検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

ユーロ(EUR)の外貨両替・換金買取

ユーロの高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:ユーロ
額  面: 5/10/20/50/100/200ユーロ

 

こちらは、ユーロ→円への両替ページとなります。
円→ユーロへの両替ページはこちら

 

買取に際してのご注意

・最新両替レートは平日11:00前後に更新します。(弊社休業日を除く)
・100万円以上の両替の場合は事前にお問い合せください。
・500ユーロ紙幣はお買取りを行っておりません。
・下記の紙幣はお買取りをお断りする場合があります。
  現行発行でない紙幣
  弊社鑑定機を通らない紙幣
  汚れ落書きなどが著しく目立つ紙幣

・お買取できない紙幣はご返送となります。
 その場合送料はお客様負担となります。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ユーロが使用できる国】

ユーロは下記19ヶ国が導入しています。
・オーストリア
・ベルギー
・エストニア
・フィンランド
・フランス
・ドイツ
・ギリシャ
・アイルランド
・イタリア
・ルクセンブルク
・マルタ
・オランダ
・ポルトガル
・スロバキア
・スロベニア
・スペイン
・リトアニア
・ラトビア
・キプロス

 

【渡航情報】

現在の渡航情報については、外務省海外安全ホームページにてご確認ください。
各国・地域別の入国制限・行動制限措置について
欧州(西側)地域海外安全情報

【Topics1 ユーロ】

ユーロ(記号: €; コード: EUR)は 、欧州連合27か国のうち19か国で公式に導入されている通貨である。このグループはユーロ圏またはユーロゾーンとして知られている。2019年時点で約3億4,300万人の市民が暮らしている。
ユーロは100セントに分割可能であり、外国為替市場で米ドルに次いで2番目の規模と取引をされている通貨である。

【Topics2 ユーロ記号(€)】

ユーロ記号は1997年に単一通貨を示す記号として、欧州委員会によって作成された。当初は通貨に独自の記号があるものは少ないため、欧州理事会でもユーロ記号についてはあまり議論されていなかった。1996年になるとユーロのロゴの募集が開始され、その中から図案が選考された。また1997年7月にはロゴに加えて通貨記号も定めることになった。
ユーロ記号は欧州経済共同体で主席グラフィックデザイナーを務めていたアルトゥール・アイセンメンガーが1974年に作成した図案が元になっている。その図案は大きく丸みを帯びたEの文字の中央に2本の横線が入ったもの(Cの文字に等号を組み合わせたようなもの)である。またそれはギリシア文字のε、古典古代のヨーロッパを連想させるものでもある。2本の横線は、ユーロとヨーロッパ経済圏の安定を示している。ユーロの前身である欧州通貨単位の記号は短縮形のECUを図式化して使用されていたが、ユーロ記号はECUと同様に作成されたものではない。このユーロ記号の Unicode での符号位置は U+20AC である。

ユーロ硬貨(ユーロ・セント)は両替できますか?

申し訳ございません。硬貨(ユーロ・セント)の両替は行っておりません


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

EUR 5ユーロ

商品コード:800010

EUR 5ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥678.1

EUR 10ユーロ

商品コード:800011

EUR 10ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,356.2

EUR 20ユーロ

商品コード:800012

EUR 20ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,712.4

EUR 50ユーロ

商品コード:800013

EUR 50ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥6,781

EUR 100ユーロ

商品コード:800014

EUR 100ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥13,562

EUR 200ユーロ

商品コード:800015

EUR 200ユーロ

お気に入りに追加

買取価格 :¥27,124

EUR 500ユーロ

商品コード:800016

EUR 500ユーロ

お気に入りに追加
申し訳ございませんが、買取不可商品となります。

商品情報

正式名称:ユーロ
額  面: 5/10/20/50/100/200ユーロ

 

こちらは、ユーロ→円への両替ページとなります。
円→ユーロへの両替ページはこちら

 

買取に際してのご注意

・最新両替レートは平日11:00前後に更新します。(弊社休業日を除く)
・100万円以上の両替の場合は事前にお問い合せください。
・500ユーロ紙幣はお買取りを行っておりません。
・下記の紙幣はお買取りをお断りする場合があります。
  現行発行でない紙幣
  弊社鑑定機を通らない紙幣
  汚れ落書きなどが著しく目立つ紙幣

・お買取できない紙幣はご返送となります。
 その場合送料はお客様負担となります。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ユーロが使用できる国】

ユーロは下記19ヶ国が導入しています。
・オーストリア
・ベルギー
・エストニア
・フィンランド
・フランス
・ドイツ
・ギリシャ
・アイルランド
・イタリア
・ルクセンブルク
・マルタ
・オランダ
・ポルトガル
・スロバキア
・スロベニア
・スペイン
・リトアニア
・ラトビア
・キプロス

 

【渡航情報】

現在の渡航情報については、外務省海外安全ホームページにてご確認ください。
各国・地域別の入国制限・行動制限措置について
欧州(西側)地域海外安全情報

【Topics1 ユーロ】

ユーロ(記号: €; コード: EUR)は 、欧州連合27か国のうち19か国で公式に導入されている通貨である。このグループはユーロ圏またはユーロゾーンとして知られている。2019年時点で約3億4,300万人の市民が暮らしている。
ユーロは100セントに分割可能であり、外国為替市場で米ドルに次いで2番目の規模と取引をされている通貨である。

【Topics2 ユーロ記号(€)】

ユーロ記号は1997年に単一通貨を示す記号として、欧州委員会によって作成された。当初は通貨に独自の記号があるものは少ないため、欧州理事会でもユーロ記号についてはあまり議論されていなかった。1996年になるとユーロのロゴの募集が開始され、その中から図案が選考された。また1997年7月にはロゴに加えて通貨記号も定めることになった。
ユーロ記号は欧州経済共同体で主席グラフィックデザイナーを務めていたアルトゥール・アイセンメンガーが1974年に作成した図案が元になっている。その図案は大きく丸みを帯びたEの文字の中央に2本の横線が入ったもの(Cの文字に等号を組み合わせたようなもの)である。またそれはギリシア文字のε、古典古代のヨーロッパを連想させるものでもある。2本の横線は、ユーロとヨーロッパ経済圏の安定を示している。ユーロの前身である欧州通貨単位の記号は短縮形のECUを図式化して使用されていたが、ユーロ記号はECUと同様に作成されたものではない。このユーロ記号の Unicode での符号位置は U+20AC である。

ユーロ硬貨(ユーロ・セント)は両替できますか?

申し訳ございません。硬貨(ユーロ・セント)の両替は行っておりません


おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)