検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

そごう商品券の格安販売・購入

そごう商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:そごう商品券
使用場所:全国のそごう・西武各店
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらはそごう商品券の販売ページとなります。
そごう商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
 サイズをお確かめの上、のし袋はこちらからお買い求めください。
 ギフトケースの販売はこちら
 ※梱包サービスは行っておりません、あらかじめご承知おきください。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【そごう商品券の使える店】

・全国のそごう、西武に加え、イトーヨーカドー、アリオでもご利用いただけます。

・イトーヨーカドー、アリオでご利用いただける券種は、現在発行されているの西武百貨店商品券・そごう商品券の「1,000円券」に限ります。

・旧デザインの商品券は、発行元が現在閉店した店舗となっているものがございます。こちらの商品券は、現在営業しているそごう各店、および西武百貨店でのみご利用いただけます。

・一部上記利用方法にてご利用いただけない発行店舗がございますので、ご利用店舗にお問い合わせください。

 

【そごう商品券の発行関連情報】

・旧デザインの商品券は、500円額面も発行されていました。こちらの商品券は、そごうおよび西武百貨店のみでご利用いただけます。

【Topics1 株式会社そごうとは】

株式会社そごうは、かつて百貨店の「そごう」を運営していた日本の企業である。セブン&アイグループに属していた。2000年に経営破綻、2009年8月1日に西武百貨店、ミレニアムリテイリングと3社合併し、そごう・西武となった。
「そごう」の社名・店名は創業者の名「十合」に由来する。大阪が発祥の百貨店で、登記上の本店は創業から大阪店閉店までと心斎橋本店開店からそごう・西武への再編前まで、大阪の心斎橋に長年あった。
1957年に有楽町に東京店を開業し「有楽町で逢いましょう」を宣伝文句に東京に進出した。同名の歌謡曲をはじめ歌番組や映画が制作され大流行となった。映画では大阪店・東京店が撮影に使用され、そごうが衣装提供も行った。
1985年に横浜駅東口に開業した横浜店は、そごうの店舗では売場面積(83,654m2)と売上高が最大で、そごうの「基幹店」として営業している。
ロゴマークは創業以来、初代十合伊兵衛の生家・絹屋の家紋であるちきり(縦糸を巻くための織機の付属部品、石材や木材を繋ぎ止める部品)を丸で囲んだ「まるちきり」が使われている。また「ちきり」は「契り」に通じることから、顧客との結びつきを末長く大切にするという意味も含めている。
ロゴマークの形状自体に変更はないが、色は赤→紺→金・翡翠と変更され、民事再生直後に原点回帰志向のもとで赤に、さらにミレニアムリテイリングのグループカラーの青に変更している。また民事再生以前には「そごう」と「SOGO」のロゴとが存在した。後者が後発で、前者も民事再生時点まで併用されていた。ロゴカラーが緑の時代には、続け字で右上がりの「Sogo」をCIに採用した時期もあり、外装への採用例として、1996年から2001年の神戸店(現:神戸阪急)本館北側の壁面がある。セブン&アイ傘下となってから、英字「SOGO」ロゴのフォントを西武の「SEIBU」と同一のものに変更し、主に公式ウェブサイトと広告で使用する。
イメージフラワーはダリアで、かつては包装紙や紙袋に印刷されたほか、関連組織の名称にも「ダリアルーム」「ダリア友の会」など、ダリアを冠したものがある。
かつては「人、街、世界をつなぐ、そごうネットワーク」というキャッチフレーズも存在した。
西武百貨店と統合したことで、マーチャンダイジングや売場編集が西武流となり、POSシステムの技術提供も受け、従来のイメージは大きく変わった。POSシステムは日本電気(NECプラットフォームズ)製を使用する。
 

