金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。

閉じる

金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

62円 はがき(通常・年賀状・かもめーる)の買取(ご売却)

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

62円 はがき(通常・年賀状・かもめーる) 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

買取に際してのご注意

こちらは62円はがきの買取ページとなります。

 

<ハガキ種類について>
62円はがきは、普通ハガキ・年賀状・かもめーる等の種類、及び未使用・書き損じ等を区別せず、
同じ額面は全て同一コードとして受け付けております。

ただし、書き損じはがきに関しては、
 ・表面の切手部分に印刷や記載事項がかかっているもの  
 ・年賀状(年賀はがき)に関しましては、表面に住所の記載があるもの  

こちらの2点に関しましては買取を行っておりません。

 

<完封品について>

・完封状態かバラかによって買取価格が変わります。

 100枚組・200枚組との表記がある価格は、それぞれの枚数で封を開けていない商品の買取価格となります。

封が空いている場合は100枚・200枚あった場合もバラ扱いとなります。ご注意ください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについて

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ご利用関連情報】

・はがきとは、郵便物のいち形態で、旧来は郵政省が発行していたものは官製はがきと呼ばれていましたが、民営化で日本郵便株式会社に移行したのに伴い郵便はがきと呼ばれておりました。しかし、実際には現在でも官製はがきとの呼び名が多く使われています。

・年賀状やかもめーるのような時候の挨拶の為のはがきや、胡蝶蘭のように喪中・寒中見舞いのお知らせの為のはがき、印刷所等で大量印刷を行う際に使用できる四面連刷はがき等、用途によってさまざまな種類のはがきがあります。用途によって種類をお選び下さい。

【Topics1 はがき販売価格の変遷】

ハガキの値段は年々上がっています。物価の昭和23年に50銭から2円に値上げして以来、7円、10円、20円、30円、41円、50円とほぼ10円づつ値上がりし、2014年4月からは52円、2017年6月以降は1枚62円での販売となり、特に62円への値上げは消費税増税以外では平成6年の50円への値上げ以来23年ぶりの大幅値上げとなりました。

 

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)

商品コード:100014

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)

お気に入りに追加

買取価格 :¥44

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)-100枚組

商品コード:100014-100

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)-100枚組

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,600

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)-200枚組

商品コード:100014-200

62円 はがき (通常・年賀状・かもめーる・書き損じ)-200枚組

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,200

124円 往復はがき

商品コード:100033

124円 往復はがき

お気に入りに追加

買取価格 :¥88

124円 往復はがき-100枚組

商品コード:100033-100

124円 往復はがき-100枚組

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,200

248円 四面はがき

商品コード:100042

248円 四面はがき

お気に入りに追加

買取価格 :¥176

買取に際してのご注意

こちらは62円はがきの買取ページとなります。

 

<ハガキ種類について>
62円はがきは、普通ハガキ・年賀状・かもめーる等の種類、及び未使用・書き損じ等を区別せず、
同じ額面は全て同一コードとして受け付けております。

ただし、書き損じはがきに関しては、
 ・表面の切手部分に印刷や記載事項がかかっているもの  
 ・年賀状(年賀はがき)に関しましては、表面に住所の記載があるもの  

こちらの2点に関しましては買取を行っておりません。

 

<完封品について>

・完封状態かバラかによって買取価格が変わります。

 100枚組・200枚組との表記がある価格は、それぞれの枚数で封を開けていない商品の買取価格となります。

封が空いている場合は100枚・200枚あった場合もバラ扱いとなります。ご注意ください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ご利用関連情報】

・はがきとは、郵便物のいち形態で、旧来は郵政省が発行していたものは官製はがきと呼ばれていましたが、民営化で日本郵便株式会社に移行したのに伴い郵便はがきと呼ばれておりました。しかし、実際には現在でも官製はがきとの呼び名が多く使われています。

・年賀状やかもめーるのような時候の挨拶の為のはがきや、胡蝶蘭のように喪中・寒中見舞いのお知らせの為のはがき、印刷所等で大量印刷を行う際に使用できる四面連刷はがき等、用途によってさまざまな種類のはがきがあります。用途によって種類をお選び下さい。

【Topics1 はがき販売価格の変遷】

ハガキの値段は年々上がっています。物価の昭和23年に50銭から2円に値上げして以来、7円、10円、20円、30円、41円、50円とほぼ10円づつ値上がりし、2014年4月からは52円、2017年6月以降は1枚62円での販売となり、特に62円への値上げは消費税増税以外では平成6年の50円への値上げ以来23年ぶりの大幅値上げとなりました。

 

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)