検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

日立家電ギフトの格安販売・購入

日立家電ギフトの格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:日立家電ギフト
額  面:5,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらは日立家電ギフトの販売ページとなります。
日立家電ギフトの高価買取ページはこちら

購入に際してのご注意

ご利用可能店舗:全国の日立家電品ギフト券取扱店

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【日立家電ギフトの使える店】

HITACHIブランドの家電品とのお引換のほか、
「株式会社日立とラベルピューロー」・「日立電機交換サービス株式会社」・ 「株式会社ジェイティービー」・「JTBトラベラント旅行サービス店」・ 「近畿日本ツーリスト株式会社」・「株式会社KNTツーリスト」・ 「株式会社日本旅行」(日旅サービスを除く)
の窓口において旅行代金のお支払いにご利用いただけます。
取扱店は、公式サイト 日立お店ナビ よりご確認いただけます。

【Topics1 日立製作所とは】

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。通称は日立やHITACHI、日製(にっせい)など。
IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、日立ハイテク、日立建機、日立金属、その他の9の部門から構成されている。連結子会社879社、持分法適用会社407社、計1,286社を傘下に置き、日立グループを形成する。売上高8兆7672億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機の中で最大であり、日本の全業種中でもトヨタ自動車、日本電信電話に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業である。

前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。

全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業でもあり、売上の51%は日本国外からもたらされる。米国誌『フォーブス』が毎年発表する世界企業ベスト2000 では、コングロマリット(複合企業体)に分類されていたが、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の選択と集中を徹底して子会社を削減する傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。

 

【Topics2 日立の社章】

日立社標(日立マーク、亀の子マーク、「日」「立」のモノグラム社章、小平浪平が考案したもの)については、家庭用の日立(グループ)製品では1968年~1991年前半に発売されたものまでは「HITACHI」ロゴの左側に日立社章を併記してあるロゴタイプを使用していたが(1970年代までは「日立」ロゴと組み合わされたものもあった)、1991年後半以降の製品は現行の「HITACHI」ロゴ単独表示のものに変更されており、一部製品ラベル等を除き日立社章は製品自体では見られなくなった。エレベータや建設機械など産業用機器についても、日立社章は見られなくなった。

広告活動では2000年からの「Inspire the Next」と入れ替わる形で使用を取りやめ、通天閣などの広告からも取り外された。同時に日立グループ各社と日立社標の使用許諾契約を結んでグループ各社から使用料を徴収することとしたため、グループ各社からも日立社章は消えつつある。[要出典]しかし現在でも日立製作所(および日立金属、日立建機、日立工機など「日立」を冠したグループ各社)の社章であり、社名の表記に付随する形(各社のホームページや製品カタログ・マニュアルの裏表紙、家電製品の外箱などで「(日立マーク)株式会社日立製作所」「(日立マーク)日立○○株式会社」と記載)に限定して使用を継続している。また、日立製作所やグループ各社のスポーツチームでは、ユニフォームや帽子に日立マークがあしらわれていることもある。

なお、2017年現在の「Inspire the Next」の表記は広告活動のみならず、日立製品の梱包箱や取扱説明書まで広範囲に用いられている。

嘗て、日立グループ各社や日立製品のロゴタイプとして「ナショ文字」のような独自の書体「日立文字」なるものが存在した。

 


【関連リンク】
株式会社 日立製作所 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

日立家電ギフト 5,000円

商品コード:080004

日立家電ギフト 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,600

通常価格 :¥5,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:日立家電ギフト
額  面:5,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらは日立家電ギフトの販売ページとなります。
日立家電ギフトの高価買取ページはこちら

