検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

相模鉄道(相鉄)株主優待券の格安販売、購入

相模鉄道(相鉄)株主優待券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:相模鉄道株主優待乗車証
使用区間:一枚につき片道の相模鉄道管内がご乗車いただけます。
有効期限:あります

こちらは相模鉄道株主優待乗車証の販売ページです。
相模鉄道株主優待乗車証買取ページはこちら。

1枚につき持参人ご1名様が片道1回乗車のご利用をいただけます。
途中下車は無効です。
自動改札機を通過できます。

相模鉄道 本線線・いずみ野線で利用できます。

相鉄グループの中核企業。
かつては経営の多角化を推し進める過程で、バス事業、不動産事業などを自社で行っていた。その後、経営効率化のために1990年代後半から2000年代半ばにかけて、これら鉄道以外の事業を相次いで分社化して組織のスリム化を図った。さらに2009年9月16日付で旧・相模鉄道を相鉄グループの統括だけを目的とする相鉄ホールディングスに商号を変更、鉄道事業はこれに先立ち、休眠状態だった完全子会社の株式会社大関を2009年1月22日付で業態変更の上、相鉄準備会社株式会社に商号を変更し宅建業などの許認可を取得させた上で同年9月16日に旧・相模鉄道の鉄道事業を承継、商号を相模鉄道株式会社に変更するかたちで分社した。このために新旧の相模鉄道は厳密には別会社であるが、本項では相鉄グループ内で鉄道事業を行い、相模鉄道を名乗る会社として2009年9月までの相模鉄道および、以後の現行会社について述べる。

太平洋戦争後は経営の多角化を進めたこと、地盤である神奈川県を含む首都圏への人口集中により急速に成長、「準大手私鉄の雄」などと評された。その後、1990年5月31日付けで「大手私鉄」に格上げされた。大手私鉄16社の中では営業距離が最短であるとともに、社員数が最も少ない会社でもある。また、「特急」を運行していない唯一の大手私鉄であったが、2014年4月27日のダイヤ改正時より導入された。

相鉄は首都圏の大手私鉄で唯一東京都内に自社路線を持っていない。また、他社との相互直通運転も行っていなかったが、2019年11月30日からJR東日本との直通運転が開始され、相鉄の車両が東京都に乗り入れるようになった。2022年度下期には東急電鉄などとの直通運転による東京・埼玉乗り入れが予定されている。

労働組合の力が比較的強く、過去にストライキが計画されることの多い会社であり、賃上げ要求や分社化による社員の転籍問題を巡って2004年3月や2009年6月にストライキを実施している。2014年3月にも春闘の労使交渉にて賃上げを求めたが会社側と折合わず相模鉄道労働組合が3月20日始発から24時間ストライキを開始し、約2時間後の午前6時半頃には解除されたものの窓口や改札では早朝の利用者から不満の声があがった。なお、相鉄労働組合(私鉄総連加盟団体)の組合員には鉄道事業やバス事業以外のグループ会社の社員も含むが、電車・バスのストライキが主となる。また、鉄道車両技術には保守的な傾向が強く、他社では廃れていった技術を用いた鉄道車両が近年まで多くみられた。

 

 

優待制度
○相模鉄道 鉄道株主優待乗車証回数券式(電車全線)
・磁気式の株主優待乗車券です。有効期限内に相模鉄道内で1枚で1名の片道ご利用いただけます。
・相模鉄道 本線線・いずみ野線で利用できます。


運賃例)横浜-湘南台 IC利用で片道353円 
      横浜-海老名 IC利用で片道314円
      横浜-大和  IC利用で片道262円


○相模鉄道株主優待券(別売り)
・相鉄グループ各施設で利用できる優待券冊子
・相鉄ローゼン買物優待券100円 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ客室・レストラン割引券 相鉄フレッサイン10%割引券 相鉄ジョイナス駐車場利用券

発送時期
6月初旬発送 有効期限6月16日~12月15日
11月末発送 有効期限12月16日~6月15日

発行枚数
1,000株以上 回数券方式 6枚
2,000株以上 回数券方式 12枚
3,000株以上 回数券方式 8枚
5,000株以上 回数券方式 30枚
10,000株以上 回数券方式 70枚
15,000株以上 回数券方式 120枚
20,000株以上 回数券方式 160枚
25,000株以上 定期券方式(電車全線)1枚+ 回数券方式 80枚
45,000株以上 定期券方式(電車・バス全線)1枚+ 回数券方式 80枚

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

相模鉄道 株主優待乗車証(有効期限12月15日迄)

