金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

平和堂商品券の買取(ご売却)

平和堂商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:平和堂商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは平和堂商品券の高価買取ページとなります。
平和堂商品券の格安販売、購入ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【平和堂商品券の使い方】

・枚数に制限無くご利用可能です。

 

【平和堂商品券が使える店】

平和堂商品券は、アル・プラザ、平和堂、フレンドマート、スーパーフレンド、フレンドマートDでご利用頂けます。 ※一部テナントではご利用頂けません。
平和堂店舗は平和堂店舗検索 公式サイトよりご確認ください。

【Topics1 平和堂とは】

株式会社平和堂(へいわどう、英: HEIWADO CO.,LTD.)は、滋賀県を中心に近畿地方・北陸地方・東海地方で総合スーパーとスーパーマーケットを展開する企業。
愛知県の印刷業の平和堂印刷や東京で名刺等紙製品を企画販売している株式会社平和堂、新潟県妙高市にある製菓業の株式会社平和堂とは資本関係等の関係はない。
1953年(昭和28年)12月、夏原平次郎により滋賀県彦根市市街の土橋商店街(現在の銀座商店街)でマルビシ百貨店のテナントとして夏原商店が開店(創業)。1957年(昭和32年)に「靴とカバンの店・平和堂」として平和堂を設立した。屋号である「平和堂」は、創業者である夏原平次郎が、長男・平和(ひらかず。現会長)の名にちなみ、「平和」と関連付けた上で命名したもの。後に「おしゃれの店・平和堂」と衣料スーパーの出店を行い、1963年(昭和36年)に3店舗を統一した大型店舗であるジュニアデパート平和堂(旧本店3代目、現・彦根銀座店)を発祥地に開店。1966年(昭和41年)に衣料・雑貨・食品を販売する総合スーパー(GMS)となった。以降、滋賀県を中心にドミナント戦略で店舗展開を行い、近隣府県にも進出した。現在の本部ビルは滋賀県彦根市の南彦根駅近くに所在し、隣接してビバシティ彦根がある。

ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に81店舗、京都府に20店舗、大阪府に21店舗、兵庫県に3店舗、福井県に6店舗、石川県に7店舗、富山県に2店舗、岐阜県に7店舗、愛知県に16店舗を構える(2020年9月末現在。子会社店舗を含む)。通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「アル・プラザ (AP)」、小型店を「フレンドマート (FM)」または「スーパーフレンド (SF)」のブランドで展開している。

新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(堅田店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社(書店など、スーパーマーケット以外の業種も含む)が撤退した店舗に入居して再生させたり、マンションの1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。

本拠地の滋賀県においては、ユニーから得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して、駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。また、滋賀県内のケンタッキーフライドチキンやTSUTAYA、北陸地域のCoCo'sなどは、平和堂の子会社によってフランチャイズ運営されている。県内小売業界で圧倒的なシェアを誇り、県民生活にも大きな影響力を有する。2013年(平成25年)8月20日には、滋賀県と平和堂の間で地域密着連携協定を締結している(滋賀県と民間企業が包括的連携協定を結ぶのは7社目、県内企業では初)。

 


【関連リンク】
株式会社 平和堂 企業サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

平和堂商品券 500円

商品コード:010144

平和堂商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥450

平和堂商品券 1,000円

商品コード:010145

平和堂商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥900

商品情報

正式名称:平和堂商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でます

 

こちらは平和堂商品券の高価買取ページとなります。
平和堂商品券の格安販売、購入ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【平和堂商品券の使い方】

・枚数に制限無くご利用可能です。

 

【平和堂商品券が使える店】

平和堂商品券は、アル・プラザ、平和堂、フレンドマート、スーパーフレンド、フレンドマートDでご利用頂けます。 ※一部テナントではご利用頂けません。
平和堂店舗は平和堂店舗検索 公式サイトよりご確認ください。

【Topics1 平和堂とは】

株式会社平和堂(へいわどう、英: HEIWADO CO.,LTD.)は、滋賀県を中心に近畿地方・北陸地方・東海地方で総合スーパーとスーパーマーケットを展開する企業。
愛知県の印刷業の平和堂印刷や東京で名刺等紙製品を企画販売している株式会社平和堂、新潟県妙高市にある製菓業の株式会社平和堂とは資本関係等の関係はない。
1953年(昭和28年)12月、夏原平次郎により滋賀県彦根市市街の土橋商店街(現在の銀座商店街)でマルビシ百貨店のテナントとして夏原商店が開店(創業)。1957年(昭和32年)に「靴とカバンの店・平和堂」として平和堂を設立した。屋号である「平和堂」は、創業者である夏原平次郎が、長男・平和(ひらかず。現会長)の名にちなみ、「平和」と関連付けた上で命名したもの。後に「おしゃれの店・平和堂」と衣料スーパーの出店を行い、1963年(昭和36年)に3店舗を統一した大型店舗であるジュニアデパート平和堂(旧本店3代目、現・彦根銀座店)を発祥地に開店。1966年(昭和41年)に衣料・雑貨・食品を販売する総合スーパー(GMS)となった。以降、滋賀県を中心にドミナント戦略で店舗展開を行い、近隣府県にも進出した。現在の本部ビルは滋賀県彦根市の南彦根駅近くに所在し、隣接してビバシティ彦根がある。

ドミナント戦略を特徴とし、滋賀県に81店舗、京都府に20店舗、大阪府に21店舗、兵庫県に3店舗、福井県に6店舗、石川県に7店舗、富山県に2店舗、岐阜県に7店舗、愛知県に16店舗を構える(2020年9月末現在。子会社店舗を含む)。通常のスーパーマーケット店舗のほか、大型店を「アル・プラザ (AP)」、小型店を「フレンドマート (FM)」または「スーパーフレンド (SF)」のブランドで展開している。

新規の大型店だけでなく、商店街組合と共同出店したり(堅田店の出店時に始められた出店方式で、「堅田方式」と呼ばれる)、他社(書店など、スーパーマーケット以外の業種も含む)が撤退した店舗に入居して再生させたり、マンションの1階に入居したりと、出店パターンが多様なのも特徴である。

本拠地の滋賀県においては、ユニーから得た地域ドミナント戦略を参考にし、「琵琶湖ネックレスチェーン構想」と称して、駅前中心街から郊外地域まできめ細かく店舗展開している。また、滋賀県内のケンタッキーフライドチキンやTSUTAYA、北陸地域のCoCo'sなどは、平和堂の子会社によってフランチャイズ運営されている。県内小売業界で圧倒的なシェアを誇り、県民生活にも大きな影響力を有する。2013年(平成25年)8月20日には、滋賀県と平和堂の間で地域密着連携協定を締結している(滋賀県と民間企業が包括的連携協定を結ぶのは7社目、県内企業では初)。

 


【関連リンク】
株式会社 平和堂 企業サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)