検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

松屋銀座商品券の高価買取・換金

松屋銀座商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:松屋銀座商品券
額  面:500円/1,000円/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

 

こちらは松屋銀座商品券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【松屋銀座商品券の使える店】

ご利用可能店舗
・松屋銀座店
・松屋浅草店

【Topics1 株式会社松屋概要】

株式会社松屋は、東京都中央区銀座三丁目に本店、台東区花川戸一丁目に浅草店を置く百貨店。
銀座の本店は、銀座地区の百貨店において人気・売上ともに銀座三越と首位の座を争う間柄である。1869年に横浜で創業された呉服店、「鶴屋」の流れを汲む百貨店。創業以降、拡大路線をひた走るが、1970年代のオイルショックを境に経営難に陥り、銀座店と浅草店の2店舗体制になる。経営再建には東武百貨店と伊勢丹が関わった。仕入れ関係は、松屋と伊勢丹主導で結成した全日本デパートメントストアーズ開発機構(ADO)に加盟し現在に至る。
高級ブランド、ラグジュアリーファッションやアクセサリー、豪華な内・外装で女性からの支持率が高く、銀座を代表する百貨店である。


【Topics2 株式会社松屋店舗】

「銀座本店」
1925年(大正14年)5月1日に開店。翌年に本店となり、今に続く。地下1階、地上8階の豪華な建造物であったが、太平洋戦争終結後は、連合軍のPXとして接収されていた。昭和20年代後半に接収が解除された後は、改装により豪華絢爛であった内外装は廃された。
開店当初は贅を尽くした内装で耳目を集め、圧巻は正面玄関入ってすぐの中央ホールであった。天井のステンドグラスはローザリーの華やかなもので、ホールの内側の柱はモザイク模様を取り付け、1階のホールの四方はサラセン風の漆喰模様で飾られていた。7階のホール周りはサラセン風の柱廊となっていた。現在エスカレータ脇の鉄板が張られている吹き抜けは、当時、地上7階まで吹き抜けであった中央ホールの名残でありファッションショーも開催されていた。1964年(昭和39年)、東京オリンピックの開催に合わせて大改装を行い、現在の形となる。2006年(平成18年)には更なる改装を加え、LED照明を使用した現在の外装は4代目となる。度重なる改装により、建築当時の面影は皆無に等しいがビルの裏手へ回ると幾つかの窓が見受けられる。竣工当時のエレベーターはオーチス製。当初は客用正面に6台、ホール周りに2台、他に社員用、荷物用、料理用などがあったが、客用は後の店舗改装時に撤去され、三菱製に変更された。さらに1987年に現在の形に更新され、2015年7月現在、1987年更新のエレベーターを再更新している。2015年時点でも業務用の一部はオーチス製が現存しており裏の通用口からは自動化改造されながらも木扉のオーチス製のエレベーターが確認できたが、2014年にこちらもオーチスによって更新され、かつての跡はほとんど残っていない。
店舗面積32,182㎡


「浅草店」
1931年11月1日、東武鉄道浅草雷門駅(現:浅草駅)開業に際して、駅ビルテナントとして「松屋浅草支店」の名で開店した。建物は久野節の設計による昭和初期を代表するアール・デコ調の建造物で、駅と店舗が一体化した構造であった。開店と同時に7階と屋上には「スポーツランド」もオープンした。これは遠藤嘉一の創案の自動機械を並べた施設で、今日のゲームセンターの嚆矢というべきものであった。屋上には遊園地、ペットショップがあった。後に改装されることになるが、外壁が外装材で覆われて以降の松屋屋上にあった店の広告塔は、建築当時の塔屋の名残りであった。また、浅草支店出店の経緯から東武鉄道が松屋に出資していることもあり、駅のホームや階段などにも建築当時の面影を見つけることができる。
1974年、改装されて外壁は白い外装材で覆われたが、北面の壁は覆われずに建築当時そのままの姿が残された。
2010年、長引く消費低迷のため同年5月31日をもって浅草支店の営業を大幅に絞り込んだ。地上7階から地下1階(2階は東武浅草駅)のうち4階以上の営業を取りやめ、同時に店舗名を「松屋浅草店」に改めた。同時に日本最古の屋上遊園地である「プレイランド」も閉鎖された。
2012年9月27日、東武鉄道は当店の4階から屋上までを「浅草EKIMISE(エキミセ)」として同年11月21日にオープンすると発表し、松屋浅草店はEKIMISE内のテナントの扱いとなった。このとき同年の東京スカイツリー開業に合わせて外装材を撤去、外壁を修復して1931年開店当時のアール・デコ調の外観を復活させた。
かつては本店と同じ放送チャイムを使用していたが、EKIMISE開業時の放送設備一新により汎用チャイムに変更された。
店舗面積19,106㎡⇒7,404㎡。

 


