検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

西武 商品券 (西武百貨店)の格安販売・購入

西武 商品券 (西武百貨店)の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:西武百貨店商品券
使用場所:全国の西武、およびそごう各店
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは西武百貨店商品券の販売ページとなります。
西武百貨店商品券買取ページはこちらから。

【西武 商品券の使い方】

・全国の西武、そごうに加え、イトーヨーカドー、アリオでもご利用いただけます。
・イトーヨーカドー、アリオでご利用いただける券種は、現在発行されているの西武百貨店商品券・そごう商品券の「1,000円券」に限ります。

・旧デザインの商品券は、発行元が 西武/SEIBU となっているものがございます。こちらは西武百貨店でご利用いただけます。
・旧デザインの商品券は、発行元が 西友/SEIYU となっているものがございます。こちらは西武百貨店ではご利用いただけません。

西武・そごう商品券の詳細はこちらをご確認ください。

 

【発行関連情報】

・旧デザインの商品券は、500円額面も発行されていました。こちらの商品券は、西武百貨店のみでご利用いただけます。

【Topics1 西武百貨店概要】

株式会社西武百貨店は、かつて関東地方を中心に百貨店を運営していた日本の企業。セブン&アイグループに属していた。
かつての総合流通グループセゾングループの中核企業で、以前は第一勧銀グループ(現:みずほグループ)の一員でもあった。もともとは西武鉄道と同一のグループであったが、西武鉄道創業者堤康次郎の死後、現在の西武グループとセゾングループに分裂した。
2009年8月1日にそごう、ミレニアムリテイリングと3社合併し、そごう・西武となった。合併とともに店舗屋号が「西武百貨店」から「西武」に変更され、「西武百貨店」という名称は姿を消すこととなった。

【Topics2 セブン&アイ・ホールディングス傘下に 3社合併で新会社誕生】

2006年6月にセブン&アイ・ホールディングスがミレニアムリテイリングを買収、完全子会社(百貨店事業の中間持株会社化)となり、西武百貨店とそごうはセブン&アイグループの一員となった。
セブン&アイグループ入り後しばらくは、そごうとともに独立色が保たれていたが、2009年2月には、百貨店では極めて珍しいイトーヨーカ堂・セブン-イレブンで扱われているプライベートブランド(PB商品)「セブンプレミアム」が池袋本店の食品売り場(デパ地下)に導入された。最終的に両社の全店舗に導入される予定である。日経によると、百貨店の売上不振の原因が高額商品に偏りすぎているため、日常的なアイテムであるPB商品を導入して品揃えを増やして、売り上げを高めるためと報じている。
2009年8月1日、そごうを存続会社として、西武百貨店とミレニアムリテイリングを吸収合併し、そごう・西武が誕生した。そごうとの提携開始から9年目で一社化となった。
2006年2月期の西武百貨店全店における、国内百貨店事業単体の営業利益率は、4.18%で百貨店業界2位。ちなみに1位が大丸の4.4%、3位が阪急百貨店の4.06%である。西武百貨店池袋本店の年間来店客数は東京ディズニーリゾート(約2600万人)を上回る7000万人 で日本第1位。

