金券ショップ チケッティ オンラインショップは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップのオンライン店舗です。
閉じる
金券ショップチケッティ オンラインショップは、郵送にて高価買取・格安販売を行っています。

松坂屋 商品券の買取(ご売却)

松坂屋 商品券の高価買取 画像と実際の商品デザインは異なる場合があります。

商品情報

・発行元:株式会社 松坂屋
・おつり:出ます。
・有効期限:無期限となります。
・額面:500円/1,000円
・全店でご利用頂ける券のみの買取となります。
 一部店舗のみで利用できる券はお買取りを行っておりません。

 

ご利用可能店舗はこちらをご確認ください。
松坂屋ホームページ 店舗情報
大丸ホームページ 店舗情報

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品
・一部店舗のみでご利用できる券(全店でご利用できる券のみ買取となります)
・現在発行されていない商品となります。
・「商品お内渡し票」とは別の商品となりますので表面の表記をご確認ください。「商品お内渡し票」の詳細は別項をご参照ください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

価格保証について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【松坂屋 商品券 が使える店】

・全国の松坂屋、大丸百貨店およびパルコでもご利用いただけます。
・一部ご利用いただけない店舗がございます。

詳しくはこちらをご確認ください。
松坂屋ホームページ 店舗情報
大丸ホームページ 店舗情報

 

 

■松坂屋お取替券・内渡し票・ギフト券(ショッピングカード)に関して

・商品券、印紙などご利用いただけない商品があります。ご利用の際は売り場にてご確認ください。

・全店でご利用頂ける券のみの買取となります。一部店舗のみで利用できる券はお買取りを行っておりません。

 

【発行関連情報】

・現在、松坂屋商品券の発行は行われておりません。

 

■松坂屋お取替券に関して

・偽造防止のためホログラムが印刷されております。 
・商品返品時などに店舗より発行される券です。

 

■松坂屋内渡し票に関して

・冊子型の商品券になっています。切り離しは無効になりますのでご注意ください。

 

【使用関連情報】

・経営統合により、松坂屋、大丸百貨店、パルコでご利用いただけるようになりました。

 

■松坂屋内渡し票に関して

・支払い時に商品券綴りを販売員に切り離してもらいます。
・現在閉店している店舗の記載があります。ご注意ください。

 

■松坂屋お取替券・ギフト券(ショッピングカード)に関して

・現在閉店している店舗の記載があります。ご注意ください。

【Topics1 松坂屋の歴史をもっと知るには 】

数多くある百貨店の中で、エレベーターガール、洋装制服をいち早く導入した松坂屋。 
松坂屋の歴史をもっと深く知ることができるのが、松坂屋資料室です。 
松坂屋名古屋店 南館7Fにあり、松坂屋に関する装飾物や写真、文書など 
松坂屋を取り巻く地域や文学の歴史も学べるスペースとなっています。

 

【Topics2 さくらパンダ】

上野松坂屋のリニューアルオープンを記念して誕生した、上野+パンダ のキャラクターです。

語尾は「~まつぅ」。松坂屋上野店にはさくらパンダカフェが期間限定開店したり、カードのデザインに起用されたりしました。

大丸との合併の際には大丸松坂屋のイメージキャラクターに昇格し、皆様に親しまれています。

 

【Topics3 松坂屋のイメージカラー】

数ある百貨店の中で売り上げが1位であったこともある松坂屋。 
そのイメージカラーは赤。 
1957年にシンボルフラワーをカトレアとして、包装紙や店内の装飾に使用されてきました。 
赤とカトレアの組み合わせは最新の包装紙にも顕在しています。 
赤い松坂屋のイニシャルロゴにグレーのカトレアを組み合わせたもので 
デザインはアメリカのデザイナー マイケル・シュワブ氏によるものです。

 

【Topics4 お内渡し票と商品券 】

お内渡し票は、冊子タイプ(綴り)の商品券です。
商品券としてご利用いただけます。ご利用の際はお釣りが出ます。
但し、冊子から切り離すと無効になるものもあるため、ご利用になる際は店舗にてご確認下さい。

 

【Topics5 松坂屋の歴史 】

1611年に創業された呉服店に端を発する歴史のある百貨店です。
名古屋を本拠地し、東海地方で絶大なる人気を誇ります。

1768年に松坂屋傘下になった上野店は江戸時代から同じ場所に建っており、地震や戦禍に見舞われながらも何度も復活しています。

2014年に営業終了した南館は、複合ビルとして2017年秋に再開予定です。

 

