検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

すかいらーく株主優待券の高価買取・換金

すかいらーく株主優待券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:すかいらーく株主優待ご優待カード
額  面:2,000円・3,000円・5,000円
有効期限:あります
おつり :でません

 

こちらはすかいらーく株主優待ご優待カードの高価買取ページです
すかいらーく株主優待ご優待カードの格安販売ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。

〇これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・有効期限記載のない商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【すかいらーく株主優待券の使える店】

全国のすかいらーくグループにてご利用いただけます。

  • ・ガスト
  • ・バーミヤン
  • ・ジョナサン
  • ・しゃぶ葉
  • ・夢庵
  • ・ステーキガスト
  • ・グラッチェガーデンズ
  • ・藍屋
  • ・魚屋路
  • ・chawan
  • ・ゆめあん食堂
  • ・とんから亭
  • ・とんかつ かつ久
  • ・から好し
  • ・ばーみやん軒 など

店舗はこちらから検索いただけます。
※フロプレステージュの店舗ではご利用いただけません。

 

【すかいらーく株主優待券の使い方】

税込価格より500円単位でご利用いただけます。
残高はカードに残ります。
宅配ではご利用いただけません。

 

【すかいらーく株主優待券の発行関連情報】

3月/9月の年2回発行となります。
権利割当日:6月30日/12月31日

【Topics1 すかいらーくグループとは】

すかいらーくグループは、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などのファミリーレストランチェーンを運営する外食産業系企業である。また、株式会社すかいらーくホールディングスは、すかいらーくグループを統括する純粋持株会社である。 株式会社すかいらーくレストランツは、すかいらーくホールディングスの子会社である。
洋食ファミリーレストラン「ガスト」および「ジョナサン」、和食チェーン「藍屋」「夢庵」「しゃぶ葉」、イタリアンレストラン「グラッチェガーデンズ」、中華料理チェーン「バーミヤン」などを経営する。2000年代ごろから他のレストラン企業やフードビジネス企業のM&Aを実施し、スケールメリットを生かした経営戦略を行っている。すかいらーくグループの運営・傘下の総店舗数は、2021年9月末時点で3,101店舗。

【Topics2 ガストへの大規模転換】

1992年、バブル崩壊後当時の低迷を打開すべく、当初は高級路線の実験店舗ブランドだった「ガスト」を、低価格の新業態として東京都小平市に1号店を開店した。なおこの1号店はのちに閉店し、隣に新しくバーミヤン小平仲町店が建てられている。
「ガスト」の店名は、スペイン語・イタリア語で「味」を意味する"gusto"(グスト)を英語読みしたものである。
ホールでは当時としては珍しいセルフサービスのドリンクバーやワイヤレス型呼び出しベルの導入。キッチンではスーパーキッチンなどで実験中だったコンベアオーブンを導入した。なお、価格や性能などの問題で日本製ではなく、米国のリンカーン(英語版)社製のものを採用した。その他、料理の出し方の変更、各ポジションなどのプリンターによる作業開始などの工夫により、より少ない従業員での運営を可能にし、すかいらーくで懸案となっていた高騰する人件費率を抑えるなどして低価格を実現した。店員の服装はジーンズにポロシャツ、缶バッジ、スニーカーというカジュアルなスタイルとなった。
1993年には、当時720店あった「すかいらーく」のうち420店舗を約1年でガストに転換。「おいしい料理を、ポピュラープライスで、自宅のダイニング感覚でお食事を」をコンセプトに、客単価を大幅に下げたために1993年ごろには業界で「ガスト化」「ガスト現象」など呼ばれるブームを巻き起こした。
しかし、セルフサービスの導入などの効率化は客席放置につながり、メニューが飽きられ客層も悪化し、1994年ごろには早くも業績が落ち込んだ。これに対し、当初より過剰なセルフ化などサービスのレベルダウンには反対していた当時の社長茅野亮は大いに危機感を抱き、「ブラッシュアップキャンペーン」としてサービスや調理の基本を見直し、価格も都市型・地方型と分けていった。
2003年11月、八王子寺町店をオープン。単一ブランドのファミリーレストランチェーンとしては初となる1000店舗を達成した。

 


【関連リンク】
すかいらーくグループ 企業ページ
すかいらーくグループ 株価情報

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

すかいらーくグループ ご優待券 500円

商品コード:450024

すかいらーくグループ ご優待券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥375

すかいらーく株主優待券 2,000円 (2023年9月末迄)

商品コード:450025

すかいらーく株主優待券 2,000円 (2023年9月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,600

すかいらーく株主優待券 3,000円 (2023年9月末迄)

商品コード:450026

すかいらーく株主優待券 3,000円 (2023年9月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,400

すかいらーく株主優待券 5,000円 (2023年9月末迄)

商品コード:450027

すかいらーく株主優待券 5,000円 (2023年9月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,000

すかいらーく株主優待券 2,000円  (2023年3月末迄)

商品コード:450028

すかいらーく株主優待券 2,000円 (2023年3月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,600

すかいらーく株主優待券 3,000円  (2023年3月末迄)

商品コード:450029

すかいらーく株主優待券 3,000円 (2023年3月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,400

