検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 )の格安販売、購入

東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 )の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:都内共通入浴券
使用場所:東京都公衆浴場業生活衛生同業組合に加盟する公衆浴場
有効期限:あります
通常料金:470円

こちらは東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 ) の販売ページとなります。
東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 ) 買取ページはこちらから。

【利用関連情報】

受付にてチケットを提示します。東京都内の各銭湯で使用することができます。
現在東京都内には600以上、23区内だけでも500店舗以上の銭湯があります。都内共通入浴券は、これらの全ての銭湯で使用できます。ただし、スーパー銭湯、日帰り温泉施設などでは使用できませんので、ご注意ください。
使用できるのは、あくまで銭湯の入浴料のみとなります。使用する際は、あらかじめ銭湯の方に都内共通入浴券を使用できるかどうかお確かめください。

【Topics 銭湯の歴史】

<古代>
日本に仏教伝来した時、僧侶達が身を清めるため、寺院に「浴堂」が設置された。病を退けて福を招来するものとして入浴が奨励され、貧しい人々や病人・囚人らを対象としての施浴も積極的に行うようになった。

<中世>
鎌倉時代になると一般人にも無料で開放する寺社が現れて、やがて荘園制度が崩壊すると入浴料を取るようになった。これが銭湯の始まりと言われている。『日蓮御書録』によれば、1266年(文永3年)、四条金吾(四条頼基)にあてた書に「御弟どもには常に不便のよし有べし。常に湯銭、草履の値なんど心あるべし」とあることから、詳細は不明ながら、この頃には既に入浴料を支払う形の銭湯が存在したと考えられている。
室町時代、京都の街中では入浴を営業とする銭湯が増えていった。

<近世>
『女湯』 大判錦絵2枚続 鳥居清長画 天明後期 ボストン美術館蔵。銭湯を詳細に描いた浮世絵としては、最も早い時期の作品。

石榴口つき銭湯(破風)
江戸における最初の銭湯は、徳川家康が江戸城に入って間もない1591年(天正19年)、江戸城内の銭瓶橋(現在の大手町付近に存在した橋)の近くに伊勢与一が開業した。当時の銭湯は蒸気浴(蒸し風呂)の形式であった。

江戸ではその後、浴室のなかにある小さめの湯船に膝より下を浸し、上半身は蒸気を浴びるために戸で閉め切るという、湯浴と蒸気浴の中間のような入浴法で入る戸棚風呂が登場した(江戸時代初期)。さらにその後、湯船の手前に石榴口(ざくろぐち)という入り口が設けられた風呂が登場した。細工を施した石榴口によって中は湯気がもうもうと立ちこめ、暗く、湯の清濁さえ分からないようにして入浴するというものであった。後に、客が一度使った湯を再び浴槽に入れるという構造になり、『湯屋漫歳暦』には「文政(年間)の末に流し板の間より汲溢(くみこぼ)れを取ることはじまる」との記述がある。こうして段々と薬草を炊いて蒸気を浴びる蒸し風呂から、次第に湯に浸かる湯浴みスタイルへと変化していった。

1791年(寛政3年)に「男女入込禁止令」や後の天保の改革によって混浴が禁止されたが、必ずしも守られなかった。江戸においては隔日もしくは時間を区切って男女を分ける試みは行われた。

当時は内風呂を持てるのは大身の武家屋敷に限られ、火事の多かった江戸の防災の点から庶民の家で内風呂を持つことは基本的に禁止されていた。
19世紀初期の文化年間(1804~1818年)には、人口約100万~120万人の江戸全体で600軒以上の銭湯があったという。

なお、江戸、大坂、伏見などには水辺に居住する人々や水上生活者などが料金を払って利用する船内に浴槽を設けた湯舟(湯船)があった。

<近代>
1877年(明治10年)頃、東京神田区連雀町の鶴沢紋左衛門が考案した「改良風呂」と呼ばれる、石榴(ざくろ)口を取り払って、天井が高く、湯気抜きの窓を設けた、広く開放的な風呂が評判になって、現代的な銭湯の構造が確立した。

政府は1879年(明治12年)に石榴風呂式浴場を禁止して、旧来型の銭湯は姿を消していった。外国への配慮から混浴は禁止となったが、銭湯そのものは都市化の進展や近代の衛生観念の向上とともに隆盛を極めた[。

大正時代になると、銭湯はさらに近代化し、板張りの洗い場や木造の浴槽は姿を消し、陶器のタイル敷きの浴室が好まれた。昭和時代になると、水道式の蛇口が取り付けられるようになった。

1937年10月10日、東京で朝湯が廃止された。

<現代>
全国の銭湯で見かけるケロリン桶
太平洋戦争後、本格的に都市人口が増大すると、至るところで銭湯が建築された。1965年(昭和40年)頃には全国で約2万2000軒を数えるようになった。

東京都入浴券はサウナも利用できますか?