【Topics6 松坂屋概要】

松坂屋は、J.フロント リテイリンググループの大丸松坂屋百貨店が運営する日本の百貨店である。
また、株式会社松坂屋は、2010年2月28日までこれを運営していた企業である。
東海地方を本拠点とし、とりわけ名古屋市では今なお有力な百貨店の1つである。呉服店を起源とする老舗百貨店であり、名古屋最大の繁華街である栄に本店を置く。イメージフラワーはカトレヤで、キャッチフレーズは「生活と文化を結ぶマツザカヤ」である。
三越や髙島屋などを凌ぎ日本一の売上を誇る百貨店であった時期も存在する。現在の三菱UFJ銀行(旧東海銀行)の前身の一つである伊藤銀行や「名古屋の帝国ホテル」と呼ばれた名古屋観光ホテル、名古屋商工会議所など各企業・団体の設立にも関連した、近代の名古屋における有名企業である。
業界他社に先駆けてエレベーターガール、制服の完全洋装化を採り入れた。
地元市民の高齢層では松坂屋のことを「伊藤様」と呼ぶ人もいるほど、愛知県では他店よりも松坂屋が格上の百貨店であるという認識が非常に強く、松坂屋の外商部と取引があることが一種のステイタスとみなされる場合もある。
2005年から2006年にかけて、優良資産に目を付けた村上ファンドが松坂屋の大株主となり、一時経営を揺さぶられた。そのため、機動的かつ柔軟な経営判断ができる体制を構築するとともに、グループ各社の採算性と事業責任の明確化を図ることを目的として、株式移転により「株式会社松坂屋ホールディングス」(松坂屋HD)を設立し、純粋持株会社体制へ移行した。
しかし、松坂屋HD発足から1年足らずの2007年9月3日に関西を拠点とする大丸との経営統合を発表。共同持株会社「J.フロント リテイリング株式会社」(JFR)が設立されると、松坂屋HDはJFRに吸収合併され、役目を終えることとなった。2010年3月1日に松坂屋を存続会社として大丸を吸収合併し「株式会社大丸松坂屋百貨店」が発足した。
2010年に百貨店開業から数えて100周年、2011年に「いとう呉服店」創業から数えて400周年を迎えた。


【Topics7 大丸松坂屋概要】

株式会社大丸松坂屋百貨店は、老舗百貨店の「大丸」と「松坂屋」を運営する企業である。J.フロント リテイリングの完全子会社。
2007年9月3日にJ.フロント リテイリングのもとで経営統合した大丸と松坂屋が、経営統合の総仕上げとして2010年3月1日に合併し発足した。両百貨店とも呉服店を起源とする老舗である。
合併においては松坂屋が存続会社となったが、大丸松坂屋百貨店の初代社長・現社長は大丸出身者が担当。また、取締役及び執行役員の大半が大丸からの出身者で占められ(2014年1月24日時点で取締役5人中4人及び執行役員13人中10人)、特に、持株会社の役員との兼任者、及び営業本部長と業務本部長といった本部の要職は全て大丸出身者となった。
本社機能については両社の地盤だった名阪両都市を離れ、東京都江東区に置かれた。
店舗名称の変更は無いが、関西唯一の松坂屋の店舗である松坂屋高槻店(大阪府高槻市)が大丸京都店(京都市)の分店に組み込まれることとなった。
2016年9月1日に株式会社大丸コム開発を吸収合併するとともに、J.フロント リテイリングの不動産事業を承継し、グループの不動産事業を一本化する「不動産事業部」を設置している。
大丸松坂屋百貨店は山口県下関市にある下関大丸を2020年3月に吸収合併すると2019年5月に発表。下関大丸は大丸松坂屋百貨店の直営店となり大丸下関店に改称。


