金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

西友商品券の買取(ご売却)

西友商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

・商品名:西友商品券
・発行元:株式会社西友(現合同会社西友) 
・額面:500円,1,000円,5,000円 
・おつり:出ます 
・有効期限:無期限

 

こちらは西友商品券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【西友商品券の使い方】

・西友、リヴィン、サニー全店と、パルコ(札幌店/仙台店/池袋店/渋谷店/吉祥寺店/調布店/新所沢店/ひばりが丘店/浦和店/津田沼店/松本店/静岡店/名古屋店/広島店/福岡店)にてご利用いただけます。 
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。
西友商品券の利用について(PDF)

 

【発行関連情報】

・西友が以前発行していた商品券で、現在は発行されていません。

【Topics1 西友とは】

株式会社西友(せいゆう、英: Seiyu Co., Ltd.)は、東京都に本社を置き、スーパーマーケットチェーン、ゼネラルマーチャンダイズストア(GMS)、スーパーセンターを経営する日本の企業である。株式会社西友ホールディングスの子会社。
北海道から九州まで日本全国に300店舗以上を展開。「西友(SEIYU)」「リヴィン(LIVIN)」「サニー(SUNNY)」の店舗ブランドでスーパーマーケットを運営するほか、ショッピングセンター「ザ・モール」を運営する。
かつては西武百貨店とともに旧セゾングループ(西武流通グループ)の中核的存在であったが、セゾングループ破綻後2002年に小売業世界最大手のアメリカ・ウォルマート傘下に入り、2005年から同社の子会社となった。2021年3月1日、ウォルマートが保有株式の大半を投資ファンドおよび楽天の子会社に売却したが、ウォルマートも引き続き15%の株式を保有する。


【Topics2 西友KY(カカクヤスク)とは】

2008年(平成20年)12月から、生鮮食品を除く全食品をEDLP(毎日低価格)戦略とすると共に、より安い価格の他店のチラシ広告を持参した顧客にその価格で販売する「地域でいちばん安いお店をめざします」という戦略をチラシで銘打つなど低価格戦略の強化を図った。
さらに2009年(平成21年)1月23日から住居用品1,400品目を値下げしたほか。同年2月から米国産豚肉全品を値下げするなど、生鮮食料品を含めてウォルマートの国際調達網を活用し、低価格戦略を一段と推し進めることになった。こうした低価格戦略で来店客数と既存店売上高が前年比でプラスに転じたことから、2009年(平成21年)4月中旬までに非生鮮食料品をEDLP(毎日低価格)に移行するなど、よりウォルマート色の強い戦略が展開されることになった。
また惣菜についても、2008年(平成20年)12月から68円のおにぎり、2009年(平成21年)4月6日から298円の弁当、同年5月18日から49円のコロッケを発売するなど、EDLP(毎日低価格)化が進められていった。
こうしたEDLP(毎日低価格)戦略に伴い、2010年(平成22年)には冷凍食品の割引表示による安値訴求を廃止し、実売価格による表示のみへ移行させた。生鮮食料品についてもウォルマートの国際調達網を活用した米国産を中心にEDLP(毎日低価格)戦略を展開した。2013年(平成25年)1月からはウォルマートの国際調達網活用を一段と進めるため、欧州の加工食品の直輸入を開始することになった。
しかし西友のウォルマートグループ入り後も、一般消費者にはかつて文化戦略と高級志向で一世を風靡したセゾングループの印象がなかなか拭えず、「西友=安い」というイメージが定着するには時間がかかった。そのため西友では、ウォルマート流の低価格路線をアピールするキャッチフレーズとして、2008年からは当時の流行語「KY(空気読めない)」に掛けた「KY(カカクヤスク)」を採用した。またチラシ特売が主流だった当時の日本では馴染みの薄かったEDLPの、単品商品の値下げだけでなく店全体での安売りというメリットを強調するため、2011年からは「買い物カゴ一杯買っても安い」という意味の「バスケットプライス」を略した「バスプラ」を採用。こうしたキャッチフレーズを店頭ポスターやテレビCMなどの宣伝に多用して消費者への訴求を図った。

 


