金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

京成百貨店商品券の買取(ご売却)

京成百貨店商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称: 京成百貨店商品券
額  面:1,000円 他
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは京成百貨店商品券の買取ページとなります。
京成電鉄株主優待券の買取はこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【京成百貨店商品券の使える店】

ご利用可能箇所
・京成百貨店
・つくばショップの支店
・京成ホテルチェーン

【Topics1 京成百貨店とは】

株式会社水戸京成百貨店は、関東地方において京成百貨店のブランドで展開している日本の百貨店である。京成電鉄連結子会社であり、京成グループの企業の一つである。京成カード加盟店。最盛期は上野(東京都台東区)、大森(東京都大田区)、市川(千葉県市川市八幡) 、土浦(茨城県土浦市)、水戸(茨城県水戸市)の1都2県に5店舗を有していた。
親会社京成電鉄の経営悪化等により徐々に店舗を売却または閉鎖し、現在は茨城県内の3店舗のみ営業している。その内訳は、水戸のデパート業態1店舗及びつくば(つくば市吾妻)、日立(日立市東滑川町)のサテライトショップ2店舗である。

 

【Topics2 営業中店舗】

「京成百貨店」
水戸駅から約1.5km離れた市街(上市)中心部に位置している。かつてのライバル店であった旧ボンベルタ伊勢甚水戸店(ボンベルタ百貨店)跡地(泉町1丁目南地区再開発事業)に建設された新店舗に2006年(平成18年)3月17日に移転した。新店舗は、地上10階地下2階で、店舗面積は34,000m2(旧店舗:15,000m2)に拡大した。移転と同時に、商圏拡大を意図して、店舗名を「水戸京成百貨店」(水戸京成)から「京成百貨店」に変更した。

県内のつくば市に存在した西武筑波店(つくばクレオスクエア内)が2017年2月に閉店して以来、県内で唯一のデパートである。西武が撤退した県南エリア(つくば市、土浦市など)に配慮し、2017年の中元・歳暮商戦の時期にはギフトセンターを、つくばクレオスクエア内に開設している(2017年中元時期は西武撤退後のフロアに、歳暮時期は「Q't」内に開設)。2017年のギフトセンター開設が概ね好評だったことから、2018年からは後述する常設店(つくばショップ)が開店することになった。

京成グループの京成ホテル、京成ストア(リブレ京成)と共通の商品券取扱いも行っている。県内唯一のデパートということもあり、商圏は水戸市などの県央と県北(ひたちなか市など)、県南(石岡市)、鹿行(鉾田市など)地域の各一部に亘る。水戸市南部、東茨城郡茨城町などは、京成グループである関東鉄道・関鉄グリーンバスの路線バス営業地域であり、当店への交通手段でもある。

「京成百貨店つくばショップ」「つくばショップ」つくば駅前・つくばセンターバスターミナル前のショッピングモール「つくばクレオスクエア Q't」の2階に2018年4月25日オープン。売り場の広さがおよそ160平方メートルで服飾品や食料品などが販売されている。商圏の公共交通機関(一部を除く)は、水戸以上に京成電鉄出資事業者が幅をきかさせており、「京成」のブランディングはともかくとしてグループ内相乗効果を活かしている。モール自体の商圏はつくば市、土浦市などで水戸や日立と比べやや狭いが、観光客や出張客の利用も想定されている。

「京成百貨店日立サテライトショップ」
日立市東滑川町のショッピングセンター「SEA MARK SQUARE」の1階に2020年3月19日オープン。「KEiSEi & sole」という名称で営業。史上唯一のロードサイド型テナントである。茨城交通シーマークスクエアバス停留所下車。京成グループの事業としては最北。モール自体の商圏は日立市など県北地域北東部一帯。

 


【関連リンク】
京成電鉄 企業サイト
株式会社 水戸京成百貨店 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

