒屋や西鉄とは無関係な場所での店舗展開も行っている。
2004年(平成16年)2月に小倉そごう跡に開業した小倉伊勢丹にも30%出資し、持分法適用会社となっていたが、商圏競合による売り上げ不振・共倒れ状態防止の観点から、伊勢丹持分の株式を備忘価額の1株1円で全て買い取り、2008年(平成20年)4月1日に「株式会社コレット井筒屋」(新店名「COLET IZUTSUYA」)に商号変更して再開業した。伊勢丹とは、小倉伊勢丹開業を機に全国に先駆け情報システムを統合するなど関係を強化していたこともあり、大きな混乱なく移行させることができたとみられている。2009年(平成21年)3月11日には、井筒屋本店との棲み分けを図るために改装し、新店名「コレット」に改称した。


【関連リンク】
株式会社 井筒屋 企業サイト
井筒屋 公式サイト
株式会社 井筒屋 株価情報

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

井筒屋 商品券 1,000円

商品コード:000726

井筒屋 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥920

通常価格 :¥1,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

井筒屋 ギフト券 1,000円

商品コード:000732

井筒屋 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥940

通常価格 :¥1,000

商品情報

正式名称:井筒屋商品券
使用場所:全国の井筒屋
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらはの井筒屋商品券販売ページとなります。
井筒屋商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
 サイズをお確かめの上、のし袋はこちらからお買い求めください。
 ギフトケースの販売はこちら
 ※梱包サービスは行っておりません、あらかじめご承知おきください。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【井筒屋商品券の使える店】

全国の井筒屋、およびサテライトショップにてご利用いただけます。
<井筒屋>
小倉店(本店)/井筒屋山口店

<サテライトショップ>
下曽根駅前ショップ/二島ショップ/三ヶ森ショップ/北九州空港店/イオンタウン黒崎ショップ/高須ショップ/守恒ショップ/
中間ショップ/イオンモール直方ショップ/田川ショップ/宗像ショップ/飯塚ショップ/直方ショップ/苅田ショップ/ゆめタウン行橋ショップ/
中津ショップ/周南ショップ/宇部ショップ

【Topics1 株式会社井筒屋とは】

株式会社井筒屋は、福岡県北九州市を地盤とする百貨店。日本百貨店協会加盟。
北九州市において百貨店事業を展開する唯一の事業者(事業グループ)であり、過去に北九州市で営業していた他社の競合百貨店は、全て同市から撤退・閉店している。
1935年(昭和10年)7月、小倉市長で旅館「梅屋」主人だった神崎慶次郎と、門司市(現・北九州市門司区)で呉服店「井筒屋」を経営していた住岡由太郎との、共同出資により設立された。建物の敷地は梅屋の土地を充当し、社名は井筒屋の屋号を継承。更に設立にあたっては九州電気軌道(後の西日本鉄道)の出資を仰いだ。1936年(昭和11年)10月に小倉本店が開店した。このような経緯があるため、かつては西鉄グループに属していた。なお、現在も西日本鉄道は9.2%の株式を保有する大株主である。
三越伊勢丹グループ主導の全日本デパートメントストアーズ開発機構(A・D・O)に加盟しており、百貨店形態の直営店として、本店(北九州市小倉北区船場町)の他に、黒崎店(同市八幡西区黒崎)がある。また、山口市で関連会社により店舗を運営しているほか、福岡県内を中心に進物、婦人衣料雑貨など限られた商品を扱う小店舗を展開しており、その多くが大型量販店に併設または隣接したサテライトショップである。
1号店として黒崎店に近接して設けた大型書店「井筒屋ブックセンター」はその後、馬借駐車場再開発に合わせた小倉店オープンの際「ブックセンタークエスト」に名称変更。のち別法人化して独立後、地場書店チェーンの積文館書店(福岡市)に株式を売却(後に同社が吸収合併)して井筒屋グループから離脱しており、現在は井筒屋や西鉄とは無関係な場所での店舗展開も行っている。
2004年(平成16年)2月に小倉そごう跡に開業した小倉伊勢丹にも30%出資し、持分法適用会社となっていたが、商圏競合による売り上げ不振・共倒れ状態防止の観点から、伊勢丹持分の株式を備忘価額の1株1円で全て買い取り、2008年(平成20年)4月1日に「株式会社コレット井筒屋」(新店名「COLET IZUTSUYA」)に商号変更して再開業した。伊勢丹とは、小倉伊勢丹開業を機に全国に先駆け情報システムを統合するなど関係を強化していたこともあり、大きな混乱なく移行させることができたとみられている。2009年(平成21年)3月11日には、井筒屋本店との棲み分けを図るために改装し、新店名「コレット」に改称した。


【関連リンク】
株式会社 井筒屋 企業サイト
井筒屋 公式サイト
株式会社 井筒屋 株価情報

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)