検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

高島屋商品券の格安販売・購入

高島屋商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:高島屋商品券
使用場所:全国の高島屋各店舗
額  面:1,000/3,000/5,000/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは高島屋商品券の販売ページとなります。
高島屋商品券買取ページはこちらから。

高島屋ギフトカード(カードタイプ買取ページはこちらから。

 

【高島屋商品券の使える店】

・全国の高島屋、玉屋、京王百貨店にてご利用いただけます。
ご利用可能店舗はこちらをご確認ください。
高島屋店舗一覧

 

【高島屋商品券の使い方】

・商品券、印紙などご利用いただけない商品があります。ご利用の際は売り場にてご確認ください。
・高島屋オンラインストアの代金引換決済にご利用いただけます。この場合はおつりが出ませんのでご注意ください。

 

【発行関連情報】

・現行の商品券には、偽造防止のためホログラムが印刷されております。
・20,000円綴/30,000円綴/50,000円綴/100,000円綴も発行されております。

【Topics1 高島屋概要】

株式会社髙島屋は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く老舗百貨店。難波にある大阪店は同社の登記上の本店である。日経平均株価の構成銘柄の一つ。
日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴでは「高」の字にいわゆる「はしご高(髙)」の字体を用いている。
1831年(天保2年)、京都で飯田新七が古着・木綿商を開き、義父の飯田儀兵衛の出身地である近江国高島郡(現・滋賀県高島市)から髙島屋と名付けた。
明治期の半ばから貿易業に参入する。1919年には株式会社髙島屋呉服店として、当時の目抜き通りであった大阪市堺筋の長堀橋に長堀店を構える。大阪市によって御堂筋が大阪のメインストリートとして整備されるのに合わせ、1932年には南海難波駅の駅ビルである南海ビルディングのメインテナント(ターミナルデパート)として南海店を開店した(のちに長堀店を閉店し、南海店に統合して大阪店に改称)。翌1933年には東京・日本橋に日本橋店を開店した。
第二次世界大戦終戦後は、相模鉄道(相鉄)と合弁し、横浜駅西口再開発事業により建設された駅ビル・相鉄ジョイナスのキーテナントとして、1959年に横浜髙島屋を開店。1969年には二子玉川駅西口に専門店と大型駐車場併設の玉川髙島屋S・Cを開業しており、これは日本初の郊外型ショッピングセンターとして知られる。JR東海(東海旅客鉄道)や高島屋などが出資して、2000年にJRセントラルタワーズ(名古屋駅ビル)の核テナントとしてジェイアール名古屋タカシマヤが開業した。
シンボルとしてバラの花を採用しており、「バラの包みの髙島屋」として包装紙や紙袋などに用いている。
2019年度において、大阪店、日本橋店、横浜店、ジェイアール名古屋タカシマヤの売上高は1,000億円を超える。1,000億円超えの店舗数では大手百貨店グループの中でもっとも多く、大型店が多いのが特徴である。ジェイアール名古屋タカシマヤは2000年開店と比較的新しい店舗ではあるが、巨大ターミナル駅の名古屋駅直結という高い利便性から、栄の松坂屋を抜いて名古屋の地域一番店としての地位を獲得。現在では全国の百貨店の店舗別売上高において第4位にまで成長し、直営店ではないものの髙島屋の店舗の中でもっとも売上高が大きい。大阪に本店を置き、関西を地盤とする大手百貨店であるが、大阪店以外にも首都圏では日本橋店や横浜店、中京圏ではジェイアール名古屋タカシマヤなど高い売上高を誇る店舗を全国に複数持つため、関西に留まらず全国的に高い知名度を誇る。
近年は、中国の大手旅行会社と提携して大阪店を中心にインバウンド需要を取り込んだり、近年百貨店業界で主流になりつつある百貨店内におけるショッピングセンター化を行ったりするなど、従来の百貨店のあり方を見直している。
同社は、関係の深い地方百貨店と提携しているハイランドグループという百貨店共同体の中核企業である。ただし、グループ各社との間では、業務提携関係は有するものの、資本関係を持つものではない。なお、髙島屋自身は、三水会・みどり会(三和グループ)の会員企業だが、ハイランドグループ自体は、三和グループとは別である。
百貨店業界において、J.フロントリテイリング(大丸・松坂屋)や三越伊勢丹ホールディングス、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)の発足といった再編が進む中、同社は、独立系百貨店である。2008年10月に、関西を基盤とする電鉄系百貨店の阪急阪神百貨店(阪急百貨店・阪神百貨店)を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリングとの間で資本・業務提携をした。その際、2011年4月を目処に経営統合まで行う予定であったが、2010年3月25日に、経営統合を撤回して業務提携にとどめることを正式発表した。
大手百貨店グループの中では三越伊勢丹ホールディングス(1兆2,872億円)、J.フロント リテイリング(1兆1,635億円)に次ぐ日本3位の売上げを誇り、独立系百貨店としては最大である。

 


【関連リンク】
高島屋グループ 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

高島屋 商品券 1,000円

商品コード:000089

高島屋 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥985

通常価格 :¥1,000

高島屋 商品券 5,000円

商品コード:000091

高島屋 商品券 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,925

通常価格 :¥5,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

高島屋 商品券 10,000円

商品コード:000092

高島屋 商品券 10,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥9,920

通常価格 :¥10,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

高島屋 内渡し票 3,000円

商品コード:000100

高島屋 内渡し票 3,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥2,952

通常価格 :¥3,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:高島屋商品券
使用場所:全国の高島屋各店舗
額  面:1,000/3,000/5,000/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは高島屋商品券の販売ページとなります。
高島屋商品券買取ページはこちらから。