【関連リンク】
松坂屋 公式サイト

※表示価格はオンラインショップ価格です。店頭価格とは異なります。

松坂屋 商品券 500円

商品コード:000032

松坂屋 商品券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥480

松坂屋 商品券 1,000円

商品コード:000033

松坂屋 商品券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥960

松坂屋 商品券 3,000円

商品コード:000034

松坂屋 商品券 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,880

松坂屋 商品券 5,000円

商品コード:000035

松坂屋 商品券 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,800

松坂屋 商品券 10,000円

商品コード:000036

松坂屋 商品券 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,600

松坂屋 ギフト券 500円

商品コード:000037

松坂屋 ギフト券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥475

松坂屋 ギフト券 1,000円

商品コード:000038

松坂屋 ギフト券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥950

松坂屋 内渡し票 1,000円

商品コード:000042

松坂屋 内渡し票 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥940

松坂屋 内渡し票 2,000円

商品コード:000043

松坂屋 内渡し票 2,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥1,840

松坂屋 内渡し票 3,000円

商品コード:000044

松坂屋 内渡し票 3,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥2,820

松坂屋 内渡し票 5,000円

商品コード:000045

松坂屋 内渡し票 5,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥4,700

松坂屋 内渡し票 10,000円

商品コード:000046

松坂屋 内渡し票 10,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥9,400

松坂屋 お取替券 500円

商品コード:000047

松坂屋 お取替券 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

松坂屋 お取替券 1,000円

商品コード:000048

松坂屋 お取替券 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

松坂屋 ギフト券(ショッピングカード) 500円

商品コード:000052

松坂屋 ギフト券(ショッピングカード) 500円

お気に入りに追加

買取価格 :¥460

松坂屋 ギフト券(ショッピングカード) 1,000円

商品コード:000053

松坂屋 ギフト券(ショッピングカード) 1,000円

お気に入りに追加

買取価格 :¥920

商品情報

・発行元:株式会社 松坂屋
・おつり:出ます。
・有効期限:無期限となります。
・額面:500円/1,000円
・全店でご利用頂ける券のみの買取となります。
 一部店舗のみで利用できる券はお買取りを行っておりません。

 

ご利用可能店舗はこちらをご確認ください。
松坂屋ホームページ 店舗情報
大丸ホームページ 店舗情報

買取に際してのご注意

・痛み折れ曲がりが激しい場合当ホームページ掲示の価格でお買取できない場合がございます。  

これらの商品は買取不可となります。予めご確認ください。
・使用済みの商品
・ミシン目に切れ目が入っているもの
・お取替え券や冊子タイプの商品の場合、冊子から切り離したもの、及び切り離された冊子。
・裏面に発行店印欄があり押印のない券
・カードタイプの商品
・一部店舗のみでご利用できる券(全店でご利用できる券のみ買取となります)
・現在発行されていない商品となります。
・「商品お内渡し票」とは別の商品となりますので表面の表記をご確認ください。「商品お内渡し票」の詳細は別項をご参照ください。


チケッティの金券買取予約を利用するには会員登録が必要となります。

新規会員登録はこちらから

会員登録後の流れについ

発送日時について

発送方法について

その他お問い合わせはこちらから

【松坂屋 商品券 が使える店】

・全国の松坂屋、大丸百貨店およびパルコでもご利用いただけます。
・一部ご利用いただけない店舗がございます。

詳しくはこちらをご確認ください。
松坂屋ホームページ 店舗情報
大丸ホームページ 店舗情報

 

 

■松坂屋お取替券・内渡し票・ギフト券(ショッピングカード)に関して

・商品券、印紙などご利用いただけない商品があります。ご利用の際は売り場にてご確認ください。

・全店でご利用頂ける券のみの買取となります。一部店舗のみで利用できる券はお買取りを行っておりません。

 

【発行関連情報】

・現在、松坂屋商品券の発行は行われておりません。

 

■松坂屋お取替券に関して

・偽造防止のためホログラムが印刷されております。 
・商品返品時などに店舗より発行される券です。

 

■松坂屋内渡し票に関して

・冊子型の商品券になっています。切り離しは無効になりますのでご注意ください。

 

【使用関連情報】

・経営統合により、松坂屋、大丸百貨店、パルコでご利用いただけるようになりました。

 

■松坂屋内渡し票に関して

・支払い時に商品券綴りを販売員に切り離してもらいます。
・現在閉店している店舗の記載があります。ご注意ください。

 

■松坂屋お取替券・ギフト券(ショッピングカード)に関して

・現在閉店している店舗の記載があります。ご注意ください。

【Topics1 松坂屋の歴史をもっと知るには 】

数多くある百貨店の中で、エレベーターガール、洋装制服をいち早く導入した松坂屋。 
松坂屋の歴史をもっと深く知ることができるのが、松坂屋資料室です。 
松坂屋名古屋店 南館7Fにあり、松坂屋に関する装飾物や写真、文書など 
松坂屋を取り巻く地域や文学の歴史も学べるスペースとなっています。

 

【Topics2 さくらパンダ】

上野松坂屋のリニューアルオープンを記念して誕生した、上野+パンダ のキャラクターです。

語尾は「~まつぅ」。松坂屋上野店にはさくらパンダカフェが期間限定開店したり、カードのデザインに起用されたりしました。

大丸との合併の際には大丸松坂屋のイメージキャラクターに昇格し、皆様に親しまれています。

 

【Topics3 松坂屋のイメージカラー】

数ある百貨店の中で売り上げが1位であったこともある松坂屋。 
そのイメージカラーは赤。 
1957年にシンボルフラワーをカトレアとして、包装紙や店内の装飾に使用されてきました。 
赤とカトレアの組み合わせは最新の包装紙にも顕在しています。 
赤い松坂屋のイニシャルロゴにグレーのカトレアを組み合わせたもので 
デザインはアメリカのデザイナー マイケル・シュワブ氏によるものです。

