金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

ニトリ株主優待券の買取(ご売却)

ニトリ株主優待券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

正式名称:ニトリ株主優待券
有効期限:あります
おつり :でません
※1枚あたりの買取価格になります。

 

 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・1枚あたりの買取価格になります

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・株主様名記載必須となります、記名のない商品はお買取り不可となります。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ニトリ株主優待券の使い方】

・株主優待券1枚につき、10%割引となります。
 (1枚につき10万円(税込)のお買上げが上限となります)
・全国のニトリおよびデコホーム各店でご利用いただけます。
・ネットショップではご利用いただけません。
・他の割引券と併用できません。
・リフォーム代金など一部商品の購入にはご利用いただけません。

【Topics1 株式会社ニトリ概要】

株式会社ニトリは、北海道札幌市北区に本社を置く、家具およびインテリア用品小売業の大手。日本国内693店舗(2021年7月2日時点)、および台湾、中華人民共和国など、世界に約100店舗のチェーンストアを展開している。インターネット通販も行っている。
似鳥昭雄が北海道の地で創業し、一代で家具・インテリア用品を製造・物流・販売する大手企業へと成長させた。2010年11月、持ち株会社制への移行に伴い現在はニトリホールディングス(持株会社)の完全子会社である。2012年にアメリカ合衆国に Nitori USA,Inc.も設立、昭雄の名からとった「AKi-Home」(アキ・ホーム)の名で翌年から店舗展開している。
学習机は年間7万7千台を販売し、全国シェアで日本一となっている。
「お、ねだん以上。ニトリ」をCMのキャッチコピーとしており、家具業界では珍しく製造小売業(SPA)のノウハウを取り入れ、「海外原材料の仕入→現地生産→輸入→店舗販売→商品配送」までほぼグループ直営で行うことで、自社で原材料の仕入れや製造段階からかかわり商品の品質を確保しつつ、その品質の割に安価な価格で人々に提供していることを特徴としている。製造・小売りのみならず中間物流・配送まで自社でおこなう一貫体制を取っており(ニトリでは自社の業態を「製造物流小売業」と謳っており、物流を大規模に行っているのも特徴であり)、札幌・関東(埼玉県白岡市)・関西(兵庫県神戸市)・九州(福岡県大川市)に拠点となる直営の物流センター(DC)を持ち、社長の似鳥昭雄が渡米した際に見た米軍の兵站システムにヒントに「自動立体倉庫」も導入しており(札幌物流センターが最初に導入)、加えて本来ならば商社が仲介する船の手配までも自前で行っている、という特徴がある。
取り扱う商品としては家具、インテリア用品、生活用品(寝具・ベッドリネン類、食器・キッチン用品、ランドリー用品、白物家電等々)のいずれも扱っており、大分類するなら「ホームファニシング」という用語で分類されることがある業態である。日本ではあまり馴染みのない言葉ではあるが、イケアなど欧米では一般的な業態である。実際、事業展開に当たっては、イケアを手本の一つにしているという。創業段階では家具店であったが、創業者似鳥昭雄自身が現在の業態へと進化させた。
看板などに使われるイメージカラーは「エメラルドグリーン」だが、一部店舗では旧デザインの「青色に鳥のマーク」を継続して使用している。
北海道拓殖銀行の破綻以後不振が続く北海道経済の中でも1988年以来2017年現在「30期連続増収増益」と順調に推移し、DCMホーマック(ホームセンター)、ツルハホールディングス(ドラッグストア)、ラルズや福原(いずれもスーパーマーケット)などとともに「北海道の勝ち組企業」と呼ばれている。2002年10月には札幌証券取引所から東京証券取引所第一部に上場した。
2014年5月に白井俊之が取締役執行役員から取締役社長に就任した。創業家以外は初である。

 

【Topics2 店舗概要】

北海道から沖縄まで日本全国に出店し(693店舗。2021年7月2日時点)、店舗網拡大を続けている。日本国外では、台湾に26店舗を構える。米国でもAki-Homeとして店舗を構えている。
大半の店舗が「ホームファニシングストア」と謳い、主に大型家具やインテリア用品や小物・生活日常品など扱っているが、17店舗については「ホームファッションストア」と称し、大型家具の品揃えを大幅に絞ってインテリア用品中心の店舗としている。この他、モール型の施設「ニトリモール」や小型店舗「ニトリデコホーム」も展開している。
店舗の日本国内の県別の分布は、同社のウェブサイトで確認でき、たとえば関東では東京都で56店舗、神奈川県で44店舗、埼玉県で44店舗、千葉県で38店舗。関西では大阪府で47店舗、兵庫県で37店舗。なお創業地の北海道では32店舗である。(いずれも2021年7月2日時点)
なお、現存する店舗の中で最も開店時期が古いのは、本社が入居する3号店の「麻生店」(北海道札幌市北区、ニトリ本店)である。 山陰地方には最後まで未出店だったが、2011年3月11日に島根県松江市への出店をもって業界初の全都道府県への出店を達成した。
2000年代後半以降は特に道内の店舗で積極的にスクラップアンドビルドを進めており、既存店舗を建て替え(あるいは移設し)、概ね5000m2以上の店舗へ拡張している。
各店舗の電話番号は非公表で、レシートに記載される電話番号はお客様相談室のものである。

 


【関連リンク】
株式会社ニトリ 企業ページ

ニトリ株主優待券にある株主本人の名前を書く欄は記入が必要ですか?