【Topics3 ファッションの総合商社】

辻井喬のペンネームを持った小説家でもある堤清二は、日本の百貨店で、最初にパリにオフィスを構え、エルメス、イヴサンローラン、1962年にはピエール・カルダンと並ぶコンチネンタル・ルックの旗手としてパリで人気を博していたテッド・ラピドスと提携、1975年 - 1976年にかけての第一次アルマーニブームや欧米の高級ブランドをいち早く取り入れ、時をほぼ同じくしてヨーロッパの高級DCブランドを次々に導入。1984年には海外や国内の高級ブランドを一手に取り扱う専門商社「大沢商会」を傘下に収めた。1980年代前半には日本橋三越本店を抜き、売上日本一の百貨店となった。
ソニア・リキエル、ミッソーニ、ジャンフランコ・フェレ、ルイフェローなどの日本代理店になり、ケンゾー、イッセイミヤケ、タケオキクチ(メンズビギ)などを最初に導入したのも西武である。シブヤ西武(現:西武渋谷店)には、幻のショップ「カプセル」を設置し、デビュー間もない川久保玲(コム・デ・ギャルソン)、山本寛斎、イッセイミヤケ、タケオキクチら、新手のデザイナーらを後押しした。プライベートブランドの開発でも当時、日本ではまだ無名であったラルフローレンと契約し、メジャーブランドに育てた。また、「SEED館」の試みは、現在では一般的であるセレクト型編集売場の先駆けでもあった。
また「イメージ戦略」を打ち出し、「おいしい生活」、「不思議大好き」など糸井重里らによる名キャッチコピーでも知られた。更にはパルコ、ロフト、無印良品、コンラン卿と提携した家具・インテリア専門館「ハビタ館」、世界中のレコードが入手できるといわれた「WAVE」、西武が設立に関わったFMラジオ局「J-WAVE」、大型書店「リブロ」、洋書や近代思想、コンテンポラリーアートの画集などを幅広く手掛け、青山ブックセンターと並び称された「アール・ヴィヴァン」、高級スーパー「ザ・ガーデン自由ヶ丘」、日本初の総合スポーツ専門館「西武スポーツ館」、リボン館、PAO館などの異業態を次々に起こし、セゾン美術館、銀座セゾン劇場、渋谷パルコ劇場、パルコ・クアトロ、東京テアトル、パルコ出版など、メセナ・ソフト事業も幅広く手掛けた。それは、セゾン文化と呼ばれ一世を風靡し、西武百貨店のブランド力を強固なものにすることに貢献した。
ブランド力を生かして店舗網を拡大。また、同じセゾングループの西友が西武百貨店のブランド力を生かし「西武」を名乗った百貨店型店舗を運営し、全国に西武網が拡大した(西友運営の「西武」は1998 - 2000年にかけてLIVINに改称)。
一方、日本百貨店経営協議会(JMA)事務局により地方百貨店の系列化も目指した。

 


【関連リンク】
西武・そごう 公式サイト

 

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

西武 商品券 500円

商品コード:000126

西武 商品券 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥490

通常価格 :¥500

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

西武 商品券 1,000円

商品コード:000127

西武 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥980

通常価格 :¥1,000

西武 商品券 5,000円

商品コード:000129

西武 商品券 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,900

通常価格 :¥5,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:西武百貨店商品券
使用場所:全国の西武、およびそごう各店
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは西武百貨店商品券の販売ページとなります。
西武百貨店商品券買取ページはこちらから。

【西武 商品券の使い方】

・全国の西武、そごうに加え、イトーヨーカドー、アリオでもご利用いただけます。
・イトーヨーカドー、アリオでご利用いただける券種は、現在発行されているの西武百貨店商品券・そごう商品券の「1,000円券」に限ります。

・旧デザインの商品券は、発行元が 西武/SEIBU となっているものがございます。こちらは西武百貨店でご利用いただけます。
・旧デザインの商品券は、発行元が 西友/SEIYU となっているものがございます。こちらは西武百貨店ではご利用いただけません。

西武・そごう商品券の詳細はこちらをご確認ください。

 

【発行関連情報】

・旧デザインの商品券は、500円額面も発行されていました。こちらの商品券は、西武百貨店のみでご利用いただけます。

【Topics1 西武百貨店概要】

株式会社西武百貨店は、かつて関東地方を中心に百貨店を運営していた日本の企業。セブン&アイグループに属していた。
かつての総合流通グループセゾングループの中核企業で、以前は第一勧銀グループ(現:みずほグループ)の一員でもあった。もともとは西武鉄道と同一のグループであったが、西武鉄道創業者堤康次郎の死後、現在の西武グループとセゾングループに分裂した。
2009年8月1日にそごう、ミレニアムリテイリングと3社合併し、そごう・西武となった。合併とともに店舗屋号が「西武百貨店」から「西武」に変更され、「西武百貨店」という名称は姿を消すこととなった。

