金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

小田急百貨店商品券の格安販売

小田急百貨店商品券の格安販売 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:小田急百貨店商品券
使用場所 :小田急百貨店・小田急グループ各社
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは小田急百貨店商品券の販売ページとなります。
小田急百貨店商品券の高価買取ページはこちら。

購入に際してのご注意

表面の発行元をおそろえすることはできません。予めご了承ください。

贈答用ケースについて

お支払方法と発送スケジュール

発送方法・送料について

【小田急百貨店商品券の使える店】

ショッピング:小田急百貨店、Odakyu OXストア、Odakyu OXコンビニエンスストア、小田急新宿ミロード、他
観光・レジャー:箱根観光船、箱根ロープウェイ、小田急西富士ゴルフ倶楽部、他
ホテル・レストラン:ハイアット リージェンシー 東京、山のホテル、ジローレストラン、他
電車・バス:小田急電鉄、箱根登山鉄道、江ノ島電鉄、神奈川中央交通、小田急バス、立川バス、特急ロマンスカー乗車券、他
タクシー:小田急交通、相模中央交通、神奈中ハイヤー、他
その他:小田急トラベル(宿泊をともなう旅行)、小田急自動車整備、他

【Topics1 株式会社小田急百貨店について】

株式会社小田急百貨店は、小田急グループに属する百貨店。東京都の新宿、町田市と神奈川県藤沢市に店舗がある。小田急ポイントサービス加盟店。
小田急百貨店の全社スローガンは「つぎのわたしへ、グッドアクセス」。


【Topics2 小田急百貨店 新宿店の開業】

戦後に大東急から独立した小田急電鉄は高度経済成長期に大手私鉄として成長を遂げた。1960年(昭和35年)6月に東京都が新宿副都心計画を発表したことを受け、1960年代は新宿駅西口の発展が著しい時代となる。同社の沿線である東京西部から神奈川県は都心へのベッドタウンとして人口が急増し、同社のターミナル駅でもある新宿駅は日本一の乗降客数を誇る駅となった。
こうした時代背景の中で、小田急電鉄でも他の大手私鉄と同様にこの時代から事業の多角化を進め、流通・不動産事業へ乗り出すこととなる。その皮切りとなったのが1962年11月3日の小田急百貨店新宿店の開業である。開店当初は小田急ハルク(現:ハルク)の建物が本館であった。
1964年2月に小田急線新宿駅が立体化された。小田急新宿駅の地上部分に1966年8月25日、新宿地下鉄ビルディング(現:新宿店本館北側部分)が完成。同年9月9日、このビルに小田急百貨店新館を開店した。なお同日に同ビルの地下部分にはメトロ食堂街が開店している。翌1967年11月には新宿西口駅ビル(現:小田急新宿駅ビル)が完成し、同年11月23日に新宿西口駅ビル(南側部分)と新宿地下鉄ビルディング(北側部分)をあわせて新たに小田急百貨店の本館とし、新宿店が全館で営業開始した。そして同年11月27日、旧館を「別館小田急ハルク」として新装開店した。

 

【Topics3 沿線への出店と再編】

1976年9月23日には町田店を開店。また小田急電鉄による都市型オープンモール「ミロード」が本厚木(1982年(昭和57年))、新宿(1984年(昭和59年))、新百合ヶ丘(1992年(平成4年))に開業、相模大野駅には「相模大野ステーションスクエア」(1996年(平成8年))が開業するなど、小田急グループ内でも流通分野は拡大を続けた。
しかしその後はバブル崩壊の影響もあり、1990年代後半から2000年代にかけては、小田急百貨店相模大野店や「母と子の原宿カリヨン館」「多摩カリヨン館」の閉店など、大規模店舗の閉店が続いた。また京王百貨店や伊勢丹新宿本店、新宿駅南口のタカシマヤタイムズスクエアへ進出した高島屋新宿店などで繰り広げられた「新宿百貨店戦争」などにより経営環境が悪化。2002年5月23日には、家具販売の不振からインテリア専門の「別館小田急ハルク」の2階の一部から6階フロアをビックカメラへの賃貸に切り替えるなど、体制の立直しを行った。
さらに小田急電鉄主導の下、2005年(平成17年)3月1日に百貨店業の再編を実施した。小田急百貨店を営業と資産に分割し、小田急百貨店の営業部分を藤沢小田急へ吸収分割する事により2社を経営統合した。承継会社である藤沢小田急は、商号を「株式会社小田急百貨店」に変更した。また、従来の小田急百貨店は資産部分を保有管理する会社となり、商号を「株式会社小田急百貨店ビル」に変更した。その後、同年6月1日、小田急百貨店ビルは小田急電鉄に承継された。

 

【Topics4 時報とエレベーターガール】

1980年代初頭までは百貨店の営業時間内限定で時報を流しており、新宿駅西口バスターミナル周辺でも聞くことができた。これは、1968年(昭和43年)に黛敏郎が作曲した「新宿小田急百貨店の時報音楽」という曲で、新宿駅や副都心周辺を主なロケ地としていたテレビドラマ(『太陽にほえろ!』・『探偵物語』・『大都会』シリーズなど)の作中でもしばしばそのメロディが流れている。
また、最近は経費削減でエレベーターガールを常駐させる百貨店が減ったが、新宿店本館の中央エレベーターでは、2019年現在でもエレベーターガールを配置している(ただし人材は外部委託)。また1960年代の新宿店開業当時は、エスカレーターに不慣れな客が多かったことから「エスカレーターガール」を配置していた。

 