【関連リンク】
株式会社松屋 企業サイト
松屋銀座 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

松屋銀座 商品券 500円

商品コード:000500

松屋銀座 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥425

松屋銀座 商品券 1,000円

商品コード:000501

松屋銀座 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥850

松屋銀座 商品券 3,000円

商品コード:000503

松屋銀座 商品券 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,550

松屋銀座 商品券 5,000円

商品コード:000504

松屋銀座 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,250

松屋銀座 商品券 10,000円

商品コード:000505

松屋銀座 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥8,500

松屋銀座 ギフト券 500円

商品コード:000506

松屋銀座 ギフト券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥425

松屋銀座 ギフト券 1,000円

商品コード:000507

松屋銀座 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥850

松屋銀座 お取替券 500円

商品コード:000516

松屋銀座 お取替券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥425

松屋銀座 お取替券 1,000円

商品コード:000517

松屋銀座 お取替券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥850

松屋銀座 お取替券 3,000円

商品コード:000518

松屋銀座 お取替券 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,550

松屋銀座 お取替券 5,000円

商品コード:000519

松屋銀座 お取替券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,250

松屋銀座 お取替券 10,000円

商品コード:000520

松屋銀座 お取替券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥8,500

商品情報

正式名称:松屋銀座商品券
額  面:500円/1,000円/10,000円
有効期限:ありません
おつり :出ます

 

こちらは松屋銀座商品券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【松屋銀座商品券の使える店】

ご利用可能店舗
・松屋銀座店
・松屋浅草店

【Topics1 株式会社松屋概要】

株式会社松屋は、東京都中央区銀座三丁目に本店、台東区花川戸一丁目に浅草店を置く百貨店。
銀座の本店は、銀座地区の百貨店において人気・売上ともに銀座三越と首位の座を争う間柄である。1869年に横浜で創業された呉服店、「鶴屋」の流れを汲む百貨店。創業以降、拡大路線をひた走るが、1970年代のオイルショックを境に経営難に陥り、銀座店と浅草店の2店舗体制になる。経営再建には東武百貨店と伊勢丹が関わった。仕入れ関係は、松屋と伊勢丹主導で結成した全日本デパートメントストアーズ開発機構(ADO)に加盟し現在に至る。
高級ブランド、ラグジュアリーファッションやアクセサリー、豪華な内・外装で女性からの支持率が高く、銀座を代表する百貨店である。


【Topics2 株式会社松屋店舗】

「銀座本店」
1925年(大正14年)5月1日に開店。翌年に本店となり、今に続く。地下1階、地上8階の豪華な建造物であったが、太平洋戦争終結後は、連合軍のPXとして接収されていた。昭和20年代後半に接収が解除された後は、改装により豪華絢爛であった内外装は廃された。
開店当初は贅を尽くした内装で耳目を集め、圧巻は正面玄関入ってすぐの中央ホールであった。天井のステンドグラスはローザリーの華やかなもので、ホールの内側の柱はモザイク模様を取り付け、1階のホールの四方はサラセン風の漆喰模様で飾られていた。7階のホール周りはサラセン風の柱廊となっていた。現在エスカレータ脇の鉄板が張られている吹き抜けは、当時、地上7階まで吹き抜けであった中央ホールの名残でありファッションショーも開催されていた。1964年(昭和39年)、東京オリンピックの開催に合わせて大改装を行い、現在の形となる。2006年(平成18年)には更なる改装を加え、LED照明を使用した現在の外装は4代目となる。度重なる改装により、建築当時の面影は皆無に等しいがビルの裏手へ回ると幾つかの窓が見受けられる。竣工当時のエレベーターはオーチス製。当初は客用正面に6台、ホール周りに2台、他に社員用、荷物用、料理用などがあったが、客用は後の店舗改装時に撤去され、三菱製に変更された。さらに1987年に現在の形に更新され、2015年7月現在、1987年更新のエレベーターを再更新している。2015年時点でも業務用の一部はオーチス製が現存しており裏の通用口からは自動化改造されながらも木扉のオーチス製のエレベーターが確認できたが、2014年にこちらもオーチスによって更新され、かつての跡はほとんど残っていない。
店舗面積32,182㎡


「浅草店」
1931年11月1日、東武鉄道浅草雷門駅(現:浅草駅)開業に際して、駅ビルテナントとして「松屋浅草支店」の名で開店した。建物は久野節の設計による昭和初期を代表するアール・デコ調の建造物で、駅と店舗が一体化した構造であった。開店と同時に7階と屋上には「スポーツランド」もオープンした。これは遠藤嘉一の創案の自動機械を並べた施設で、今日のゲームセンターの嚆矢というべきものであった。屋上には遊園地、ペットショップがあった。後に改装されることになるが、外壁が外装材で覆われて以降の松屋屋上にあった店の広告塔は、建築当時の塔屋の名残りであった。また、浅草支店出店の経緯から東武鉄道が松屋に出資していることもあり、駅のホームや階段などにも建築当時の面影を見つけることができる。
1974年、改装されて外壁は白い外装材で覆われたが、北面の壁は覆われずに建築当時そのままの姿が残された。
2010年、長引く消費低迷のため同年5月31日をもって浅草支店の営業を大幅に絞り込んだ。地上7階から地下1階(2階は東武浅草駅)のうち4階以上の営業を取りやめ、同時に店舗名を「松屋浅草店」に改めた。同時に日本最古の屋上遊園地である「プレイランド」も閉鎖された。
2012年9月27日、東武鉄道は当店の4階から屋上までを「浅草EKIMISE(エキミセ)」として同年11月21日にオープンすると発表し、松屋浅草店はEKIMISE内のテナントの扱いとなった。このとき同年の東京スカイツリー開業に合わせて外装材を撤去、外壁を修復して1931年開店当時のアール・デコ調の外観を復活させた。
かつては本店と同じ放送チャイムを使用していたが、EKIMISE開業時の放送設備一新により汎用チャイムに変更された。
店舗面積19,106㎡⇒7,404㎡。

 


【関連リンク】
株式会社松屋 企業サイト
松屋銀座 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)