検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

名鉄百貨店商品券の格安販売・購入

名鉄百貨店商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:名鉄百貨店商品券
使用場所:全国の名鉄百貨店各店舗など
額  面:1,000円/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは名鉄百貨店商品券の販売ページとなります。
名鉄百貨店商品券買取ページはこちらから。

【名鉄百貨店商品券の使える店】

●ショッピング
名鉄百貨店本店・一宮店、メルサ(各店)、名鉄レジャック、ロフト名古屋、岐阜ロフト、名駅ロフト、栄ロフト ほか
●旅行・観光バス
名鉄名古屋駅サービスセンター、名鉄観光サービス、豊鉄観光サービス、名鉄観光バス、岐阜乗合自動車、名鉄知多バス旅行、濃飛乗合自動車、北陸鉄道観光バスセンター ほか
●レストラン
名鉄菜館、アルプス街道平湯、名鉄レジャック、焼肉きんぐ瀬戸店、焼肉きんぐ東海名和店、岐阜商工会議所 レストランオリビエ
●ホテル
ホテル千畳敷、ホテル穂高、岐阜グランドホテル、名鉄トヨタホテル、名鉄小牧ホテル、名鉄グランドホテル、セントレアホテル、名鉄イン、ホテルミュッセ名鉄、ホテルミュースタイル犬山エクスペリエンス
●交通
名古屋鉄道、名鉄バス、北陸鉄道、豊橋鉄道、東濃鉄道、宮城交通、岐阜乗合自動車 岐阜バスターミナル、濃飛乗合自動車、知多乗合、北恵那交通、小松バス、名鉄交通、愛電交通、名鉄名古屋タクシー、名鉄知多タクシー、名鉄東部交通、名鉄岡崎タクシー、豊鉄タクシー、名鉄西部交通、名鉄四日市タクシー ほか
●レジャー
博物館明治村、リトルワールド、日本モンキーパーク、南知多ビーチランド&おもちゃ王国、太平洋フェリー ほか
●スポーツ
名鉄スイミングスクール、テニスラウンジ知立、中央アルプス千畳敷スキー場、犬山カンツリー倶楽部
●自動車整備
名鉄自動車整備、トヨテツオートサービスほか
●自動車学校
名鉄自動車学校、名鉄自動車専門学校、宮交自動車学校、北鉄自動車学校

【Topics1 名鉄百貨店概要】

株式会社名鉄百貨店は、日本の百貨店である。名鉄グループの企業として、1954年(昭和29年)12月に開業した。登記上の設立は1952年(昭和27年)12月17日。
名古屋市中村区名駅の本店(名鉄名古屋駅の直上)の他に、愛知県一宮市の名鉄一宮駅隣接地に一宮店がある。
1936年8月に現在のJR(当時の国鉄)名古屋駅を建設した際に駅と駅前広場を作った残り約3万坪の土地が余剰となったため、1937年2月に阪急グループ(大阪)の小林一三よりターミナルデパートの経営戦略の指導を受けて同年3月には建築申請を愛知県知事に行い、翌年1938年1月 - 百貨店法に基く百貨店の出店申請を名古屋鉄道(名鉄)が行ったが実現せず、百貨店の開業は太平洋戦争後に持ち越されることとなった。
戦後に名鉄が駅ビルに百貨店を開業するにあたっては、名古屋・栄の老舗百貨店松坂屋と話合いを持ち出店する方向で進んでいたが、これが暗礁に乗り上げたため、戦前に指導を受けた小林一三が創業した電鉄系百貨店の老舗阪急百貨店の支援を受けて創業した。その関連から名鉄東宝(閉館)や名鉄ホール等の阪急電鉄文化の名残が残る。
2000年以降、ジェイアール名古屋タカシマヤ(JRセントラルタワーズ)との競争激化に伴う経営悪化への対応として、名古屋鉄道による完全子会社化と、伊勢丹(東京)による支援・業務提携を受けた。それに伴い、提携クレジットカードについても、セントラルファイナンス(現・セディナ)やクレディセゾンとの提携カードから、伊勢丹アイカード(現・エムアイカード)との提携による、「名鉄百貨店アイカード」に変更され、店内にATMが設置された。しかしその後、三越伊勢丹ホールディングス発足と大名古屋ビルヂング内への伊勢丹出店に伴い、伊勢丹との業務提携を縮小したため、取り扱いは終了となりアイカードATMも撤去された。その後は三菱UFJニコスと名鉄の提携カード「MEITETSU μ's Card(名鉄ミューズカード)」の会員に対し、名鉄百貨店でも優待やミュースターポイント加算を実施している。
2009年頃までCBCラジオの朝ワイドで、「ターミナルサロン」というタイトルで本百貨店の買い物情報コーナー枠を、名古屋鉄道との共同提供で設けていた。コーナー冒頭では2000年頃までパノラマカーのミュージックホーンが流れていた。コーナーBGMはパーシー・フェイス・オーケストラ「IN LOVE(恋をして)」。
なお、1962年に名鉄と資本提携を行って名鉄グループ入りし、関連会社となった旧金沢名鉄丸越百貨店が石川県金沢市に百貨店の「めいてつ・エムザ」を運営していたが、2021年3月31日に金沢名鉄丸越百貨店の全株式が名鉄からヒーローへ譲渡されて名鉄グループから離脱したことで関連会社ではなくなり、翌4月1日に社名が金沢丸越百貨店、店舗名が「金沢エムザ」にそれぞれ改称された。

 


【関連リンク】
株式会社 名鉄百貨店 企業サイト
名鉄百貨店 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