【関連リンク】
小田急百貨店 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

小田急 商品券 1,000円

商品コード:000197

小田急 商品券 1,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥980

通常価格 :¥1,000

小田急 内渡し票 10,000円

商品コード:000211

小田急 内渡し票 10,000円

お気に入りに追加

販売価格 :¥9,800

通常価格 :¥10,000

商品情報

正式名称:小田急百貨店商品券
使用場所 :小田急百貨店・小田急グループ各社
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは小田急百貨店商品券の販売ページとなります。
小田急百貨店商品券の高価買取ページはこちら。

購入に際してのご注意

表面の発行元をおそろえすることはできません。予めご了承ください。


贈答用ケースについて

複数注文の同梱発送について

お支払い方法について

商品発送日について

【小田急百貨店商品券の使える店】

ショッピング:小田急百貨店、Odakyu OXストア、Odakyu OXコンビニエンスストア、小田急新宿ミロード、他
観光・レジャー:箱根観光船、箱根ロープウェイ、小田急西富士ゴルフ倶楽部、他
ホテル・レストラン:ハイアット リージェンシー 東京、山のホテル、ジローレストラン、他
電車・バス:小田急電鉄、箱根登山鉄道、江ノ島電鉄、神奈川中央交通、小田急バス、立川バス、特急ロマンスカー乗車券、他
タクシー:小田急交通、相模中央交通、神奈中ハイヤー、他
その他:小田急トラベル(宿泊をともなう旅行)、小田急自動車整備、他

【Topics1 株式会社小田急百貨店について】

株式会社小田急百貨店は、小田急グループに属する百貨店。東京都の新宿、町田市と神奈川県藤沢市に店舗がある。小田急ポイントサービス加盟店。
小田急百貨店の全社スローガンは「つぎのわたしへ、グッドアクセス」。


【Topics2 小田急百貨店 新宿店の開業】

戦後に大東急から独立した小田急電鉄は高度経済成長期に大手私鉄として成長を遂げた。1960年(昭和35年)6月に東京都が新宿副都心計画を発表したことを受け、1960年代は新宿駅西口の発展が著しい時代となる。同社の沿線である東京西部から神奈川県は都心へのベッドタウンとして人口が急増し、同社のターミナル駅でもある新宿駅は日本一の乗降客数を誇る駅となった。
こうした時代背景の中で、小田急電鉄でも他の大手私鉄と同様にこの時代から事業の多角化を進め、流通・不動産事業へ乗り出すこととなる。その皮切りとなったのが1962年11月3日の小田急百貨店新宿店の開業である。開店当初は小田急ハルク(現:ハルク)の建物が本館であった。
1964年2月に小田急線新宿駅が立体化された。小田急新宿駅の地上部分に1966年8月25日、新宿地下鉄ビルディング(現:新宿店本館北側部分)が完成。同年9月9日、このビルに小田急百貨店新館を開店した。なお同日に同ビルの地下部分にはメトロ食堂街が開店している。翌1967年11月には新宿西口駅ビル(現:小田急新宿駅ビル)が完成し、同年11月23日に新宿西口駅ビル(南側部分)と新宿地下鉄ビルディング(北側部分)をあわせて新たに小田急百貨店の本館とし、新宿店が全館で営業開始した。そして同年11月27日、旧館を「別館小田急ハルク」として新装開店した。

 

【Topics3 沿線への出店と再編】

1976年9月23日には町田店を開店。また小田急電鉄による都市型オープンモール「ミロード」が本厚木(1982年(昭和57年))、新宿(1984年(昭和59年))、新百合ヶ丘(1992年(平成4年))に開業、相模大野駅には「相模大野ステーションスクエア」(1996年(平成8年))が開業するなど、小田急グループ内でも流通分野は拡大を続けた。
しかしその後はバブル崩壊の影響もあり、1990年代後半から2000年代にかけては、小田急百貨店相模大野店や「母と子の原宿カリヨン館」「多摩カリヨン館」の閉店など、大規模店舗の閉店が続いた。また京王百貨店や伊勢丹新宿本店、新宿駅南口のタカシマヤタイムズスクエアへ進出した高島屋新宿店などで繰り広げられた「新宿百貨店戦争」などにより経営環境が悪化。2002年5月23日には、家具販売の不振からインテリア専門の「別館小田急ハルク」の2階の一部から6階フロアをビックカメラへの賃貸に切り替えるなど、体制の立直しを行った。
さらに小田急電鉄主導の下、2005年(平成17年)3月1日に百貨店業の再編を実施した。小田急百貨店を営業と資産に分割し、小田急百貨店の営業部分を藤沢小田急へ吸収分割する事により2社を経営統合した。承継会社である藤沢小田急は、商号を「株式会社小田急百貨店」に変更した。また、従来の小田急百貨店は資産部分を保有管理する会社となり、商号を「株式会社小田急百貨店ビル」に変更した。その後、同年6月1日、小田急百貨店ビルは小田急電鉄に承継された。

 

【Topics4 時報とエレベーターガール】

1980年代初頭までは百貨店の営業時間内限定で時報を流しており、新宿駅西口バスターミナル周辺でも聞くことができた。これは、1968年(昭和43年)に黛敏郎が作曲した「新宿小田急百貨店の時報音楽」という曲で、新宿駅や副都心周辺を主なロケ地としていたテレビドラマ(『太陽にほえろ!』・『探偵物語』・『大都会』シリーズなど)の作中でもしばしばそのメロディが流れている。
また、最近は経費削減でエレベーターガールを常駐させる百貨店が減ったが、新宿店本館の中央エレベーターでは、2019年現在でもエレベーターガールを配置している(ただし人材は外部委託)。また1960年代の新宿店開業当時は、エスカレーターに不慣れな客が多かったことから「エスカレーターガール」を配置していた。

 


【関連リンク】
小田急百貨店 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)