検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

阪神百貨店商品券の高価買取・換金

阪神百貨店商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:阪神百貨店商品券
額  面:500円券/1,000円券/5,000円綴券/10,000円綴券/
20,000円綴券/30,000円綴券/50,000円綴券/100,000円綴券
おつり :出ます。
有効期限:無期限となります。

 

正式名称:阪神 お取替券
おつり :出ません
有効期限:無期限となります。

 

こちらは阪神百貨店商品券券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【阪神百貨店商品券の使える店】

ご利用可能店舗
百貨店
・阪急百貨店 各店
・阪神百貨店 各店
スーパーマーケット
・阪急オアシス 各店
・イズミヤ 各店
・カナート・はやし 各店
ショッピングセンター
・モザイクボックス
・モザイクモール港北
・シティダイニングくうてん(JR博多シティ)

【Topics1 阪神百貨店とは】

阪神百貨店は、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社傘下の株式会社阪急阪神百貨店が運営する日本の百貨店。
また、株式会社阪神百貨店は、2008年(平成20年)9月30日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。
 

【Topics2 株式会社阪急阪神百貨店へ】

1937年1月22日に設立された初代株式会社阪神百貨店は戦時体制の強化に伴って百貨店の開業が出来なかった為消滅し、1957年4月17日に2代目の株式会社阪神百貨店が改めて設立し直され、本格的な百貨店を開業している。
1966年12月に株式額面変更のため、1947年6月30日設立の企業が存続企業となって2代目の株式会社阪神百貨店を吸収合併して3代目の株式会社阪神百貨店となり、1967年10月30日に大阪証券取引所第二部に上場し、1969年2月からは第一部に上場していたが、グループの再編に伴い、2005年10月1日付けで阪神百貨店株1に対し阪神電気鉄道株1.80が割り当てられた株式交換によって阪神電気鉄道の完全子会社化されることになり、2005年9月27日に上場廃止された。(従来は電鉄が発行済み株式の52.4%を保有)
この上場廃止日に村上世彰が率いるM&Aコンサルティング(村上ファンド)が阪神百貨店の株式18.19%を保有していることが判明し、他の株式と同様に阪神電気鉄道株式に交換されて村上ファンドがもつ阪神電気鉄道の持ち株比率が38.1%となったため、阪急ホールディングス(現・阪急阪神ホールディングス)がホワイトナイトとして村上ファンドが所有していた阪神電気鉄道の全株を取得し、一般の株主から買収した分を合わせると、電鉄の発行済株式の64.76%を保有することとなり、電鉄は阪急ホールディングスの子会社となった。
そのため、同じ阪急阪神東宝グループの阪急百貨店と提携の検討が阪急阪神ホールディングスの統合後からされて、2007年10月1日に阪急百貨店と経営統合してエイチ・ツー・オー リテイリングの完全子会社へ移行した。
そして、百貨店の運営会社を1社に統合するため2008年10月1日に株式会社阪急百貨店が株式会社阪神百貨店を吸収合併して商号を株式会社阪急阪神百貨店へ変更し、株式会社阪神百貨店は消滅した。

 


【関連リンク】
エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 企業サイト
阪神百貨店 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

阪神 商品券 500円

商品コード:000281

阪神 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥470

阪神 商品券 1,000円

商品コード:000282

阪神 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

阪神 商品券 2,000円

商品コード:000283

阪神 商品券 2,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,880

阪神 商品券 5,000円

商品コード:000284

阪神 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,700

阪神 商品券 10,000円

商品コード:000285

阪神 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,400

阪神 ギフト券 500円

商品コード:000286

阪神 ギフト券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

阪神 ギフト券 1,000円

商品コード:000287

阪神 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

阪神 内渡し票 500円

商品コード:000291

阪神 内渡し票 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

阪神 内渡し票 1,000円

商品コード:000292

阪神 内渡し票 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

阪神 内渡し票 3,000円

商品コード:000293

阪神 内渡し票 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,760

阪神 内渡し票 5,000円

商品コード:000294

阪神 内渡し票 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,600

阪神 内渡し票 10,000円

商品コード:000295

阪神 内渡し票 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,200

阪神 お取替券 500円

商品コード:000296

阪神 お取替券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

阪神 お取替券 1,000円

商品コード:000297

阪神 お取替券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

商品情報

正式名称:阪神百貨店商品券
額  面:500円券/1,000円券/5,000円綴券/10,000円綴券/
20,000円綴券/30,000円綴券/50,000円綴券/100,000円綴券
おつり :出ます。
有効期限:無期限となります。

 

正式名称:阪神 お取替券
おつり :出ません
有効期限:無期限となります。

 

こちらは阪神百貨店商品券券の買取ページとなります。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【阪神百貨店商品券の使える店】

ご利用可能店舗
百貨店
・阪急百貨店 各店
・阪神百貨店 各店
スーパーマーケット
・阪急オアシス 各店
・イズミヤ 各店
・カナート・はやし 各店
ショッピングセンター
・モザイクボックス
・モザイクモール港北
・シティダイニングくうてん(JR博多シティ)

【Topics1 阪神百貨店とは】

阪神百貨店は、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社傘下の株式会社阪急阪神百貨店が運営する日本の百貨店。
また、株式会社阪神百貨店は、2008年(平成20年)9月30日までこれを運営していた企業である(法人としては解散)。
 

【Topics2 株式会社阪急阪神百貨店へ】

1937年1月22日に設立された初代株式会社阪神百貨店は戦時体制の強化に伴って百貨店の開業が出来なかった為消滅し、1957年4月17日に2代目の株式会社阪神百貨店が改めて設立し直され、本格的な百貨店を開業している。
1966年12月に株式額面変更のため、1947年6月30日設立の企業が存続企業となって2代目の株式会社阪神百貨店を吸収合併して3代目の株式会社阪神百貨店となり、1967年10月30日に大阪証券取引所第二部に上場し、1969年2月からは第一部に上場していたが、グループの再編に伴い、2005年10月1日付けで阪神百貨店株1に対し阪神電気鉄道株1.80が割り当てられた株式交換によって阪神電気鉄道の完全子会社化されることになり、2005年9月27日に上場廃止された。(従来は電鉄が発行済み株式の52.4%を保有)
この上場廃止日に村上世彰が率いるM&Aコンサルティング(村上ファンド)が阪神百貨店の株式18.19%を保有していることが判明し、他の株式と同様に阪神電気鉄道株式に交換されて村上ファンドがもつ阪神電気鉄道の持ち株比率が38.1%となったため、阪急ホールディングス(現・阪急阪神ホールディングス)がホワイトナイトとして村上ファンドが所有していた阪神電気鉄道の全株を取得し、一般の株主から買収した分を合わせると、電鉄の発行済株式の64.76%を保有することとなり、電鉄は阪急ホールディングスの子会社となった。
そのため、同じ阪急阪神東宝グループの阪急百貨店と提携の検討が阪急阪神ホールディングスの統合後からされて、2007年10月1日に阪急百貨店と経営統合してエイチ・ツー・オー リテイリングの完全子会社へ移行した。
そして、百貨店の運営会社を1社に統合するため2008年10月1日に株式会社阪急百貨店が株式会社阪神百貨店を吸収合併して商号を株式会社阪急阪神百貨店へ変更し、株式会社阪神百貨店は消滅した。

 


【関連リンク】
エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社 企業サイト
阪神百貨店 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケットを高価買取・換金します~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(換金)

金券販売(購入)