はい。
株主様名記載が必須となります、記名のない商品はお買取り不可となります。


※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

ニトリ 株主優待券 (10%割引 上限10万円)

商品コード:510047

ニトリ 株主優待券 (10%割引 上限10万円)

お気に入りに追加

買取価格 :¥500

商品情報

正式名称:ニトリ株主優待券
有効期限:あります
おつり :でません
※1枚あたりの買取価格になります。

 

 

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。
・有効期限3ヵ月以下の券に関してはお問い合わせください。
・1枚あたりの買取価格になります

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・株主様名記載必須となります、記名のない商品はお買取り不可となります。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【ニトリ株主優待券の使い方】

・株主優待券1枚につき、10%割引となります。
 (1枚につき10万円(税込)のお買上げが上限となります)
・全国のニトリおよびデコホーム各店でご利用いただけます。
・ネットショップではご利用いただけません。
・他の割引券と併用できません。
・リフォーム代金など一部商品の購入にはご利用いただけません。

【Topics1 株式会社ニトリ概要】

株式会社ニトリは、北海道札幌市北区に本社を置く、家具およびインテリア用品小売業の大手。日本国内693店舗(2021年7月2日時点)、および台湾、中華人民共和国など、世界に約100店舗のチェーンストアを展開している。インターネット通販も行っている。
似鳥昭雄が北海道の地で創業し、一代で家具・インテリア用品を製造・物流・販売する大手企業へと成長させた。2010年11月、持ち株会社制への移行に伴い現在はニトリホールディングス(持株会社)の完全子会社である。2012年にアメリカ合衆国に Nitori USA,Inc.も設立、昭雄の名からとった「AKi-Home」(アキ・ホーム)の名で翌年から店舗展開している。
学習机は年間7万7千台を販売し、全国シェアで日本一となっている。
「お、ねだん以上。ニトリ」をCMのキャッチコピーとしており、家具業界では珍しく製造小売業(SPA)のノウハウを取り入れ、「海外原材料の仕入→現地生産→輸入→店舗販売→商品配送」までほぼグループ直営で行うことで、自社で原材料の仕入れや製造段階からかかわり商品の品質を確保しつつ、その品質の割に安価な価格で人々に提供していることを特徴としている。製造・小売りのみならず中間物流・配送まで自社でおこなう一貫体制を取っており(ニトリでは自社の業態を「製造物流小売業」と謳っており、物流を大規模に行っているのも特徴であり)、札幌・関東(埼玉県白岡市)・関西(兵庫県神戸市)・九州(福岡県大川市)に拠点となる直営の物流センター(DC)を持ち、社長の似鳥昭雄が渡米した際に見た米軍の兵站システムにヒントに「自動立体倉庫」も導入しており(札幌物流センターが最初に導入)、加えて本来ならば商社が仲介する船の手配までも自前で行っている、という特徴がある。
取り扱う商品としては家具、インテリア用品、生活用品(寝具・ベッドリネン類、食器・キッチン用品、ランドリー用品、白物家電等々)のいずれも扱っており、大分類するなら「ホームファニシング」という用語で分類されることがある業態である。日本ではあまり馴染みのない言葉ではあるが、イケアなど欧米では一般的な業態である。実際、事業展開に当たっては、イケアを手本の一つにしているという。創業段階では家具店であったが、創業者似鳥昭雄自身が現在の業態へと進化させた。
看板などに使われるイメージカラーは「エメラルドグリーン」だが、一部店舗では旧デザインの「青色に鳥のマーク」を継続して使用している。
北海道拓殖銀行の破綻以後不振が続く北海道経済の中でも1988年以来2017年現在「30期連続増収増益」と順調に推移し、DCMホーマック(ホームセンター)、ツルハホールディングス(ドラッグストア)、ラルズや福原(いずれもスーパーマーケット)などとともに「北海道の勝ち組企業」と呼ばれている。2002年10月には札幌証券取引所から東京証券取引所第一部に上場した。
2014年5月に白井俊之が取締役執行役員から取締役社長に就任した。創業家以外は初である。

 

【Topics2 店舗概要】

北海道から沖縄まで日本全国に出店し(693店舗。2021年7月2日時点)、店舗網拡大を続けている。日本国外では、台湾に26店舗を構える。米国でもAki-Homeとして店舗を構えている。
大半の店舗が「ホームファニシングストア」と謳い、主に大型家具やインテリア用品や小物・生活日常品など扱っているが、17店舗については「ホームファッションストア」と称し、大型家具の品揃えを大幅に絞ってインテリア用品中心の店舗としている。この他、モール型の施設「ニトリモール」や小型店舗「ニトリデコホーム」も展開している。
店舗の日本国内の県別の分布は、同社のウェブサイトで確認でき、たとえば関東では東京都で56店舗、神奈川県で44店舗、埼玉県で44店舗、千葉県で38店舗。関西では大阪府で47店舗、兵庫県で37店舗。なお創業地の北海道では32店舗である。(いずれも2021年7月2日時点)
なお、現存する店舗の中で最も開店時期が古いのは、本社が入居する3号店の「麻生店」(北海道札幌市北区、ニトリ本店)である。 山陰地方には最後まで未出店だったが、2011年3月11日に島根県松江市への出店をもって業界初の全都道府県への出店を達成した。
2000年代後半以降は特に道内の店舗で積極的にスクラップアンドビルドを進めており、既存店舗を建て替え(あるいは移設し)、概ね5000m2以上の店舗へ拡張している。
各店舗の電話番号は非公表で、レシートに記載される電話番号はお客様相談室のものである。

 


【関連リンク】
株式会社ニトリ 企業ページ

ニトリ株主優待券にある株主本人の名前を書く欄は記入が必要ですか?

はい。
株主様名記載が必須となります、記名のない商品はお買取り不可となります。


おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)