 

【Topics4 お内渡し票と商品券 】

お内渡し票は、冊子タイプ(綴り)の商品券です。
商品券としてご利用いただけます。ご利用の際はお釣りが出ます。
但し、冊子から切り離すと無効になるものもあるため、ご利用になる際は店舗にてご確認下さい。

 

【Topics5 松坂屋の歴史 】

1611年に創業された呉服店に端を発する歴史のある百貨店です。
名古屋を本拠地し、東海地方で絶大なる人気を誇ります。

1768年に松坂屋傘下になった上野店は江戸時代から同じ場所に建っており、地震や戦禍に見舞われながらも何度も復活しています。

2014年に営業終了した南館は、複合ビルとして2017年秋に再開予定です。

 

【Topics6 松坂屋概要】

松坂屋は、J.フロント リテイリンググループの大丸松坂屋百貨店が運営する日本の百貨店である。
また、株式会社松坂屋は、2010年2月28日までこれを運営していた企業である。
東海地方を本拠点とし、とりわけ名古屋市では今なお有力な百貨店の1つである。呉服店を起源とする老舗百貨店であり、名古屋最大の繁華街である栄に本店を置く。イメージフラワーはカトレヤで、キャッチフレーズは「生活と文化を結ぶマツザカヤ」である。
三越や髙島屋などを凌ぎ日本一の売上を誇る百貨店であった時期も存在する。現在の三菱UFJ銀行(旧東海銀行)の前身の一つである伊藤銀行や「名古屋の帝国ホテル」と呼ばれた名古屋観光ホテル、名古屋商工会議所など各企業・団体の設立にも関連した、近代の名古屋における有名企業である。
業界他社に先駆けてエレベーターガール、制服の完全洋装化を採り入れた。
地元市民の高齢層では松坂屋のことを「伊藤様」と呼ぶ人もいるほど、愛知県では他店よりも松坂屋が格上の百貨店であるという認識が非常に強く、松坂屋の外商部と取引があることが一種のステイタスとみなされる場合もある。
2005年から2006年にかけて、優良資産に目を付けた村上ファンドが松坂屋の大株主となり、一時経営を揺さぶられた。そのため、機動的かつ柔軟な経営判断ができる体制を構築するとともに、グループ各社の採算性と事業責任の明確化を図ることを目的として、株式移転により「株式会社松坂屋ホールディングス」(松坂屋HD)を設立し、純粋持株会社体制へ移行した。
しかし、松坂屋HD発足から1年足らずの2007年9月3日に関西を拠点とする大丸との経営統合を発表。共同持株会社「J.フロント リテイリング株式会社」(JFR)が設立されると、松坂屋HDはJFRに吸収合併され、役目を終えることとなった。2010年3月1日に松坂屋を存続会社として大丸を吸収合併し「株式会社大丸松坂屋百貨店」が発足した。
2010年に百貨店開業から数えて100周年、2011年に「いとう呉服店」創業から数えて400周年を迎えた。


【Topics7 大丸松坂屋概要】

株式会社大丸松坂屋百貨店は、老舗百貨店の「大丸」と「松坂屋」を運営する企業である。J.フロント リテイリングの完全子会社。
2007年9月3日にJ.フロント リテイリングのもとで経営統合した大丸と松坂屋が、経営統合の総仕上げとして2010年3月1日に合併し発足した。両百貨店とも呉服店を起源とする老舗である。
合併においては松坂屋が存続会社となったが、大丸松坂屋百貨店の初代社長・現社長は大丸出身者が担当。また、取締役及び執行役員の大半が大丸からの出身者で占められ(2014年1月24日時点で取締役5人中4人及び執行役員13人中10人)、特に、持株会社の役員との兼任者、及び営業本部長と業務本部長といった本部の要職は全て大丸出身者となった。
本社機能については両社の地盤だった名阪両都市を離れ、東京都江東区に置かれた。
店舗名称の変更は無いが、関西唯一の松坂屋の店舗である松坂屋高槻店(大阪府高槻市)が大丸京都店(京都市)の分店に組み込まれることとなった。
2016年9月1日に株式会社大丸コム開発を吸収合併するとともに、J.フロント リテイリングの不動産事業を承継し、グループの不動産事業を一本化する「不動産事業部」を設置している。
大丸松坂屋百貨店は山口県下関市にある下関大丸を2020年3月に吸収合併すると2019年5月に発表。下関大丸は大丸松坂屋百貨店の直営店となり大丸下関店に改称。


【関連リンク】
松坂屋 公式サイト

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)