名鉄 商品券 500円

商品コード:000301

名鉄 商品券 500円

お気に入りに追加

販売価格 :¥485

通常価格 :¥500

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

名鉄 商品券 1,000円

商品コード:000302

名鉄 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥970

通常価格 :¥1,000

名鉄 商品券 5,000円

商品コード:000304

名鉄 商品券 5,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥4,850

通常価格 :¥5,000

申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

商品情報

正式名称:名鉄百貨店商品券
使用場所:全国の名鉄百貨店各店舗など
額  面:1,000円/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

こちらは名鉄百貨店商品券の販売ページとなります。
名鉄百貨店商品券買取ページはこちらから。

【名鉄百貨店商品券の使える店】

●ショッピング
名鉄百貨店本店・一宮店、メルサ(各店)、名鉄レジャック、ロフト名古屋、岐阜ロフト、名駅ロフト、栄ロフト ほか
●旅行・観光バス
名鉄名古屋駅サービスセンター、名鉄観光サービス、豊鉄観光サービス、名鉄観光バス、岐阜乗合自動車、名鉄知多バス旅行、濃飛乗合自動車、北陸鉄道観光バスセンター ほか
●レストラン
名鉄菜館、アルプス街道平湯、名鉄レジャック、焼肉きんぐ瀬戸店、焼肉きんぐ東海名和店、岐阜商工会議所 レストランオリビエ
●ホテル
ホテル千畳敷、ホテル穂高、岐阜グランドホテル、名鉄トヨタホテル、名鉄小牧ホテル、名鉄グランドホテル、セントレアホテル、名鉄イン、ホテルミュッセ名鉄、ホテルミュースタイル犬山エクスペリエンス
●交通
名古屋鉄道、名鉄バス、北陸鉄道、豊橋鉄道、東濃鉄道、宮城交通、岐阜乗合自動車 岐阜バスターミナル、濃飛乗合自動車、知多乗合、北恵那交通、小松バス、名鉄交通、愛電交通、名鉄名古屋タクシー、名鉄知多タクシー、名鉄東部交通、名鉄岡崎タクシー、豊鉄タクシー、名鉄西部交通、名鉄四日市タクシー ほか
●レジャー
博物館明治村、リトルワールド、日本モンキーパーク、南知多ビーチランド&おもちゃ王国、太平洋フェリー ほか
●スポーツ
名鉄スイミングスクール、テニスラウンジ知立、中央アルプス千畳敷スキー場、犬山カンツリー倶楽部
●自動車整備
名鉄自動車整備、トヨテツオートサービスほか
●自動車学校
名鉄自動車学校、名鉄自動車専門学校、宮交自動車学校、北鉄自動車学校

【Topics1 名鉄百貨店概要】

株式会社名鉄百貨店は、日本の百貨店である。名鉄グループの企業として、1954年(昭和29年)12月に開業した。登記上の設立は1952年(昭和27年)12月17日。
名古屋市中村区名駅の本店(名鉄名古屋駅の直上)の他に、愛知県一宮市の名鉄一宮駅隣接地に一宮店がある。
1936年8月に現在のJR(当時の国鉄)名古屋駅を建設した際に駅と駅前広場を作った残り約3万坪の土地が余剰となったため、1937年2月に阪急グループ(大阪)の小林一三よりターミナルデパートの経営戦略の指導を受けて同年3月には建築申請を愛知県知事に行い、翌年1938年1月 - 百貨店法に基く百貨店の出店申請を名古屋鉄道(名鉄)が行ったが実現せず、百貨店の開業は太平洋戦争後に持ち越されることとなった。
戦後に名鉄が駅ビルに百貨店を開業するにあたっては、名古屋・栄の老舗百貨店松坂屋と話合いを持ち出店する方向で進んでいたが、これが暗礁に乗り上げたため、戦前に指導を受けた小林一三が創業した電鉄系百貨店の老舗阪急百貨店の支援を受けて創業した。その関連から名鉄東宝(閉館)や名鉄ホール等の阪急電鉄文化の名残が残る。
2000年以降、ジェイアール名古屋タカシマヤ(JRセントラルタワーズ)との競争激化に伴う経営悪化への対応として、名古屋鉄道による完全子会社化と、伊勢丹(東京)による支援・業務提携を受けた。それに伴い、提携クレジットカードについても、セントラルファイナンス(現・セディナ)やクレディセゾンとの提携カードから、伊勢丹アイカード(現・エムアイカード)との提携による、「名鉄百貨店アイカード」に変更され、店内にATMが設置された。しかしその後、三越伊勢丹ホールディングス発足と大名古屋ビルヂング内への伊勢丹出店に伴い、伊勢丹との業務提携を縮小したため、取り扱いは終了となりアイカードATMも撤去された。その後は三菱UFJニコスと名鉄の提携カード「MEITETSU μ's Card(名鉄ミューズカード)」の会員に対し、名鉄百貨店でも優待やミュースターポイント加算を実施している。
2009年頃までCBCラジオの朝ワイドで、「ターミナルサロン」というタイトルで本百貨店の買い物情報コーナー枠を、名古屋鉄道との共同提供で設けていた。コーナー冒頭では2000年頃までパノラマカーのミュージックホーンが流れていた。コーナーBGMはパーシー・フェイス・オーケストラ「IN LOVE(恋をして)」。
なお、1962年に名鉄と資本提携を行って名鉄グループ入りし、関連会社となった旧金沢名鉄丸越百貨店が石川県金沢市に百貨店の「めいてつ・エムザ」を運営していたが、2021年3月31日に金沢名鉄丸越百貨店の全株式が名鉄からヒーローへ譲渡されて名鉄グループから離脱したことで関連会社ではなくなり、翌4月1日に社名が金沢丸越百貨店、店舗名が「金沢エムザ」にそれぞれ改称された。

 


【関連リンク】
株式会社 名鉄百貨店 企業サイト
名鉄百貨店 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)