金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

ダイナースギフトカードの買取(ご売却)

ダイナースギフトカードの高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:ダイナースギフトカード
額  面:500円・1,000円・5,000円・10,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

 

買取に際してのご注意

・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。
 


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ダイナースギフトカードの使い方】

ダイナース加盟店にてご利用いただけます
西友・イトーヨーカドー イオン・ドンキホーテ・マルイ パルコ・ルミネ・ビックカメラ エディオン・ヨドバシカメラ・ノジマ コジマなど

【発行関連情報】

※ダイナースロイヤルチェックは2009年11月末で販売が終了しています。

【Topics1 ダイナースクラブ概要】

ダイナースクラブ(Diners Club)は、アメリカ合衆国を中心に全世界で展開するクレジットカード、又はこれを運営するアメリカ企業である。
ダイナースクラブは、その名の通り、買い物、石油、航空、運輸、電話、鉄道などでは、早くからクレジットカードが発達していたものを、レストランで使用できるカードがほとんどなかったので、その穴を埋めるために考え出されたものである。
それ故「食事をする人(diner=ダイナー)」のためのクラブ(club)、というネーミングになっている。また、サードパーティーが発行し、汎用性を高めたのが、それまでのクレジットカードとは異なるダイナースの成功の理由となった。

 

【Topics2 日本におけるダイナースクラブ】

日本においては、三井住友信託銀行傘下の三井住友トラストクラブ株式会社(旧・シティカードジャパン)がダイナースクラブに関する事業を行っている。
アメリカ合衆国とは異なり、カード表面にMasterCardのロゴは描かれていない。アメリカ及びカナダでは2010年6月30日まで、Diners Club の加盟店に加えてMasterCardの加盟店でも利用する事が出来た(国内専用カードを除く)。
また、2009年6月現在において、新規・カード更新などにより発行されるカードの裏面には、ディスカバーとPLUSのマークが記載されており、2010年7月1日からディスカバー加盟店(日本および中華人民共和国を除く)でのクレジットカードとPLUS ATMサービスを利用したキャッシングサービスが利用できるようになる。

 

【Topics3 日本におけるダイナースクラブの歴史】

日本交通公社(現:JTB)と富士銀行(現:みずほ銀行)が共同で、1960年(昭和35年)12月に「日本ダイナースクラブ」を設立した(日本でのクレジットカード発行専業企業の設立としては、最初であるが、カードの発行は、1961年春にJCBとほぼ同時に開始された。)
その当初から1990年代のバブル景気時点まで、日本に居住する外国人や日本人の富裕層(入会資格として、自家保有の役職者 -外資系企業や大企業の管理職や、医師・弁護士、一定以上の規模の企業の経営者など- で一定の年収が有る者)を主なカード会員(客層)にして事業を行っていた為、上級カードとして認識されている。なお、この頃のキャッチコピーとして、「大人のステータス」、「誰でも持てないから、誰もが持ちたい」、「ゴールドよりも、プラチナよりも上の、プラスチック」、「日本経済を明るくするカード」、「あなたのサインを、みんなが欲しがる」などがあった。
2000年(平成12年)のシティコープ(現:シティグループ)による買収によって、日本ダイナースも「シティコープダイナースクラブジャパン」に社名変更した。その後、2004年(平成16年)12月13日に会社分割し、シティバンク銀行が事業を承継した。
2008年(平成20年)のシティグループによる、ディスカバーカードへのブランド売却後も、引き続きシティバンク銀行が独占フランチャイズ権を維持し、常務運営を行っていた。2014年(平成26年)、シティグループによる世界的な不採算部門の見直しの一環による、シティバンク銀行の個人金融ビジネスからの撤退に伴い、2015年(平成27年)3月31日、独占的交渉権を得た三井住友信託銀行がCCJの全株式を400億円強程度で取得すると発表した。


