検索
【金券ショップ】 チケッティ オンラインショップ 金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

オートバックス商品券(量販店・専門店など )の高価買取

オートバックス商品券(ギフトカード)の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:オートバックス商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらはオートバックスギフトカードの買取ページとなります。
オートバックスギフトカードの格安販売、購入ページはこちらから。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【オートバックスギフトカードの使い方】

・オートバックスギフトカード(商品券)は全国のオートバックスグループでご利用いただけます。

【Topics1 オートバックスセブンとは】

株式会社オートバックスセブン(英: AUTOBACS SEVEN CO.,LTD.)は、東京都江東区に本社を置き、カー用品店最大手のチェーンである「オートバックス」や「スーパーオートバックス」等を運営、またはフランチャイズ展開している企業である。
日本初のカー用品総合専門店で、創業者の住野敏郎がアメリカを視察した際に見たカー用品総合専門店を、日本でも実現できないか、という発想から生まれた。

名称の由来は、取り扱う品目の一部の頭文字・社員達の意志から。「AUTO」は、アピール(Appeal)・ユニーク(Unique)・タイヤ(Tire)・オイル(Oil)から成り、「BACS」は、バッテリー(Battery)・アクセサリー(Accessory)・カーエレクトロニクス(Car electronics)に、サービス(Service)を付加したもの。AUTOに関しては、自動車を意味するオート(AUTO)でもある。そして、社名の「セブン」は、「取扱商品であるタイヤ・オイル・バッテリー・アクセサリー・カーオーディオ・サービスの6つに続き、常にお客様のために第7の商品を探し続ける」という理念がこめられている。

業務拡大の度に、本社を大阪府内で度々移転したが、本格的に東京進出を目指し、2001年には本社を東京に移転した。

みどり会のメンバーであり三和グループに属している。

 

【Topics2 運営店舗について】

・オートバックス
最も一般的な店舗。テーマカラーはオレンジ。

・スーパーオートバックス
1997年から展開している大型自動車用品店。テーマカラーは星条旗をイメージした赤・白・青。自動車用品ばかりではなく、化粧品や音楽CD、書籍なども販売しており、高度なカスタマイズやチューンアップも手がけている。また、東雲店(東京都江東区)などではASLの車両が展示販売されており、千葉県柏市のかしわ沼南店ではミニシネコン『シネスクープ』が併設されていた(2008年2月29日をもって閉館)。

・オートバックス走り屋天国セコハン市場
下取りした中古パーツや店頭展示品、パッケージ破損品等のアウトレット商品を取扱う。公式サイト上ではオートバックス セコハン市場と「走り屋天国」の語が消えているが、その理由は不明。しかし実店舗では「走り屋天国」の語が残っているものもある。近年は中古小売り市場の縮小もあり、店舗数は全国に22店(2017年7月現在)と縮小傾向にある。

・オートバックスエクスプレス
セルフサービス式ガソリンスタンドをベースとした新業態。2018年11月現在、北陸、近畿を中心に11店。かつて東燃ゼネラル石油(現・ENEOS)が運営していたガソリンスタンド形態「エクスプレス」(現・EneJet)とは無関係。

・オートハローズ
緑地の看板に白のチョキマークがシンボル。
元々はオートバックスのフランチャイズから独立して北海道で創業したカー用品店で、寒冷地でのカーライフに合わせた商品展開を行っていた。2002年に買収し子会社化。その後はオートバックスなど他ブランドへの転換が進み、2012年10月4日のオートハローズ紋別店のオートバックス紋別店への移転・業態変換を以て消滅した。
当社による子会社化以前は広島県等道外にも店舗を構えていたが、道内の店舗とは異なり、チョキマークを使用していなかった。

・オートバックスカーズ
1996年から中古車事業に参入し、2002年から現名称で車買取および新車・中古車販売を行っている。新車販売はオートバックスカーズ発足以前、マツダ・ユーノスのディーラー権を取得し、大阪府吹田市にて新車販売店「ユーノスロータリー」を運営していた。ユーノス終了後は閉店し、そのまま「オートバックス吹田泉町店」に変更し営業していたが、2011年に移転・閉店した。
2015年、東京都豊島区のBMW・MINIの正規ディーラー「アウトプラッツ」を買収。オートバックスの名を前面に出さず「Ikebukuro BMW」と「MINI池袋」を運営している。その後も2016年、栃木県のBMW正規ディーラー「モトーレン栃木」を譲受。2017年11月、練馬区のBMW正規ディーラー「Nerima BMW」の運営を引き継ぐ。2018年8月、BMW東京が運営していた「Ogikibo BMW」の運営を引き継ぐ。
2021年、栃木県のアウディ正規ディーラー「TAインポート」 を買収。宇都宮市・柏の葉の店舗を引き継ぐ。同年4月1日付けで社名を「株式会社バックス・アドバンス」に変更した。
 


【関連リンク】

株式会社オートバックスセブン 企業サイト
オートバックス 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