すかいらーく株主優待券 5,000円  (2023年3月末迄)

商品コード:450030

すかいらーく株主優待券 5,000円 (2023年3月末迄)

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,000

すかいらーく株主優待券 2,000円 (2022年9月末迄)

商品コード:450031

すかいらーく株主優待券 2,000円 (2022年9月末迄)

お気に入りに追加
申し訳ございませんが、買取不可商品となります。
すかいらーく株主優待券 3,000円 (2022年9月末迄)

商品コード:450032

すかいらーく株主優待券 3,000円 (2022年9月末迄)

お気に入りに追加
申し訳ございませんが、買取不可商品となります。
すかいらーく株主優待券 5,000円 (2022年9月末迄)

商品コード:450033

すかいらーく株主優待券 5,000円 (2022年9月末迄)

お気に入りに追加
申し訳ございませんが、買取不可商品となります。

商品情報

正式名称:すかいらーく株主優待ご優待カード
額  面:2,000円・3,000円・5,000円
有効期限:あります
おつり :でません

 

こちらはすかいらーく株主優待ご優待カードの高価買取ページです
すかいらーく株主優待ご優待カードの格安販売ページはこちら

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。

〇これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・有効期限記載のない商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【すかいらーく株主優待券の使える店】

全国のすかいらーくグループにてご利用いただけます。

  • ・ガスト
  • ・バーミヤン
  • ・ジョナサン
  • ・しゃぶ葉
  • ・夢庵
  • ・ステーキガスト
  • ・グラッチェガーデンズ
  • ・藍屋
  • ・魚屋路
  • ・chawan
  • ・ゆめあん食堂
  • ・とんから亭
  • ・とんかつ かつ久
  • ・から好し
  • ・ばーみやん軒 など

店舗はこちらから検索いただけます。
※フロプレステージュの店舗ではご利用いただけません。

 

【すかいらーく株主優待券の使い方】

税込価格より500円単位でご利用いただけます。
残高はカードに残ります。
宅配ではご利用いただけません。

 

【すかいらーく株主優待券の発行関連情報】

3月/9月の年2回発行となります。
権利割当日:6月30日/12月31日

【Topics1 すかいらーくグループとは】

すかいらーくグループは、「ガスト」「バーミヤン」「ジョナサン」などのファミリーレストランチェーンを運営する外食産業系企業である。また、株式会社すかいらーくホールディングスは、すかいらーくグループを統括する純粋持株会社である。 株式会社すかいらーくレストランツは、すかいらーくホールディングスの子会社である。
洋食ファミリーレストラン「ガスト」および「ジョナサン」、和食チェーン「藍屋」「夢庵」「しゃぶ葉」、イタリアンレストラン「グラッチェガーデンズ」、中華料理チェーン「バーミヤン」などを経営する。2000年代ごろから他のレストラン企業やフードビジネス企業のM&Aを実施し、スケールメリットを生かした経営戦略を行っている。すかいらーくグループの運営・傘下の総店舗数は、2021年9月末時点で3,101店舗。

【Topics2 ガストへの大規模転換】

1992年、バブル崩壊後当時の低迷を打開すべく、当初は高級路線の実験店舗ブランドだった「ガスト」を、低価格の新業態として東京都小平市に1号店を開店した。なおこの1号店はのちに閉店し、隣に新しくバーミヤン小平仲町店が建てられている。
「ガスト」の店名は、スペイン語・イタリア語で「味」を意味する"gusto"(グスト)を英語読みしたものである。
ホールでは当時としては珍しいセルフサービスのドリンクバーやワイヤレス型呼び出しベルの導入。キッチンではスーパーキッチンなどで実験中だったコンベアオーブンを導入した。なお、価格や性能などの問題で日本製ではなく、米国のリンカーン(英語版)社製のものを採用した。その他、料理の出し方の変更、各ポジションなどのプリンターによる作業開始などの工夫により、より少ない従業員での運営を可能にし、すかいらーくで懸案となっていた高騰する人件費率を抑えるなどして低価格を実現した。店員の服装はジーンズにポロシャツ、缶バッジ、スニーカーというカジュアルなスタイルとなった。
1993年には、当時720店あった「すかいらーく」のうち420店舗を約1年でガストに転換。「おいしい料理を、ポピュラープライスで、自宅のダイニング感覚でお食事を」をコンセプトに、客単価を大幅に下げたために1993年ごろには業界で「ガスト化」「ガスト現象」など呼ばれるブームを巻き起こした。
しかし、セルフサービスの導入などの効率化は客席放置につながり、メニューが飽きられ客層も悪化し、1994年ごろには早くも業績が落ち込んだ。これに対し、当初より過剰なセルフ化などサービスのレベルダウンには反対していた当時の社長茅野亮は大いに危機感を抱き、「ブラッシュアップキャンペーン」としてサービスや調理の基本を見直し、価格も都市型・地方型と分けていった。
2003年11月、八王子寺町店をオープン。単一ブランドのファミリーレストランチェーンとしては初となる1000店舗を達成した。

 


【関連リンク】
すかいらーくグループ 企業ページ
すかいらーくグループ 株価情報

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)