商品コード:410011

相模鉄道 株主優待乗車証(有効期限12月15日迄)

お気に入りに追加

販売価格 :¥200

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:相模鉄道株主優待乗車証
使用区間:一枚につき片道の相模鉄道管内がご乗車いただけます。
有効期限:あります

こちらは相模鉄道株主優待乗車証の販売ページです。
相模鉄道株主優待乗車証買取ページはこちら。

1枚につき持参人ご1名様が片道1回乗車のご利用をいただけます。
途中下車は無効です。
自動改札機を通過できます。

相模鉄道 本線線・いずみ野線で利用できます。

相鉄グループの中核企業。
かつては経営の多角化を推し進める過程で、バス事業、不動産事業などを自社で行っていた。その後、経営効率化のために1990年代後半から2000年代半ばにかけて、これら鉄道以外の事業を相次いで分社化して組織のスリム化を図った。さらに2009年9月16日付で旧・相模鉄道を相鉄グループの統括だけを目的とする相鉄ホールディングスに商号を変更、鉄道事業はこれに先立ち、休眠状態だった完全子会社の株式会社大関を2009年1月22日付で業態変更の上、相鉄準備会社株式会社に商号を変更し宅建業などの許認可を取得させた上で同年9月16日に旧・相模鉄道の鉄道事業を承継、商号を相模鉄道株式会社に変更するかたちで分社した。このために新旧の相模鉄道は厳密には別会社であるが、本項では相鉄グループ内で鉄道事業を行い、相模鉄道を名乗る会社として2009年9月までの相模鉄道および、以後の現行会社について述べる。

太平洋戦争後は経営の多角化を進めたこと、地盤である神奈川県を含む首都圏への人口集中により急速に成長、「準大手私鉄の雄」などと評された。その後、1990年5月31日付けで「大手私鉄」に格上げされた。大手私鉄16社の中では営業距離が最短であるとともに、社員数が最も少ない会社でもある。また、「特急」を運行していない唯一の大手私鉄であったが、2014年4月27日のダイヤ改正時より導入された。

相鉄は首都圏の大手私鉄で唯一東京都内に自社路線を持っていない。また、他社との相互直通運転も行っていなかったが、2019年11月30日からJR東日本との直通運転が開始され、相鉄の車両が東京都に乗り入れるようになった。2022年度下期には東急電鉄などとの直通運転による東京・埼玉乗り入れが予定されている。

労働組合の力が比較的強く、過去にストライキが計画されることの多い会社であり、賃上げ要求や分社化による社員の転籍問題を巡って2004年3月や2009年6月にストライキを実施している。2014年3月にも春闘の労使交渉にて賃上げを求めたが会社側と折合わず相模鉄道労働組合が3月20日始発から24時間ストライキを開始し、約2時間後の午前6時半頃には解除されたものの窓口や改札では早朝の利用者から不満の声があがった。なお、相鉄労働組合(私鉄総連加盟団体)の組合員には鉄道事業やバス事業以外のグループ会社の社員も含むが、電車・バスのストライキが主となる。また、鉄道車両技術には保守的な傾向が強く、他社では廃れていった技術を用いた鉄道車両が近年まで多くみられた。

 

 

優待制度
○相模鉄道 鉄道株主優待乗車証回数券式(電車全線)
・磁気式の株主優待乗車券です。有効期限内に相模鉄道内で1枚で1名の片道ご利用いただけます。
・相模鉄道 本線線・いずみ野線で利用できます。


運賃例)横浜-湘南台 IC利用で片道353円 
      横浜-海老名 IC利用で片道314円
      横浜-大和  IC利用で片道262円


○相模鉄道株主優待券(別売り)
・相鉄グループ各施設で利用できる優待券冊子
・相鉄ローゼン買物優待券100円 横浜ベイシェラトンホテル&タワーズ客室・レストラン割引券 相鉄フレッサイン10%割引券 相鉄ジョイナス駐車場利用券

発送時期
6月初旬発送 有効期限6月16日~12月15日
11月末発送 有効期限12月16日~6月15日

発行枚数
1,000株以上 回数券方式 6枚
2,000株以上 回数券方式 12枚
3,000株以上 回数券方式 8枚
5,000株以上 回数券方式 30枚
10,000株以上 回数券方式 70枚
15,000株以上 回数券方式 120枚
20,000株以上 回数券方式 160枚
25,000株以上 定期券方式(電車全線)1枚+ 回数券方式 80枚
45,000株以上 定期券方式(電車・バス全線)1枚+ 回数券方式 80枚

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)