京成 商品券 500円

商品コード:000236

京成 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥250

京成 商品券 1,000円

商品コード:000237

京成 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥500

京成 商品券 2,000円

商品コード:000238

京成 商品券 2,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,000

京成 商品券 5,000円

商品コード:000239

京成 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,500

京成 商品券 10,000円

商品コード:000240

京成 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥5,000

京成 ギフト券 500円

商品コード:000241

京成 ギフト券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥250

京成 ギフト券 1,000円

商品コード:000242

京成 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥500

京成 内渡し票 500円

商品コード:000246

京成 内渡し票 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥250

京成 内渡し票 1,000円

商品コード:000247

京成 内渡し票 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥500

京成 内渡し票 3,000円

商品コード:000248

京成 内渡し票 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,500

京成 内渡し票 5,000円

商品コード:000249

京成 内渡し票 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,500

京成 内渡し票 10,000円

商品コード:000250

京成 内渡し票 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥5,000

京成 お取替券 500円

商品コード:000251

京成 お取替券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥250

京成 お取替券 1,000円

商品コード:000252

京成 お取替券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥500

京成 お取替券 3,000円

商品コード:000253

京成 お取替券 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,500

商品情報

正式名称: 京成百貨店商品券
額  面:1,000円 他
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは京成百貨店商品券の買取ページとなります。
京成電鉄株主優待券の買取はこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【京成百貨店商品券の使える店】

ご利用可能箇所
・京成百貨店
・つくばショップの支店
・京成ホテルチェーン

【Topics1 京成百貨店とは】

株式会社水戸京成百貨店は、関東地方において京成百貨店のブランドで展開している日本の百貨店である。京成電鉄連結子会社であり、京成グループの企業の一つである。京成カード加盟店。最盛期は上野(東京都台東区)、大森(東京都大田区)、市川(千葉県市川市八幡) 、土浦(茨城県土浦市)、水戸(茨城県水戸市)の1都2県に5店舗を有していた。
親会社京成電鉄の経営悪化等により徐々に店舗を売却または閉鎖し、現在は茨城県内の3店舗のみ営業している。その内訳は、水戸のデパート業態1店舗及びつくば(つくば市吾妻)、日立(日立市東滑川町)のサテライトショップ2店舗である。

 

【Topics2 営業中店舗】

「京成百貨店」
水戸駅から約1.5km離れた市街(上市)中心部に位置している。かつてのライバル店であった旧ボンベルタ伊勢甚水戸店(ボンベルタ百貨店)跡地(泉町1丁目南地区再開発事業)に建設された新店舗に2006年(平成18年)3月17日に移転した。新店舗は、地上10階地下2階で、店舗面積は34,000m2(旧店舗:15,000m2)に拡大した。移転と同時に、商圏拡大を意図して、店舗名を「水戸京成百貨店」(水戸京成)から「京成百貨店」に変更した。

県内のつくば市に存在した西武筑波店(つくばクレオスクエア内)が2017年2月に閉店して以来、県内で唯一のデパートである。西武が撤退した県南エリア(つくば市、土浦市など)に配慮し、2017年の中元・歳暮商戦の時期にはギフトセンターを、つくばクレオスクエア内に開設している(2017年中元時期は西武撤退後のフロアに、歳暮時期は「Q't」内に開設)。2017年のギフトセンター開設が概ね好評だったことから、2018年からは後述する常設店(つくばショップ)が開店することになった。

京成グループの京成ホテル、京成ストア(リブレ京成)と共通の商品券取扱いも行っている。県内唯一のデパートということもあり、商圏は水戸市などの県央と県北(ひたちなか市など)、県南(石岡市)、鹿行(鉾田市など)地域の各一部に亘る。水戸市南部、東茨城郡茨城町などは、京成グループである関東鉄道・関鉄グリーンバスの路線バス営業地域であり、当店への交通手段でもある。

「京成百貨店つくばショップ」「つくばショップ」つくば駅前・つくばセンターバスターミナル前のショッピングモール「つくばクレオスクエア Q't」の2階に2018年4月25日オープン。売り場の広さがおよそ160平方メートルで服飾品や食料品などが販売されている。商圏の公共交通機関(一部を除く)は、水戸以上に京成電鉄出資事業者が幅をきかさせており、「京成」のブランディングはともかくとしてグループ内相乗効果を活かしている。モール自体の商圏はつくば市、土浦市などで水戸や日立と比べやや狭いが、観光客や出張客の利用も想定されている。

「京成百貨店日立サテライトショップ」
日立市東滑川町のショッピングセンター「SEA MARK SQUARE」の1階に2020年3月19日オープン。「KEiSEi & sole」という名称で営業。史上唯一のロードサイド型テナントである。茨城交通シーマークスクエアバス停留所下車。京成グループの事業としては最北。モール自体の商圏は日立市など県北地域北東部一帯。

 


【関連リンク】
京成電鉄 企業サイト
株式会社 水戸京成百貨店 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)