【関連リンク】
ダイナースクラブ 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

ダイナースRC 500円

商品コード:020032

ダイナースRC 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥475

ダイナースRC 1,000円

商品コード:020033

ダイナースRC 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥950

ダイナースRC 5,000円

商品コード:020034

ダイナースRC 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,750

ダイナースRC 10,000円

商品コード:020035

ダイナースRC 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,500

商品情報

正式名称:ダイナースギフトカード
額  面:500円・1,000円・5,000円・10,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

 

買取に際してのご注意

・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。
 


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ダイナースギフトカードの使い方】

ダイナース加盟店にてご利用いただけます
西友・イトーヨーカドー イオン・ドンキホーテ・マルイ パルコ・ルミネ・ビックカメラ エディオン・ヨドバシカメラ・ノジマ コジマなど

【発行関連情報】

※ダイナースロイヤルチェックは2009年11月末で販売が終了しています。

【Topics1 ダイナースクラブ概要】

ダイナースクラブ(Diners Club)は、アメリカ合衆国を中心に全世界で展開するクレジットカード、又はこれを運営するアメリカ企業である。
ダイナースクラブは、その名の通り、買い物、石油、航空、運輸、電話、鉄道などでは、早くからクレジットカードが発達していたものを、レストランで使用できるカードがほとんどなかったので、その穴を埋めるために考え出されたものである。
それ故「食事をする人(diner=ダイナー)」のためのクラブ(club)、というネーミングになっている。また、サードパーティーが発行し、汎用性を高めたのが、それまでのクレジットカードとは異なるダイナースの成功の理由となった。

 

【Topics2 日本におけるダイナースクラブ】

日本においては、三井住友信託銀行傘下の三井住友トラストクラブ株式会社(旧・シティカードジャパン)がダイナースクラブに関する事業を行っている。
アメリカ合衆国とは異なり、カード表面にMasterCardのロゴは描かれていない。アメリカ及びカナダでは2010年6月30日まで、Diners Club の加盟店に加えてMasterCardの加盟店でも利用する事が出来た(国内専用カードを除く)。
また、2009年6月現在において、新規・カード更新などにより発行されるカードの裏面には、ディスカバーとPLUSのマークが記載されており、2010年7月1日からディスカバー加盟店(日本および中華人民共和国を除く)でのクレジットカードとPLUS ATMサービスを利用したキャッシングサービスが利用できるようになる。

 

【Topics3 日本におけるダイナースクラブの歴史】

日本交通公社(現:JTB)と富士銀行(現:みずほ銀行)が共同で、1960年(昭和35年)12月に「日本ダイナースクラブ」を設立した(日本でのクレジットカード発行専業企業の設立としては、最初であるが、カードの発行は、1961年春にJCBとほぼ同時に開始された。)
その当初から1990年代のバブル景気時点まで、日本に居住する外国人や日本人の富裕層(入会資格として、自家保有の役職者 -外資系企業や大企業の管理職や、医師・弁護士、一定以上の規模の企業の経営者など- で一定の年収が有る者)を主なカード会員(客層)にして事業を行っていた為、上級カードとして認識されている。なお、この頃のキャッチコピーとして、「大人のステータス」、「誰でも持てないから、誰もが持ちたい」、「ゴールドよりも、プラチナよりも上の、プラスチック」、「日本経済を明るくするカード」、「あなたのサインを、みんなが欲しがる」などがあった。
2000年(平成12年)のシティコープ(現:シティグループ)による買収によって、日本ダイナースも「シティコープダイナースクラブジャパン」に社名変更した。その後、2004年(平成16年)12月13日に会社分割し、シティバンク銀行が事業を承継した。
2008年(平成20年)のシティグループによる、ディスカバーカードへのブランド売却後も、引き続きシティバンク銀行が独占フランチャイズ権を維持し、常務運営を行っていた。2014年(平成26年)、シティグループによる世界的な不採算部門の見直しの一環による、シティバンク銀行の個人金融ビジネスからの撤退に伴い、2015年(平成27年)3月31日、独占的交渉権を得た三井住友信託銀行がCCJの全株式を400億円強程度で取得すると発表した。


【関連リンク】
ダイナースクラブ 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)