購入に際してのご注意

ご利用可能店舗:全国の日立家電品ギフト券取扱店


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【日立家電ギフトの使える店】

HITACHIブランドの家電品とのお引換のほか、
「株式会社日立とラベルピューロー」・「日立電機交換サービス株式会社」・ 「株式会社ジェイティービー」・「JTBトラベラント旅行サービス店」・ 「近畿日本ツーリスト株式会社」・「株式会社KNTツーリスト」・ 「株式会社日本旅行」(日旅サービスを除く)
の窓口において旅行代金のお支払いにご利用いただけます。
取扱店は、公式サイト 日立お店ナビ よりご確認いただけます。

【Topics1 日立製作所とは】

株式会社日立製作所(ひたちせいさくしょ、英: Hitachi, Ltd.)は、日本の電機メーカーであり、日立グループの中核企業。世界有数の総合電機メーカー。日経平均株価およびTOPIX Core30、JPX日経インデックス400の構成銘柄の一つ。通称は日立やHITACHI、日製(にっせい)など。
IT、エネルギー、インダストリー、モビリティ、ライフ、日立ハイテク、日立建機、日立金属、その他の9の部門から構成されている。連結子会社879社、持分法適用会社407社、計1,286社を傘下に置き、日立グループを形成する。売上高8兆7672億円、営業利益7549億円、総従業員数29万5941人は、総合電機の中で最大であり、日本の全業種中でもトヨタ自動車、日本電信電話に次ぐ規模の従業員数を誇る巨大企業である。

前身は、現在の茨城県日立市にあった銅と硫化鉄鉱を産出する久原鉱業所日立鉱山である。日立鉱山を母体として久原財閥が誕生し、久原財閥の流れを受けて日産コンツェルンが形成された。また、日立鉱山で使用する機械の修理製造部門が、1910年に国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させて、日立製作所が設立された。やがて日本最大規模の総合電機メーカー、そして世界有数の大手電機メーカーとして発展することとなる。

全世界に製造・販売拠点を広げる多国籍企業でもあり、売上の51%は日本国外からもたらされる。米国誌『フォーブス』が毎年発表する世界企業ベスト2000 では、コングロマリット(複合企業体)に分類されていたが、近年はコングロマリットディスカウントに対応するため、事業の選択と集中を徹底して子会社を削減する傾向にあり、2019年にはエレクトロニクスに分類された。

 

【Topics2 日立の社章】

日立社標(日立マーク、亀の子マーク、「日」「立」のモノグラム社章、小平浪平が考案したもの)については、家庭用の日立(グループ)製品では1968年~1991年前半に発売されたものまでは「HITACHI」ロゴの左側に日立社章を併記してあるロゴタイプを使用していたが(1970年代までは「日立」ロゴと組み合わされたものもあった)、1991年後半以降の製品は現行の「HITACHI」ロゴ単独表示のものに変更されており、一部製品ラベル等を除き日立社章は製品自体では見られなくなった。エレベータや建設機械など産業用機器についても、日立社章は見られなくなった。

広告活動では2000年からの「Inspire the Next」と入れ替わる形で使用を取りやめ、通天閣などの広告からも取り外された。同時に日立グループ各社と日立社標の使用許諾契約を結んでグループ各社から使用料を徴収することとしたため、グループ各社からも日立社章は消えつつある。[要出典]しかし現在でも日立製作所(および日立金属、日立建機、日立工機など「日立」を冠したグループ各社)の社章であり、社名の表記に付随する形(各社のホームページや製品カタログ・マニュアルの裏表紙、家電製品の外箱などで「(日立マーク)株式会社日立製作所」「(日立マーク)日立○○株式会社」と記載)に限定して使用を継続している。また、日立製作所やグループ各社のスポーツチームでは、ユニフォームや帽子に日立マークがあしらわれていることもある。

なお、2017年現在の「Inspire the Next」の表記は広告活動のみならず、日立製品の梱包箱や取扱説明書まで広範囲に用いられている。

嘗て、日立グループ各社や日立製品のロゴタイプとして「ナショ文字」のような独自の書体「日立文字」なるものが存在した。

 


【関連リンク】
株式会社 日立製作所 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)