【Topics2 そごうの歴史】

「創業から百貨店へ」
初代十合伊兵衛像 (横浜そごう屋上に設置)
大和国十市郡十市村で絹屋として商売を営んでいた十合徳兵衛の息子として生まれた十合伊兵衛(そごう いへえ)が、1830年(天保元年)に坐摩神社(火防陶器神社)の南隣、大坂上難波町に古手屋(古着屋)「大和屋」を開業したのが始まりである。
1872年(明治5年)に古手屋を廃業して呉服店へ転換し、1876年(明治9年)に安堂寺橋通三丁目に移転。翌1877年(明治10年)には心斎橋筋一丁目に移転すると共に十合呉服店へ改称した。
1901年(明治34年)4月3日には神戸市元町五丁目に神戸支店を開設した。神戸店は順調に売り上げを伸ばし、阪神電気鉄道三宮駅ビルへ出店する形で1933年(昭和8年)10月1日に移転・増床し、百貨店として開業した。この移転以降は「神戸そごう」というひらがな表記を用いており、その後の各店舗での「そごう」表記の第一歩となった。
1935年(昭和10年)9月24日には大阪・心斎橋の本店として村野藤吾設計の地下3階・地上8階建ての新店舗へ建て替え工事を行い、増床と近代化を実現した。
心斎橋の新本店ビルは、ガラスブロックを活用した美しい垂直線を強調したもので、モダニズム建築の傑作と評価されている。店内には食堂をはじめ、700名収容の劇場や茶室、貴賓室など、売場以外の機能も併設されていた。そして開業直後には大阪市営地下鉄御堂筋線が開通し、心斎橋駅と直結することとなった。心斎橋本店は全館一挙に建設されたのではなく、2期に分けて建設されたが、そのうち2期工事の建設費は板谷宮吉率いる板谷財閥の資本導入により実現したとされる。
社名は、1940年(昭和15年)に「十合」となり、第二次世界大戦終戦後に株式会社を設立した1969年(昭和44年)に「そごう」となった。

 


【関連リンク】
そごう・西武 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

そごう 商品券 500円

商品コード:001000

そごう 商品券 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥488

通常価格 :¥500

そごう 商品券 1,000円

商品コード:001001

そごう 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥975

通常価格 :¥1,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

そごう ギフト券 500円

商品コード:001005

そごう ギフト券 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥480

通常価格 :¥500

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

そごう お買物クーポン 500円

商品コード:001022

そごう お買物クーポン 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥460

通常価格 :¥500

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:そごう商品券
使用場所:全国のそごう・西武各店
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらはそごう商品券の販売ページとなります。
そごう商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

・贈答用の封筒・ケース等は付属しておりません。
 サイズをお確かめの上、のし袋はこちらからお買い求めください。
 ギフトケースの販売はこちら
 ※梱包サービスは行っておりません、あらかじめご承知おきください。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【そごう商品券の使える店】

・全国のそごう、西武に加え、イトーヨーカドー、アリオでもご利用いただけます。

・イトーヨーカドー、アリオでご利用いただける券種は、現在発行されているの西武百貨店商品券・そごう商品券の「1,000円券」に限ります。

・旧デザインの商品券は、発行元が現在閉店した店舗となっているものがございます。こちらの商品券は、現在営業しているそごう各店、および西武百貨店でのみご利用いただけます。

・一部上記利用方法にてご利用いただけない発行店舗がございますので、ご利用店舗にお問い合わせください。

 