東京都共通入浴券に含まれるのは入浴料のみになります。
サウナが別料金の施設は、別途サウナ料を支払う必要があります。


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

東京都入浴券 (都内共通入浴券)

商品コード:050191

東京都入浴券 (都内共通入浴券)

お気に入りに追加

販売価格 :¥455

商品情報

正式名称:都内共通入浴券
使用場所:東京都公衆浴場業生活衛生同業組合に加盟する公衆浴場
有効期限:あります
通常料金:470円

こちらは東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 ) の販売ページとなります。
東京都入浴券 ( 都内共通入浴券 ) 買取ページはこちらから。

【利用関連情報】

受付にてチケットを提示します。東京都内の各銭湯で使用することができます。
現在東京都内には600以上、23区内だけでも500店舗以上の銭湯があります。都内共通入浴券は、これらの全ての銭湯で使用できます。ただし、スーパー銭湯、日帰り温泉施設などでは使用できませんので、ご注意ください。
使用できるのは、あくまで銭湯の入浴料のみとなります。使用する際は、あらかじめ銭湯の方に都内共通入浴券を使用できるかどうかお確かめください。

【Topics 銭湯の歴史】

<古代>
日本に仏教伝来した時、僧侶達が身を清めるため、寺院に「浴堂」が設置された。病を退けて福を招来するものとして入浴が奨励され、貧しい人々や病人・囚人らを対象としての施浴も積極的に行うようになった。

<中世>
鎌倉時代になると一般人にも無料で開放する寺社が現れて、やがて荘園制度が崩壊すると入浴料を取るようになった。これが銭湯の始まりと言われている。『日蓮御書録』によれば、1266年(文永3年)、四条金吾(四条頼基)にあてた書に「御弟どもには常に不便のよし有べし。常に湯銭、草履の値なんど心あるべし」とあることから、詳細は不明ながら、この頃には既に入浴料を支払う形の銭湯が存在したと考えられている。
室町時代、京都の街中では入浴を営業とする銭湯が増えていった。

<近世>
『女湯』 大判錦絵2枚続 鳥居清長画 天明後期 ボストン美術館蔵。銭湯を詳細に描いた浮世絵としては、最も早い時期の作品。

石榴口つき銭湯(破風)
江戸における最初の銭湯は、徳川家康が江戸城に入って間もない1591年(天正19年)、江戸城内の銭瓶橋(現在の大手町付近に存在した橋)の近くに伊勢与一が開業した。当時の銭湯は蒸気浴(蒸し風呂)の形式であった。

江戸ではその後、浴室のなかにある小さめの湯船に膝より下を浸し、上半身は蒸気を浴びるために戸で閉め切るという、湯浴と蒸気浴の中間のような入浴法で入る戸棚風呂が登場した(江戸時代初期)。さらにその後、湯船の手前に石榴口(ざくろぐち)という入り口が設けられた風呂が登場した。細工を施した石榴口によって中は湯気がもうもうと立ちこめ、暗く、湯の清濁さえ分からないようにして入浴するというものであった。後に、客が一度使った湯を再び浴槽に入れるという構造になり、『湯屋漫歳暦』には「文政(年間)の末に流し板の間より汲溢(くみこぼ)れを取ることはじまる」との記述がある。こうして段々と薬草を炊いて蒸気を浴びる蒸し風呂から、次第に湯に浸かる湯浴みスタイルへと変化していった。

1791年(寛政3年)に「男女入込禁止令」や後の天保の改革によって混浴が禁止されたが、必ずしも守られなかった。江戸においては隔日もしくは時間を区切って男女を分ける試みは行われた。

当時は内風呂を持てるのは大身の武家屋敷に限られ、火事の多かった江戸の防災の点から庶民の家で内風呂を持つことは基本的に禁止されていた。
19世紀初期の文化年間(1804~1818年)には、人口約100万~120万人の江戸全体で600軒以上の銭湯があったという。

なお、江戸、大坂、伏見などには水辺に居住する人々や水上生活者などが料金を払って利用する船内に浴槽を設けた湯舟(湯船)があった。

<近代>
1877年(明治10年)頃、東京神田区連雀町の鶴沢紋左衛門が考案した「改良風呂」と呼ばれる、石榴(ざくろ)口を取り払って、天井が高く、湯気抜きの窓を設けた、広く開放的な風呂が評判になって、現代的な銭湯の構造が確立した。

政府は1879年(明治12年)に石榴風呂式浴場を禁止して、旧来型の銭湯は姿を消していった。外国への配慮から混浴は禁止となったが、銭湯そのものは都市化の進展や近代の衛生観念の向上とともに隆盛を極めた[。

大正時代になると、銭湯はさらに近代化し、板張りの洗い場や木造の浴槽は姿を消し、陶器のタイル敷きの浴室が好まれた。昭和時代になると、水道式の蛇口が取り付けられるようになった。

1937年10月10日、東京で朝湯が廃止された。

<現代>
全国の銭湯で見かけるケロリン桶
太平洋戦争後、本格的に都市人口が増大すると、至るところで銭湯が建築された。1965年(昭和40年)頃には全国で約2万2000軒を数えるようになった。

東京都入浴券はサウナも利用できますか?

東京都共通入浴券に含まれるのは入浴料のみになります。
サウナが別料金の施設は、別途サウナ料を支払う必要があります。




おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケットを高価買取・換金します~

金券買取(換金)

金券販売(購入)