検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

東武百貨店商品券の格安販売・購入

東武百貨店商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:東武百貨店商品券
使用場所:全国の東武百貨店
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは東武百貨店商品券の販売ページとなります。
東武百貨店商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

表面の発行元をおそろえすることはできません。予めご了承ください。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【東武商品券の使える店】

・東武百貨店
・東武ストア
・東武トラベル
・日光湯元スキー場
・東武ホープセンター
・ソラマチ
・ルミネ池袋店 など

 

【東武商品券の使い方】

・発行元が株式会社東武宇都宮百貨店となっているものがございますが、通常のものと同じく東武百貨店全店、および東武ストア、東京ソラマチでご利用いただけます。

【Topics1 レジャーで商品券!? 】

東武百貨店は東武鉄道グループ傘下の企業という強みから、 同じく東武鉄道グループ傘下の東京ソラマチや東武ワールドスクウェアで商品券が利用できます。
詳しくは東武ワールドスクエア 商品券のご利用についてをご確認ください

 

【Topics2 東武百貨店とは】

東武百貨店とは、東武鉄道傘下の株式会社東武百貨店および株式会社東武宇都宮百貨店が運営する百貨店。企業理念の『親切一番店』は東武百貨店の登録商標(登録4623262号)である。
前述の2つの法人が存在し、両社ともに東武鉄道の完全子会社である(東武宇都宮百貨店は東武百貨店の子会社ではなく兄弟会社)。だが同じく東武グループの百貨店事業ということで、「東武百貨店」は両社が運営する百貨店の総称として、用いられることが多い。

東武百貨店池袋本店(東京都豊島区西池袋)は、株式会社東武百貨店が1962年に東上線池袋駅に開店したターミナルデパートである。1964年には譲渡を受けた東横百貨店池袋店を別館として開店、1971年には別館も含めた大増改築を施し「ぶらんで〜とTO-B(東武)」としてオープンさせた。その後も増改築を重ねて現在の形となっている。一方、東武百貨店宇都宮店(栃木県宇都宮市宮園町)は、株式会社東武宇都宮百貨店が1959年に東武宇都宮線宇都宮駅に開店したターミナルデパートで、東武百貨店船橋店(千葉県船橋市本町)は、株式会社船橋東武が1977年に東武野田線船橋駅に開店したターミナルデパートである。株式会社船橋東武は1988年に株式会社東武百貨店に合併されている。このほか、東武百貨店の店舗として、株式会社東武宇都宮百貨店が運営する東武百貨店大田原店(栃木県大田原市)・栃木市役所店(旧:栃木店、栃木県栃木市)がある。親会社である東武鉄道株式会社は松屋に7.64%出資しており、2007年度時点では投資ファンドに次ぐ第2位株主で、役員派遣も行っている。
株式会社東武百貨店と株式会社東武宇都宮百貨店の連結売上は2,000億円を超える。

 

【Topics3 営業中店舗】

現在営業中の店舗は、「東武百貨店」として2店舗、「東武宇都宮百貨店」として3店舗(そのうち、栃木市役所店は小型店)である。
「東武百貨店」
池袋本店:東京都豊島区西池袋1-1-25
船橋店:千葉県船橋市本町7-1-1
「東武宇都宮百貨店」
本店:栃木県宇都宮市宮園町5-4
大田原店:栃木県大田原市美原1-3537-2
栃木市役所店:栃木県栃木市万町9-25 栃木市役所1階

 


【関連リンク】
株式会社 東武百貨店 企業サイト
東武百貨店 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

東武 商品券 1,000円

商品コード:000257

東武 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥985

通常価格 :¥1,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:東武百貨店商品券
使用場所:全国の東武百貨店
額  面:500円 1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは東武百貨店商品券の販売ページとなります。
東武百貨店商品券買取ページはこちらから。

購入に際してのご注意

表面の発行元をおそろえすることはできません。予めご了承ください。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【東武商品券の使える店】

・東武百貨店
・東武ストア
・東武トラベル
・日光湯元スキー場
・東武ホープセンター
・ソラマチ
・ルミネ池袋店 など

 

【東武商品券の使い方】

・発行元が株式会社東武宇都宮百貨店となっているものがございますが、通常のものと同じく東武百貨店全店、および東武ストア、東京ソラマチでご利用いただけます。

【Topics1 レジャーで商品券!? 】

東武百貨店は東武鉄道グループ傘下の企業という強みから、 同じく東武鉄道グループ傘下の東京ソラマチや東武ワールドスクウェアで商品券が利用できます。
詳しくは東武ワールドスクエア 商品券のご利用についてをご確認ください

 

【Topics2 東武百貨店とは】

東武百貨店とは、東武鉄道傘下の株式会社東武百貨店および株式会社東武宇都宮百貨店が運営する百貨店。企業理念の『親切一番店』は東武百貨店の登録商標(登録4623262号)である。
前述の2つの法人が存在し、両社ともに東武鉄道の完全子会社である(東武宇都宮百貨店は東武百貨店の子会社ではなく兄弟会社)。だが同じく東武グループの百貨店事業ということで、「東武百貨店」は両社が運営する百貨店の総称として、用いられることが多い。

東武百貨店池袋本店(東京都豊島区西池袋)は、株式会社東武百貨店が1962年に東上線池袋駅に開店したターミナルデパートである。1964年には譲渡を受けた東横百貨店池袋店を別館として開店、1971年には別館も含めた大増改築を施し「ぶらんで〜とTO-B(東武)」としてオープンさせた。その後も増改築を重ねて現在の形となっている。一方、東武百貨店宇都宮店(栃木県宇都宮市宮園町)は、株式会社東武宇都宮百貨店が1959年に東武宇都宮線宇都宮駅に開店したターミナルデパートで、東武百貨店船橋店(千葉県船橋市本町)は、株式会社船橋東武が1977年に東武野田線船橋駅に開店したターミナルデパートである。株式会社船橋東武は1988年に株式会社東武百貨店に合併されている。このほか、東武百貨店の店舗として、株式会社東武宇都宮百貨店が運営する東武百貨店大田原店(栃木県大田原市)・栃木市役所店(旧:栃木店、栃木県栃木市)がある。親会社である東武鉄道株式会社は松屋に7.64%出資しており、2007年度時点では投資ファンドに次ぐ第2位株主で、役員派遣も行っている。
株式会社東武百貨店と株式会社東武宇都宮百貨店の連結売上は2,000億円を超える。

 

【Topics3 営業中店舗】

現在営業中の店舗は、「東武百貨店」として2店舗、「東武宇都宮百貨店」として3店舗(そのうち、栃木市役所店は小型店)である。
「東武百貨店」
池袋本店:東京都豊島区西池袋1-1-25
船橋店:千葉県船橋市本町7-1-1
「東武宇都宮百貨店」
本店:栃木県宇都宮市宮園町5-4
大田原店:栃木県大田原市美原1-3537-2
栃木市役所店:栃木県栃木市万町9-25 栃木市役所1階

 


【関連リンク】
株式会社 東武百貨店 企業サイト
東武百貨店 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)