高島屋ギフトカード(カードタイプ買取ページはこちらから。

 

【高島屋商品券の使える店】

・全国の高島屋、玉屋、京王百貨店にてご利用いただけます。
ご利用可能店舗はこちらをご確認ください。
高島屋店舗一覧

 

【高島屋商品券の使い方】

・商品券、印紙などご利用いただけない商品があります。ご利用の際は売り場にてご確認ください。
・高島屋オンラインストアの代金引換決済にご利用いただけます。この場合はおつりが出ませんのでご注意ください。

 

【発行関連情報】

・現行の商品券には、偽造防止のためホログラムが印刷されております。
・20,000円綴/30,000円綴/50,000円綴/100,000円綴も発行されております。

【Topics1 高島屋概要】

株式会社髙島屋は、大阪府大阪市中央区難波に本社を置く老舗百貨店。難波にある大阪店は同社の登記上の本店である。日経平均株価の構成銘柄の一つ。
日本百貨店協会に加盟しており、ハイランドグループを主宰している。ロゴでは「高」の字にいわゆる「はしご高(髙)」の字体を用いている。
1831年(天保2年)、京都で飯田新七が古着・木綿商を開き、義父の飯田儀兵衛の出身地である近江国高島郡(現・滋賀県高島市)から髙島屋と名付けた。
明治期の半ばから貿易業に参入する。1919年には株式会社髙島屋呉服店として、当時の目抜き通りであった大阪市堺筋の長堀橋に長堀店を構える。大阪市によって御堂筋が大阪のメインストリートとして整備されるのに合わせ、1932年には南海難波駅の駅ビルである南海ビルディングのメインテナント(ターミナルデパート)として南海店を開店した(のちに長堀店を閉店し、南海店に統合して大阪店に改称)。翌1933年には東京・日本橋に日本橋店を開店した。
第二次世界大戦終戦後は、相模鉄道(相鉄)と合弁し、横浜駅西口再開発事業により建設された駅ビル・相鉄ジョイナスのキーテナントとして、1959年に横浜髙島屋を開店。1969年には二子玉川駅西口に専門店と大型駐車場併設の玉川髙島屋S・Cを開業しており、これは日本初の郊外型ショッピングセンターとして知られる。JR東海(東海旅客鉄道)や高島屋などが出資して、2000年にJRセントラルタワーズ(名古屋駅ビル)の核テナントとしてジェイアール名古屋タカシマヤが開業した。
シンボルとしてバラの花を採用しており、「バラの包みの髙島屋」として包装紙や紙袋などに用いている。
2019年度において、大阪店、日本橋店、横浜店、ジェイアール名古屋タカシマヤの売上高は1,000億円を超える。1,000億円超えの店舗数では大手百貨店グループの中でもっとも多く、大型店が多いのが特徴である。ジェイアール名古屋タカシマヤは2000年開店と比較的新しい店舗ではあるが、巨大ターミナル駅の名古屋駅直結という高い利便性から、栄の松坂屋を抜いて名古屋の地域一番店としての地位を獲得。現在では全国の百貨店の店舗別売上高において第4位にまで成長し、直営店ではないものの髙島屋の店舗の中でもっとも売上高が大きい。大阪に本店を置き、関西を地盤とする大手百貨店であるが、大阪店以外にも首都圏では日本橋店や横浜店、中京圏ではジェイアール名古屋タカシマヤなど高い売上高を誇る店舗を全国に複数持つため、関西に留まらず全国的に高い知名度を誇る。
近年は、中国の大手旅行会社と提携して大阪店を中心にインバウンド需要を取り込んだり、近年百貨店業界で主流になりつつある百貨店内におけるショッピングセンター化を行ったりするなど、従来の百貨店のあり方を見直している。
同社は、関係の深い地方百貨店と提携しているハイランドグループという百貨店共同体の中核企業である。ただし、グループ各社との間では、業務提携関係は有するものの、資本関係を持つものではない。なお、髙島屋自身は、三水会・みどり会(三和グループ)の会員企業だが、ハイランドグループ自体は、三和グループとは別である。
百貨店業界において、J.フロントリテイリング(大丸・松坂屋)や三越伊勢丹ホールディングス、エイチ・ツー・オー リテイリング(阪急阪神百貨店)の発足といった再編が進む中、同社は、独立系百貨店である。2008年10月に、関西を基盤とする電鉄系百貨店の阪急阪神百貨店(阪急百貨店・阪神百貨店)を傘下に持つエイチ・ツー・オー リテイリングとの間で資本・業務提携をした。その際、2011年4月を目処に経営統合まで行う予定であったが、2010年3月25日に、経営統合を撤回して業務提携にとどめることを正式発表した。
大手百貨店グループの中では三越伊勢丹ホールディングス(1兆2,872億円)、J.フロント リテイリング(1兆1,635億円)に次ぐ日本3位の売上げを誇り、独立系百貨店としては最大である。

 


【関連リンク】
高島屋グループ 企業サイト



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケットを高価買取・換金します~

金券買取(換金)

金券販売(購入)