【Topics2 セブン&アイ・ホールディングス傘下に 3社合併で新会社誕生】

2006年6月にセブン&アイ・ホールディングスがミレニアムリテイリングを買収、完全子会社(百貨店事業の中間持株会社化)となり、西武百貨店とそごうはセブン&アイグループの一員となった。
セブン&アイグループ入り後しばらくは、そごうとともに独立色が保たれていたが、2009年2月には、百貨店では極めて珍しいイトーヨーカ堂・セブン-イレブンで扱われているプライベートブランド(PB商品)「セブンプレミアム」が池袋本店の食品売り場(デパ地下)に導入された。最終的に両社の全店舗に導入される予定である。日経によると、百貨店の売上不振の原因が高額商品に偏りすぎているため、日常的なアイテムであるPB商品を導入して品揃えを増やして、売り上げを高めるためと報じている。
2009年8月1日、そごうを存続会社として、西武百貨店とミレニアムリテイリングを吸収合併し、そごう・西武が誕生した。そごうとの提携開始から9年目で一社化となった。
2006年2月期の西武百貨店全店における、国内百貨店事業単体の営業利益率は、4.18%で百貨店業界2位。ちなみに1位が大丸の4.4%、3位が阪急百貨店の4.06%である。西武百貨店池袋本店の年間来店客数は東京ディズニーリゾート(約2600万人)を上回る7000万人 で日本第1位。

【Topics3 ファッションの総合商社】

辻井喬のペンネームを持った小説家でもある堤清二は、日本の百貨店で、最初にパリにオフィスを構え、エルメス、イヴサンローラン、1962年にはピエール・カルダンと並ぶコンチネンタル・ルックの旗手としてパリで人気を博していたテッド・ラピドスと提携、1975年 - 1976年にかけての第一次アルマーニブームや欧米の高級ブランドをいち早く取り入れ、時をほぼ同じくしてヨーロッパの高級DCブランドを次々に導入。1984年には海外や国内の高級ブランドを一手に取り扱う専門商社「大沢商会」を傘下に収めた。1980年代前半には日本橋三越本店を抜き、売上日本一の百貨店となった。
ソニア・リキエル、ミッソーニ、ジャンフランコ・フェレ、ルイフェローなどの日本代理店になり、ケンゾー、イッセイミヤケ、タケオキクチ(メンズビギ)などを最初に導入したのも西武である。シブヤ西武(現:西武渋谷店)には、幻のショップ「カプセル」を設置し、デビュー間もない川久保玲(コム・デ・ギャルソン)、山本寛斎、イッセイミヤケ、タケオキクチら、新手のデザイナーらを後押しした。プライベートブランドの開発でも当時、日本ではまだ無名であったラルフローレンと契約し、メジャーブランドに育てた。また、「SEED館」の試みは、現在では一般的であるセレクト型編集売場の先駆けでもあった。
また「イメージ戦略」を打ち出し、「おいしい生活」、「不思議大好き」など糸井重里らによる名キャッチコピーでも知られた。更にはパルコ、ロフト、無印良品、コンラン卿と提携した家具・インテリア専門館「ハビタ館」、世界中のレコードが入手できるといわれた「WAVE」、西武が設立に関わったFMラジオ局「J-WAVE」、大型書店「リブロ」、洋書や近代思想、コンテンポラリーアートの画集などを幅広く手掛け、青山ブックセンターと並び称された「アール・ヴィヴァン」、高級スーパー「ザ・ガーデン自由ヶ丘」、日本初の総合スポーツ専門館「西武スポーツ館」、リボン館、PAO館などの異業態を次々に起こし、セゾン美術館、銀座セゾン劇場、渋谷パルコ劇場、パルコ・クアトロ、東京テアトル、パルコ出版など、メセナ・ソフト事業も幅広く手掛けた。それは、セゾン文化と呼ばれ一世を風靡し、西武百貨店のブランド力を強固なものにすることに貢献した。
ブランド力を生かして店舗網を拡大。また、同じセゾングループの西友が西武百貨店のブランド力を生かし「西武」を名乗った百貨店型店舗を運営し、全国に西武網が拡大した(西友運営の「西武」は1998 - 2000年にかけてLIVINに改称)。
一方、日本百貨店経営協議会(JMA)事務局により地方百貨店の系列化も目指した。

 


【関連リンク】
西武・そごう 公式サイト

 

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)