検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

マツモトキヨシ商品券の高価買取・換金

マツモトキヨシ商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:マツモトキヨシ商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらはマツモトキヨシ商品券の買取ページとなります。
マツモトキヨシ商品券の格安販売、購入ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【マツモトキヨシ商品券の使い方】

・日本全国のマツモトキヨシ、くすりのラブ、シメノドラッグ
ダルマ、どらっぐぱぱす、ミドリ薬品でご利用頂けます。

【Topics1 マツモトキヨシとは】

株式会社マツモトキヨシ(英:Matsumotokiyoshi Co., Ltd.)は、千葉県松戸市に本社を置く、ドラッグストア(薬店)チェーンの日本大手企業。マツモトキヨシグループの子会社にして、マツキヨココカラ&カンパニーのグループ内における中枢企業の一つを担っている。代表取締役社長は松本貴志。公式略称はマツキヨ。
主に関東地方(千葉県・東京都など)、東海地方、関西圏の都市部にて小規模店舗、郊外においてロードサイド店舗を主力に展開している(その他の地域はマツモトキヨシグループ各社の運営)。調剤薬局併設型の店舗も展開している。また、2005年8月にはドラッグストア業界で初めて電子マネー「楽天Edy」を導入している。
プライベート・ブランドとして「MK CUSTOMER(エムケーカスタマー)」を発売しており、医薬品・化粧品・雑貨・食品と4つのカテゴリーに分けて展開している[2]。またマツモトキヨシと化粧品メーカーとの共同開発化粧品も展開している。「MK CUSTOMER」はマツモトキヨシだけでなく、グループ会社や提携先企業の店舗で取り扱っている。2015年12月24日、新プライベートブランドとして「matsukiyo」を発表した。
マツモトキヨシの各店舗には、その店が何号店であるかが店頭に明記されている店舗もある(例:300号店の場合、No.300号店)。1000号店は京都府京都市下京区の新京極店である。
社名の「マツモトキヨシ」は、創業者の松本清の名前から採られた。
2020年6月5日に和歌山県1号店を出店、これにより同一店舗ブランドでのドラッグストアとしては初の全都道府県への出店を達成した。

 

【Topics2 マツモトキヨシの社名の由来】

前述の通り、マツモトキヨシの社名は創業者の名前から採られたものであるが、商標法4条1項8号では他人の氏名を含む商標はその他人の承諾を得ない限り登録できないという規定が存在する[31]。ただ、1999年に出願されたカタカナの「マツモトキヨシ」と翌年(2000年)に出願されたローマ字での「Matsumoto Kiyoshi」は出願当時のルールが緩やかだったこともあり、登録が認められた。

しかし、2017年に「マツモトキヨシ」の音商標が出願された際、特許庁は「電話帳(ハローページ)に『マツモト・キヨシ』と読むことが出来る複数の人物が存在し、それらの人格権を保護する必要がある」などとして、登録を認めなかった。マツモトキヨシホールディングスはこの審決の取り消しを求め2020年10月に提訴し、知的財産高等裁判所は2021年8月30日、同社ドラッグストアの店舗数に加え、コマーシャルなどを通じて、音のフレーズを広範囲で使用していることから「(言語的要素からなる音から)通常連想されるのはドラッグストアであり、人の氏名を指すものとは認識されない」として、マツモトキヨシ側の主張を認める判決を言い渡した。
 


【関連リンク】
株式会社マツモトキヨシ 企業サイト
ドラッグストア マツモトキヨシ 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

マツモトキヨシ商品券 500円

商品コード:080079

マツモトキヨシ商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥450

マツモトキヨシ商品券 1,000円

商品コード:080080

マツモトキヨシ商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥900

商品情報

正式名称:マツモトキヨシ商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらはマツモトキヨシ商品券の買取ページとなります。
マツモトキヨシ商品券の格安販売、購入ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【マツモトキヨシ商品券の使い方】

・日本全国のマツモトキヨシ、くすりのラブ、シメノドラッグ
ダルマ、どらっぐぱぱす、ミドリ薬品でご利用頂けます。

【Topics1 マツモトキヨシとは】

株式会社マツモトキヨシ(英:Matsumotokiyoshi Co., Ltd.)は、千葉県松戸市に本社を置く、ドラッグストア(薬店)チェーンの日本大手企業。マツモトキヨシグループの子会社にして、マツキヨココカラ&カンパニーのグループ内における中枢企業の一つを担っている。代表取締役社長は松本貴志。公式略称はマツキヨ。
主に関東地方(千葉県・東京都など)、東海地方、関西圏の都市部にて小規模店舗、郊外においてロードサイド店舗を主力に展開している(その他の地域はマツモトキヨシグループ各社の運営)。調剤薬局併設型の店舗も展開している。また、2005年8月にはドラッグストア業界で初めて電子マネー「楽天Edy」を導入している。
プライベート・ブランドとして「MK CUSTOMER(エムケーカスタマー)」を発売しており、医薬品・化粧品・雑貨・食品と4つのカテゴリーに分けて展開している[2]。またマツモトキヨシと化粧品メーカーとの共同開発化粧品も展開している。「MK CUSTOMER」はマツモトキヨシだけでなく、グループ会社や提携先企業の店舗で取り扱っている。2015年12月24日、新プライベートブランドとして「matsukiyo」を発表した。
マツモトキヨシの各店舗には、その店が何号店であるかが店頭に明記されている店舗もある(例:300号店の場合、No.300号店)。1000号店は京都府京都市下京区の新京極店である。
社名の「マツモトキヨシ」は、創業者の松本清の名前から採られた。
2020年6月5日に和歌山県1号店を出店、これにより同一店舗ブランドでのドラッグストアとしては初の全都道府県への出店を達成した。

 

【Topics2 マツモトキヨシの社名の由来】

前述の通り、マツモトキヨシの社名は創業者の名前から採られたものであるが、商標法4条1項8号では他人の氏名を含む商標はその他人の承諾を得ない限り登録できないという規定が存在する[31]。ただ、1999年に出願されたカタカナの「マツモトキヨシ」と翌年(2000年)に出願されたローマ字での「Matsumoto Kiyoshi」は出願当時のルールが緩やかだったこともあり、登録が認められた。

しかし、2017年に「マツモトキヨシ」の音商標が出願された際、特許庁は「電話帳(ハローページ)に『マツモト・キヨシ』と読むことが出来る複数の人物が存在し、それらの人格権を保護する必要がある」などとして、登録を認めなかった。マツモトキヨシホールディングスはこの審決の取り消しを求め2020年10月に提訴し、知的財産高等裁判所は2021年8月30日、同社ドラッグストアの店舗数に加え、コマーシャルなどを通じて、音のフレーズを広範囲で使用していることから「(言語的要素からなる音から)通常連想されるのはドラッグストアであり、人の氏名を指すものとは認識されない」として、マツモトキヨシ側の主張を認める判決を言い渡した。
 


【関連リンク】
株式会社マツモトキヨシ 企業サイト
ドラッグストア マツモトキヨシ 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)