金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

大丸商品券(大丸百貨店商品券)の買取(ご売却)

大丸商品券(大丸百貨店商品券)の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

・発行元:株式会社 大丸商品券(大丸百貨店商品券)
・おつり:出ます。
・有効期限:ありません
・額面:500円券/1,000円券/10,000円綴/30,000円綴/50,000円綴/100,000円綴
 (50,000円綴・100,000円綴が5,000円券、その他の綴は1,000円単位でセット)
・ご利用可能店舗:大丸各店
 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【大丸商品券の使える店】

大丸各店でご利用いただけます。
・大丸各店
・松坂屋各店
・パルコ各店
詳細は、大丸公式サイトをご確認ください

【Topics1 大丸松坂屋百貨店とは】

大丸は、J.フロント リテイリンググループの大丸松坂屋百貨店が運営する日本の百貨店である。
また、株式会社大丸は、2010年2月28日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。

京都発祥の老舗百貨店で呉服店を起源とする。大阪(心斎橋・梅田)・京都・神戸・東京・札幌に主力店舗を構えており、心斎橋店が本店にあたる。売上高1000億円を超える店舗は存在しないが、主力店舗はどれも比較的高い売上を誇り、この6店舗だけで単体の91%の売り上げを占めている。特に本店の心斎橋店は高級百貨店として関西において高いブランド力を誇る。

1717年(享保2年)に下村彦右衛門正啓が現在の京都市伏見区京町北8丁目77に呉服店「大文字屋」を開業し、呉服商を出発点として両替商を兼営していた。1726年に大坂心斎橋筋に進出。1728年に名古屋本町に名古屋店を開き「大丸屋」と称した(のち閉鎖)。幕末には髙島屋に対抗して幕府側についた。

1908年11月、個人商店「大丸呉服店」を株式合資会社に転換。その際に下村家当主であった第11代下村正太郎が早稲田大学商科出身だった縁から、銀行家杉山義雄を専務理事として迎え入れ改革に乗り出した。杉山は専務理事就任時に資本金50万円のうち3万円を出資し、従業員や別家が20万円を出資していたが、約40軒の別家は旧態依然としていたところに杉山が急激な改革を実施。これが古手の店員や別家の反感を買い、さらに不況と重なったことから杉山は退任に追い込まれる。

その後、1910年に東京信託会社の岩崎一が改革案を作成し、ついで大隈重信の斡旋により、日本生命社長の片岡直温が改革に乗り出す。同年秋には東京・名古屋の両店を閉店する一方で、京都・大阪・神戸店を拡張して再建に乗り出した。下村家も秘蔵の書画骨董を売却して約30万円を調達して資力を増強、1911年1月22日に別宅会を解散して積立金を割り戻す決定をした。1914年には大阪店が不渡り手形を出して京阪2店が休業するなど、呉服店から百貨店への転換過程では問題が続発したが、幾度もの困難を乗り越え、1928年に大丸と改称して近代化に成功した。
高度成長期は三越(現:三越伊勢丹ホールディングス、同社傘下の三越伊勢丹ほか)と並び「西の横綱」と呼ばれたが、バブル崩壊後に業績は低迷。奥田務が社長就任後、他の百貨店よりも一足早く1998年より事業構造改革に乗り出し、国内不採算店舗の閉鎖や海外店舗の全面撤退、人員削減に取り組んだ。一方で2003年には札幌店を開店し軌道に乗せている。結果として改革は成功し、収益力を業界首位級に押し上げた。

なお店名の呼称については、通常「〜てん」と案内されるが、近畿圏の各店舗に関しては以前から「〜みせ」と案内されるのが通例である。直営店では、札幌店・東京店は「〜てん」、心斎橋店・京都店・神戸店・梅田店が「〜みせ」と呼ばれている。同地区の同業他店舗は公式には全て「〜てん」を使っており、「〜みせ」の呼称は珍しい(ただし髙島屋では一部社員が非公式ながら「〜みせ」を使っている)。
名物は、餡入りカステラ饅頭に「大」の焼印が押された「大丸饅頭」。現在は大丸梅田店と博多大丸福岡天神店で販売している。かつては神戸店でも販売していたが、1995年の阪神・淡路大震災で製造機械が壊れて販売中止となった。その後、震災後10年を記念して2005年に1週間だけ再現された。
2007年9月3日、東海地方を拠点とする松坂屋との経営統合を発表。共同持株会社「J.フロント リテイリング株式会社」(JFR)を設立した。2010年3月1日に松坂屋を存続会社とする合併を行い「株式会社大丸松坂屋百貨店」が発足した。これに伴い法人としての株式会社大丸は解散している。

 


【関連リンク】
J.フロントリテイリング 企業サイト
大丸松坂屋百貨店 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