オートバックス商品券 500円

商品コード:080099

オートバックス商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥425

オートバックス商品券 1,000円

商品コード:080100

オートバックス商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥850

商品情報

正式名称:オートバックス商品券
額  面:500円・1,000円
有効期限:ありません
おつり :でません

 

こちらはオートバックスギフトカードの買取ページとなります。
オートバックスギフトカードの格安販売、購入ページはこちらから。

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・100枚以上お買取り希望の場合はお問い合わせください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【オートバックスギフトカードの使い方】

・オートバックスギフトカード(商品券)は全国のオートバックスグループでご利用いただけます。

【Topics1 オートバックスセブンとは】

株式会社オートバックスセブン(英: AUTOBACS SEVEN CO.,LTD.)は、東京都江東区に本社を置き、カー用品店最大手のチェーンである「オートバックス」や「スーパーオートバックス」等を運営、またはフランチャイズ展開している企業である。
日本初のカー用品総合専門店で、創業者の住野敏郎がアメリカを視察した際に見たカー用品総合専門店を、日本でも実現できないか、という発想から生まれた。

名称の由来は、取り扱う品目の一部の頭文字・社員達の意志から。「AUTO」は、アピール(Appeal)・ユニーク(Unique)・タイヤ(Tire)・オイル(Oil)から成り、「BACS」は、バッテリー(Battery)・アクセサリー(Accessory)・カーエレクトロニクス(Car electronics)に、サービス(Service)を付加したもの。AUTOに関しては、自動車を意味するオート(AUTO)でもある。そして、社名の「セブン」は、「取扱商品であるタイヤ・オイル・バッテリー・アクセサリー・カーオーディオ・サービスの6つに続き、常にお客様のために第7の商品を探し続ける」という理念がこめられている。

業務拡大の度に、本社を大阪府内で度々移転したが、本格的に東京進出を目指し、2001年には本社を東京に移転した。

みどり会のメンバーであり三和グループに属している。

 

【Topics2 運営店舗について】

・オートバックス
最も一般的な店舗。テーマカラーはオレンジ。

・スーパーオートバックス
1997年から展開している大型自動車用品店。テーマカラーは星条旗をイメージした赤・白・青。自動車用品ばかりではなく、化粧品や音楽CD、書籍なども販売しており、高度なカスタマイズやチューンアップも手がけている。また、東雲店(東京都江東区)などではASLの車両が展示販売されており、千葉県柏市のかしわ沼南店ではミニシネコン『シネスクープ』が併設されていた(2008年2月29日をもって閉館)。

・オートバックス走り屋天国セコハン市場
下取りした中古パーツや店頭展示品、パッケージ破損品等のアウトレット商品を取扱う。公式サイト上ではオートバックス セコハン市場と「走り屋天国」の語が消えているが、その理由は不明。しかし実店舗では「走り屋天国」の語が残っているものもある。近年は中古小売り市場の縮小もあり、店舗数は全国に22店(2017年7月現在)と縮小傾向にある。

・オートバックスエクスプレス
セルフサービス式ガソリンスタンドをベースとした新業態。2018年11月現在、北陸、近畿を中心に11店。かつて東燃ゼネラル石油(現・ENEOS)が運営していたガソリンスタンド形態「エクスプレス」(現・EneJet)とは無関係。

・オートハローズ
緑地の看板に白のチョキマークがシンボル。
元々はオートバックスのフランチャイズから独立して北海道で創業したカー用品店で、寒冷地でのカーライフに合わせた商品展開を行っていた。2002年に買収し子会社化。その後はオートバックスなど他ブランドへの転換が進み、2012年10月4日のオートハローズ紋別店のオートバックス紋別店への移転・業態変換を以て消滅した。
当社による子会社化以前は広島県等道外にも店舗を構えていたが、道内の店舗とは異なり、チョキマークを使用していなかった。

・オートバックスカーズ
1996年から中古車事業に参入し、2002年から現名称で車買取および新車・中古車販売を行っている。新車販売はオートバックスカーズ発足以前、マツダ・ユーノスのディーラー権を取得し、大阪府吹田市にて新車販売店「ユーノスロータリー」を運営していた。ユーノス終了後は閉店し、そのまま「オートバックス吹田泉町店」に変更し営業していたが、2011年に移転・閉店した。
2015年、東京都豊島区のBMW・MINIの正規ディーラー「アウトプラッツ」を買収。オートバックスの名を前面に出さず「Ikebukuro BMW」と「MINI池袋」を運営している。その後も2016年、栃木県のBMW正規ディーラー「モトーレン栃木」を譲受。2017年11月、練馬区のBMW正規ディーラー「Nerima BMW」の運営を引き継ぐ。2018年8月、BMW東京が運営していた「Ogikibo BMW」の運営を引き継ぐ。
2021年、栃木県のアウディ正規ディーラー「TAインポート」 を買収。宇都宮市・柏の葉の店舗を引き継ぐ。同年4月1日付けで社名を「株式会社バックス・アドバンス」に変更した。
 


【関連リンク】

株式会社オートバックスセブン 企業サイト
オートバックス 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケットを高価買取・換金します~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(換金)

金券販売(購入)