金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

ドンキホーテ商品券の買取(ご売却)

ドンキホーテ商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:ドン・キホーテ商品券
使用場所:ライフコーポレーション全店
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ません

 

こちらはドン・キホーテ商品券の格安販売ページとなります。
 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ドンキホーテ商品券の使い方】

・ドン・キホーテが発行してるギフトカードです。  
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。
 

 

【ドンキホーテ商品券の使える店】

・ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、ピカソ、長崎屋全店で使用する事ができる券です。

【Topics1 ドン・キホーテとは】

株式会社ドン・キホーテ(英: Don Quijote Co., Ltd.)は、関東地方を中心に、日本の主要都市や主要地方都市でドン・キホーテブランドなどの主に総合ディスカウントデパート及び総合スーパーマーケットを展開する企業。本社は東京都目黒区青葉台。略称はドンキ。店舗ロゴなどにおいてはドン.キホーテと、ドンとキホーテの間がピリオド(.)の表記となっている。ドンキ.ホーテではない。

現在の株式会社ドン・キホーテは2代目法人である。2013年8月に株式会社ドン・キホーテ分割準備会社として設立され、初代法人より会社分割で事業を承継した。初代株式会社ドン・キホーテは2013年12月に商号を株式会社ドンキホーテホールディングス(現・株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)へ変更し、持株会社体制に移行。
1号店は、東京都府中市の「ドン・キホーテ府中店」。当初は、平屋の小さな店舗で倉庫形態を採用していた。本社も府中市にあった。その後、総合ディスカウントストアとして展開。
1997年11月に、東京都江戸川区の「ドン・キホーテ葛西店」内に本店を移転。2006年9月から、本店を東京都新宿区西新宿の新宿住友ビル35階とする。その後、2009年9月から東京都目黒区の「ドン・キホーテ中目黒本店」(イエローハット跡地)内に本店を移転した。営業本部は東京都八王子市松木の「ドン・キホーテ京王堀之内店」の3階にある。
パーティー用品や雑貨などのほか、食料品や酒類、化粧品、日用品、衣料品、レジャー用品、インテリア、家電製品、携帯電話本体および関連商品、宝飾品、ブランド品、アダルトなど幅広く取り扱っている(取扱商品は店舗により異なる)。
関連会社に長崎屋、ドイト(運営店舗をコーナンへ売却、法人としてはPPIH傘下に残りスカイグリーンに社名変更)、橘百貨店(旧ボンベルタ橘→宮崎ナナイロ・ドン.キホーテ宮崎橘通店)、ダイシン百貨店(吸収合併により解散)がある。
入間店はスカイグリーンが運営している(もともとドイトだった店舗を転換し、継続して運営している。他のドイトからの転換店舗は、ドン・キホーテ本体が担当)ため、店舗ブランドとしてのドン.キホーテは、直営店舗と長崎屋運営店舗・スカイグリーン運営店舗・橘百貨店運営店舗が存在する。


【Topics2 プライベートブランド】

ドン・キホーテグループによるプライベートブランド。家電・衣料・雑貨・家具・食品と商品も多岐にわたる。ブランド内でも品質、機能等により3種に分類されている。

情熱価格 - 「価格訴求ブランド」をコンセプト
情熱価格+PLUS - 「付加価値ブランド」をコンセプト
情熱価格プレミアム - 最上級ブランド

 


【関連リンク】
株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス 企業サイト
ドン・キホーテ 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

ドンキホーテ商品券 1,000円

商品コード:010104

ドンキホーテ商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

商品情報

正式名称:ドン・キホーテ商品券
使用場所:ライフコーポレーション全店
額  面:1,000円
有効期限:ありません
おつり :出ません

 

こちらはドン・キホーテ商品券の格安販売ページとなります。
 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ドンキホーテ商品券の使い方】

・ドン・キホーテが発行してるギフトカードです。  
・商品券、ギフトカード、印紙、切手、ハガキ等、ご利用頂けない商品があります。
 

 

【ドンキホーテ商品券の使える店】

・ドン・キホーテ、MEGAドン・キホーテ、ピカソ、長崎屋全店で使用する事ができる券です。

【Topics1 ドン・キホーテとは】

株式会社ドン・キホーテ(英: Don Quijote Co., Ltd.)は、関東地方を中心に、日本の主要都市や主要地方都市でドン・キホーテブランドなどの主に総合ディスカウントデパート及び総合スーパーマーケットを展開する企業。本社は東京都目黒区青葉台。略称はドンキ。店舗ロゴなどにおいてはドン.キホーテと、ドンとキホーテの間がピリオド(.)の表記となっている。ドンキ.ホーテではない。

現在の株式会社ドン・キホーテは2代目法人である。2013年8月に株式会社ドン・キホーテ分割準備会社として設立され、初代法人より会社分割で事業を承継した。初代株式会社ドン・キホーテは2013年12月に商号を株式会社ドンキホーテホールディングス(現・株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス)へ変更し、持株会社体制に移行。
1号店は、東京都府中市の「ドン・キホーテ府中店」。当初は、平屋の小さな店舗で倉庫形態を採用していた。本社も府中市にあった。その後、総合ディスカウントストアとして展開。
1997年11月に、東京都江戸川区の「ドン・キホーテ葛西店」内に本店を移転。2006年9月から、本店を東京都新宿区西新宿の新宿住友ビル35階とする。その後、2009年9月から東京都目黒区の「ドン・キホーテ中目黒本店」(イエローハット跡地)内に本店を移転した。営業本部は東京都八王子市松木の「ドン・キホーテ京王堀之内店」の3階にある。
パーティー用品や雑貨などのほか、食料品や酒類、化粧品、日用品、衣料品、レジャー用品、インテリア、家電製品、携帯電話本体および関連商品、宝飾品、ブランド品、アダルトなど幅広く取り扱っている(取扱商品は店舗により異なる)。
関連会社に長崎屋、ドイト(運営店舗をコーナンへ売却、法人としてはPPIH傘下に残りスカイグリーンに社名変更)、橘百貨店(旧ボンベルタ橘→宮崎ナナイロ・ドン.キホーテ宮崎橘通店)、ダイシン百貨店(吸収合併により解散)がある。
入間店はスカイグリーンが運営している(もともとドイトだった店舗を転換し、継続して運営している。他のドイトからの転換店舗は、ドン・キホーテ本体が担当)ため、店舗ブランドとしてのドン.キホーテは、直営店舗と長崎屋運営店舗・スカイグリーン運営店舗・橘百貨店運営店舗が存在する。


【Topics2 プライベートブランド】

ドン・キホーテグループによるプライベートブランド。家電・衣料・雑貨・家具・食品と商品も多岐にわたる。ブランド内でも品質、機能等により3種に分類されている。

情熱価格 - 「価格訴求ブランド」をコンセプト
情熱価格+PLUS - 「付加価値ブランド」をコンセプト
情熱価格プレミアム - 最上級ブランド

 


【関連リンク】
株式会社パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス 企業サイト
ドン・キホーテ 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)