【関連リンク】
西友 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

西友 商品券 500円

商品コード:010054

西友 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥475

西友 商品券 1,000円

商品コード:010055

西友 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥950

西友 商品券 5,000円

商品コード:010056

西友 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,750

西友 商品券 10,000円

商品コード:010057

西友 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,500

西友 お内渡票 1,000円

商品コード:010058

西友 お内渡票 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

商品情報

・商品名:西友商品券
・発行元:株式会社西友(現合同会社西友) 
・額面:500円,1,000円,5,000円 
・おつり:出ます 
・有効期限:無期限

 

こちらは西友商品券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【西友商品券の使い方】

・西友、リヴィン、サニー全店と、パルコ(札幌店/仙台店/池袋店/渋谷店/吉祥寺店/調布店/新所沢店/ひばりが丘店/浦和店/津田沼店/松本店/静岡店/名古屋店/広島店/福岡店)にてご利用いただけます。 
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。
西友商品券の利用について(PDF)

 

【発行関連情報】

・西友が以前発行していた商品券で、現在は発行されていません。

【Topics1 西友とは】

株式会社西友(せいゆう、英: Seiyu Co., Ltd.)は、東京都に本社を置き、スーパーマーケットチェーン、ゼネラルマーチャンダイズストア(GMS)、スーパーセンターを経営する日本の企業である。株式会社西友ホールディングスの子会社。
北海道から九州まで日本全国に300店舗以上を展開。「西友(SEIYU)」「リヴィン(LIVIN)」「サニー(SUNNY)」の店舗ブランドでスーパーマーケットを運営するほか、ショッピングセンター「ザ・モール」を運営する。
かつては西武百貨店とともに旧セゾングループ(西武流通グループ)の中核的存在であったが、セゾングループ破綻後2002年に小売業世界最大手のアメリカ・ウォルマート傘下に入り、2005年から同社の子会社となった。2021年3月1日、ウォルマートが保有株式の大半を投資ファンドおよび楽天の子会社に売却したが、ウォルマートも引き続き15%の株式を保有する。


【Topics2 西友KY(カカクヤスク)とは】

2008年(平成20年)12月から、生鮮食品を除く全食品をEDLP(毎日低価格)戦略とすると共に、より安い価格の他店のチラシ広告を持参した顧客にその価格で販売する「地域でいちばん安いお店をめざします」という戦略をチラシで銘打つなど低価格戦略の強化を図った。
さらに2009年(平成21年)1月23日から住居用品1,400品目を値下げしたほか。同年2月から米国産豚肉全品を値下げするなど、生鮮食料品を含めてウォルマートの国際調達網を活用し、低価格戦略を一段と推し進めることになった。こうした低価格戦略で来店客数と既存店売上高が前年比でプラスに転じたことから、2009年(平成21年)4月中旬までに非生鮮食料品をEDLP(毎日低価格)に移行するなど、よりウォルマート色の強い戦略が展開されることになった。
また惣菜についても、2008年(平成20年)12月から68円のおにぎり、2009年(平成21年)4月6日から298円の弁当、同年5月18日から49円のコロッケを発売するなど、EDLP(毎日低価格)化が進められていった。
こうしたEDLP(毎日低価格)戦略に伴い、2010年(平成22年)には冷凍食品の割引表示による安値訴求を廃止し、実売価格による表示のみへ移行させた。生鮮食料品についてもウォルマートの国際調達網を活用した米国産を中心にEDLP(毎日低価格)戦略を展開した。2013年(平成25年)1月からはウォルマートの国際調達網活用を一段と進めるため、欧州の加工食品の直輸入を開始することになった。
しかし西友のウォルマートグループ入り後も、一般消費者にはかつて文化戦略と高級志向で一世を風靡したセゾングループの印象がなかなか拭えず、「西友=安い」というイメージが定着するには時間がかかった。そのため西友では、ウォルマート流の低価格路線をアピールするキャッチフレーズとして、2008年からは当時の流行語「KY(空気読めない)」に掛けた「KY(カカクヤスク)」を採用した。またチラシ特売が主流だった当時の日本では馴染みの薄かったEDLPの、単品商品の値下げだけでなく店全体での安売りというメリットを強調するため、2011年からは「買い物カゴ一杯買っても安い」という意味の「バスケットプライス」を略した「バスプラ」を採用。こうしたキャッチフレーズを店頭ポスターやテレビCMなどの宣伝に多用して消費者への訴求を図った。

 


【関連リンク】
西友 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)