大丸 ショッピングボンド 500円

商品コード:000149

大丸 ショッピングボンド 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥470

大丸 ショッピングボンド 1,000円

商品コード:000150

大丸 ショッピングボンド 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

大丸 商品券 500円

商品コード:000151

大丸 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥480

大丸 商品券 1,000円

商品コード:000152

大丸 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥960

大丸 商品券 3,000円

商品コード:000153

大丸 商品券 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,880

大丸 商品券 5,000円

商品コード:000154

大丸 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,800

大丸 商品券 10,000円

商品コード:000155

大丸 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,600

大丸 ギフト券 500円

商品コード:000156

大丸 ギフト券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥470

大丸 ギフト券 1,000円

商品コード:000157

大丸 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

大丸 内渡し票 500円

商品コード:000161

大丸 内渡し票 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥470

大丸 内渡し票 1,000円

商品コード:000162

大丸 内渡し票 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

大丸 内渡し票 3,000円

商品コード:000163

大丸 内渡し票 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,820

大丸 内渡し票 5,000円

商品コード:000164

大丸 内渡し票 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,700

大丸 内渡し票 10,000円

商品コード:000165

大丸 内渡し票 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,400

大丸 お取替券 500円

商品コード:000166

大丸 お取替券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

大丸 お取替券 1,000円

商品コード:000167

大丸 お取替券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

商品情報

・発行元:株式会社 大丸商品券(大丸百貨店商品券)
・おつり:出ます。
・有効期限:ありません
・額面:500円券/1,000円券/10,000円綴/30,000円綴/50,000円綴/100,000円綴
 (50,000円綴・100,000円綴が5,000円券、その他の綴は1,000円単位でセット)
・ご利用可能店舗:大丸各店
 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【大丸商品券の使える店】

大丸各店でご利用いただけます。
・大丸各店
・松坂屋各店
・パルコ各店
詳細は、大丸公式サイトをご確認ください

【Topics1 大丸松坂屋百貨店とは】

大丸は、J.フロント リテイリンググループの大丸松坂屋百貨店が運営する日本の百貨店である。
また、株式会社大丸は、2010年2月28日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。

京都発祥の老舗百貨店で呉服店を起源とする。大阪(心斎橋・梅田)・京都・神戸・東京・札幌に主力店舗を構えており、心斎橋店が本店にあたる。売上高1000億円を超える店舗は存在しないが、主力店舗はどれも比較的高い売上を誇り、この6店舗だけで単体の91%の売り上げを占めている。特に本店の心斎橋店は高級百貨店として関西において高いブランド力を誇る。

1717年(享保2年)に下村彦右衛門正啓が現在の京都市伏見区京町北8丁目77に呉服店「大文字屋」を開業し、呉服商を出発点として両替商を兼営していた。1726年に大坂心斎橋筋に進出。1728年に名古屋本町に名古屋店を開き「大丸屋」と称した(のち閉鎖)。幕末には髙島屋に対抗して幕府側についた。

1908年11月、個人商店「大丸呉服店」を株式合資会社に転換。その際に下村家当主であった第11代下村正太郎が早稲田大学商科出身だった縁から、銀行家杉山義雄を専務理事として迎え入れ改革に乗り出した。杉山は専務理事就任時に資本金50万円のうち3万円を出資し、従業員や別家が20万円を出資していたが、約40軒の別家は旧態依然としていたところに杉山が急激な改革を実施。これが古手の店員や別家の反感を買い、さらに不況と重なったことから杉山は退任に追い込まれる。

その後、1910年に東京信託会社の岩崎一が改革案を作成し、ついで大隈重信の斡旋により、日本生命社長の片岡直温が改革に乗り出す。同年秋には東京・名古屋の両店を閉店する一方で、京都・大阪・神戸店を拡張して再建に乗り出した。下村家も秘蔵の書画骨董を売却して約30万円を調達して資力を増強、1911年1月22日に別宅会を解散して積立金を割り戻す決定をした。1914年には大阪店が不渡り手形を出して京阪2店が休業するなど、呉服店から百貨店への転換過程では問題が続発したが、幾度もの困難を乗り越え、1928年に大丸と改称して近代化に成功した。
高度成長期は三越(現:三越伊勢丹ホールディングス、同社傘下の三越伊勢丹ほか)と並び「西の横綱」と呼ばれたが、バブル崩壊後に業績は低迷。奥田務が社長就任後、他の百貨店よりも一足早く1998年より事業構造改革に乗り出し、国内不採算店舗の閉鎖や海外店舗の全面撤退、人員削減に取り組んだ。一方で2003年には札幌店を開店し軌道に乗せている。結果として改革は成功し、収益力を業界首位級に押し上げた。

なお店名の呼称については、通常「〜てん」と案内されるが、近畿圏の各店舗に関しては以前から「〜みせ」と案内されるのが通例である。直営店では、札幌店・東京店は「〜てん」、心斎橋店・京都店・神戸店・梅田店が「〜みせ」と呼ばれている。同地区の同業他店舗は公式には全て「〜てん」を使っており、「〜みせ」の呼称は珍しい(ただし髙島屋では一部社員が非公式ながら「〜みせ」を使っている)。
名物は、餡入りカステラ饅頭に「大」の焼印が押された「大丸饅頭」。現在は大丸梅田店と博多大丸福岡天神店で販売している。かつては神戸店でも販売していたが、1995年の阪神・淡路大震災で製造機械が壊れて販売中止となった。その後、震災後10年を記念して2005年に1週間だけ再現された。
2007年9月3日、東海地方を拠点とする松坂屋との経営統合を発表。共同持株会社「J.フロント リテイリング株式会社」(JFR)を設立した。2010年3月1日に松坂屋を存続会社とする合併を行い「株式会社大丸松坂屋百貨店」が発足した。これに伴い法人としての株式会社大丸は解散している。

 


【関連リンク】
J.フロントリテイリング 企業サイト
大丸松坂屋百貨店 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)