【そごう商品券の発行関連情報】

・旧デザインの商品券は、500円額面も発行されていました。こちらの商品券は、そごうおよび西武百貨店のみでご利用いただけます。

【Topics1 株式会社そごうとは】

株式会社そごうは、かつて百貨店の「そごう」を運営していた日本の企業である。セブン&アイグループに属していた。2000年に経営破綻、2009年8月1日に西武百貨店、ミレニアムリテイリングと3社合併し、そごう・西武となった。
「そごう」の社名・店名は創業者の名「十合」に由来する。大阪が発祥の百貨店で、登記上の本店は創業から大阪店閉店までと心斎橋本店開店からそごう・西武への再編前まで、大阪の心斎橋に長年あった。
1957年に有楽町に東京店を開業し「有楽町で逢いましょう」を宣伝文句に東京に進出した。同名の歌謡曲をはじめ歌番組や映画が制作され大流行となった。映画では大阪店・東京店が撮影に使用され、そごうが衣装提供も行った。
1985年に横浜駅東口に開業した横浜店は、そごうの店舗では売場面積(83,654m2)と売上高が最大で、そごうの「基幹店」として営業している。
ロゴマークは創業以来、初代十合伊兵衛の生家・絹屋の家紋であるちきり(縦糸を巻くための織機の付属部品、石材や木材を繋ぎ止める部品)を丸で囲んだ「まるちきり」が使われている。また「ちきり」は「契り」に通じることから、顧客との結びつきを末長く大切にするという意味も含めている。
ロゴマークの形状自体に変更はないが、色は赤→紺→金・翡翠と変更され、民事再生直後に原点回帰志向のもとで赤に、さらにミレニアムリテイリングのグループカラーの青に変更している。また民事再生以前には「そごう」と「SOGO」のロゴとが存在した。後者が後発で、前者も民事再生時点まで併用されていた。ロゴカラーが緑の時代には、続け字で右上がりの「Sogo」をCIに採用した時期もあり、外装への採用例として、1996年から2001年の神戸店(現:神戸阪急)本館北側の壁面がある。セブン&アイ傘下となってから、英字「SOGO」ロゴのフォントを西武の「SEIBU」と同一のものに変更し、主に公式ウェブサイトと広告で使用する。
イメージフラワーはダリアで、かつては包装紙や紙袋に印刷されたほか、関連組織の名称にも「ダリアルーム」「ダリア友の会」など、ダリアを冠したものがある。
かつては「人、街、世界をつなぐ、そごうネットワーク」というキャッチフレーズも存在した。
西武百貨店と統合したことで、マーチャンダイジングや売場編集が西武流となり、POSシステムの技術提供も受け、従来のイメージは大きく変わった。POSシステムは日本電気(NECプラットフォームズ)製を使用する。
 

【Topics2 そごうの歴史】

「創業から百貨店へ」
初代十合伊兵衛像 (横浜そごう屋上に設置)
大和国十市郡十市村で絹屋として商売を営んでいた十合徳兵衛の息子として生まれた十合伊兵衛(そごう いへえ)が、1830年(天保元年)に坐摩神社(火防陶器神社)の南隣、大坂上難波町に古手屋(古着屋)「大和屋」を開業したのが始まりである。
1872年(明治5年)に古手屋を廃業して呉服店へ転換し、1876年(明治9年)に安堂寺橋通三丁目に移転。翌1877年(明治10年)には心斎橋筋一丁目に移転すると共に十合呉服店へ改称した。
1901年(明治34年)4月3日には神戸市元町五丁目に神戸支店を開設した。神戸店は順調に売り上げを伸ばし、阪神電気鉄道三宮駅ビルへ出店する形で1933年(昭和8年)10月1日に移転・増床し、百貨店として開業した。この移転以降は「神戸そごう」というひらがな表記を用いており、その後の各店舗での「そごう」表記の第一歩となった。
1935年(昭和10年)9月24日には大阪・心斎橋の本店として村野藤吾設計の地下3階・地上8階建ての新店舗へ建て替え工事を行い、増床と近代化を実現した。
心斎橋の新本店ビルは、ガラスブロックを活用した美しい垂直線を強調したもので、モダニズム建築の傑作と評価されている。店内には食堂をはじめ、700名収容の劇場や茶室、貴賓室など、売場以外の機能も併設されていた。そして開業直後には大阪市営地下鉄御堂筋線が開通し、心斎橋駅と直結することとなった。心斎橋本店は全館一挙に建設されたのではなく、2期に分けて建設されたが、そのうち2期工事の建設費は板谷宮吉率いる板谷財閥の資本導入により実現したとされる。
社名は、1940年(昭和15年)に「十合」となり、第二次世界大戦終戦後に株式会社を設立した1969年(昭和44年)に「そごう」となった。

 


【関連リンク】
そごう・西武 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)