金券ショップ チケッティは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップです。

金券ショップチケッティ 両国店

住所 〒130-0026 東京都墨田区両国3-25-4鷺山ビル1階
TEL 03-6659-6662
FAX -
営業時間 10:00 ~ 19:30 ■昼休み 14:00 ~ 15:00 (※第一木曜は、18:30で閉店する場合がございます。ご来店の際は、お電話でご確認の上、お出掛けください。)
定休日 年中無休(年末年始を除く)
最寄り駅とアクセス 総武線両国駅 東口改札(徒歩5秒、改札正面)

アクセス

両国店 店舗アクセス写真

総武線両国駅 東口改札を出て頂いたすぐ正面。鷺山ビルの1階がチケッティ両国店です。
会議室貸出も行っています。ぜひご相談ください。

  • 両国店 店舗アクセス写真
  • 両国店 店舗アクセス写真
  • 両国店 店舗アクセス写真

金券ショップチケッティ 両国店 店頭情報

店頭情報はありません。

金券ショップチケッティ 両国店 周辺情報

乗り入れ電車 JR総武線
都営大江戸線
1日平均乗車人員 約5万2800人
約3万8千人(JRのみ)
約1万4800人(都営のみ)
主な商業施設 両国国技館・江戸東京博物館
概要 国技館があることから相撲の街として知られる墨田区両国は江戸時代から交通の要衝、歓楽街として栄えた場所です。

「両国」の名の由来は、寛文元年(1661年)に隅田川に架けられた「両国橋」が由来になっています。「両国橋」は江戸の町で最初にかけられた大掛かりな橋で、武蔵国と下総国にまたがって架けられ、それまで船で渡っていた隅田川がこの橋によって、歩いて行き来できるようになりました。2つの国を行き来できるようになった橋と言うことから「両国橋」の名がつけられ、この橋がある地域を両国と呼ぶようになりました。

両国の名前が全国に知られているのは両国国技館によるところが大きいです。1909年に完成し1944年まで使用された旧両国国技館は、その名前のとおり、両国2丁目の回向院の旧境内にあります。その後、蔵前国技館への移転を経て、1985年に新しく完成した現・両国国技館は、両国駅の北側、墨田区横網に位置しております。

また、赤穂浪士の討ち入りで知られる吉良屋敷は本所松坂町(現在の両国2丁目から3丁目にかけての一帯)にあります。現在はそのごく一部が吉良邸跡として保存されており、区立本所松坂町公園となっております。

1993年には国技館の隣に東京の歴史と文化に関わる資料を収集、保存、展示することを目的とした江戸東京博物館が開設されました。高床式の変わった形の建物はいまや国技館と並ぶ両国の名所でもあり、開館以来、東京を代表する観光スポットとして、多くのお客様が訪れております。
そんな両国は、現在JR線と都営大江戸線の2線2駅が利用できる便利さに歴史を感じさせる文物が残る、住んで楽しい街となっております。
おすすめ商品 相撲チケット・江戸東京博物館入館券