金券ショップ チケッティは、金券の高価買取・格安販売を行う金券ショップです。

金券買取(ご売却)

東京国立博物館

館名:東京国立博物館

運営団体:独立行政法人国立文化財機構

住所:〒110-8712 東京都台東区上野公園13番9号

開館:明治5年(1872)3月10日

 

現在、東京国立博物館の入場券の買取は行っておりません。
買取受付次第こちらの画面に商品情報・買取価格を記載致します。

現在お取り扱いのない商品です。

ご利用ガイド

【ご利用関連情報】

開館時間: 
9:30~17:00(入館は16:30まで) 
黒田記念館は通年で9:30~17:00(入館は16:30まで) 
資料館は9:30~17:00(月曜日から金曜日)
※時期により変動があります。

休館日:
月曜日(ただし月曜日が祝日または休日の場合は開館し、翌平日に休館)、年末年始(2017年12月26日~2018年1月1日)。ゴールデンウィーク期間とお盆期間中(8月13日~8月15日)は、原則として無休。
※資料館は、土曜日・日曜日・祝日、毎月の末日(休日にあたる時はその前日)、年末・年始。その他臨時に休館することがあります。

入館料:
一般620円、大学生410円
※特別展の場合は別料金となります。
※障がい者とその介護者各1名は無料です。入館の際に障がい者手帳等をご提示ください。
※高校生以下および満18歳未満,満70歳以上の方は,総合文化展について無料です。入館の際に年齢のわかるもの(生徒手帳,健康保険証,運転免許証など)をご提示ください。
 
常設概要:
日本を中心とする東洋の美術作品と考古遺物を収蔵しています。その数は約11万6000件以上。なかには国宝88件と重要文化財634件(2017年3月現在)が含まれています。
展示館は全部で6つ。本館(日本ギャラリー)では日本の美術を、東洋館(アジアギャラリー)では東洋美術を、法隆寺宝物館では法隆寺献納宝物を展示しています。平成館は1階に日本の考古遺物の展示室、2階には特別展専用の展示室があります。ほかに、洋画家黒田清輝の作品を展示している黒田記念館があります。表慶館は当面、特別展、催し物開催時のみ開館します。

東京国立博物館の詳細情報

【Topics1 施設沿革・事業】

東京国立博物館は明治5年(1872)3月10日、文部省博物局が湯島聖堂大成殿において最初の博覧会を開催したとき、わが国最古の博物館としてその産声をあげました。

博物館は開館後間もなく内山下町に移転、次いで明治15年に上野公園に移り、現在にいたっています。140年あまりの間、博物館はその時代の施策にしたがって所属官庁が変わったり、大規模な組織の改変が行われるなど幾多の変遷を経てきました。

明治期に内外で開催された大規模な博覧会との関わり、関東大震災、太平洋戦争などが館に与えた影響などを織り交ぜつつ、創立当初から今日までの東京国立博物館の歩みをたどります。 昭和30年代後半からは施設の整備に重点が置かれ、39年には収蔵庫を兼ねた陳列館として法隆寺宝物館が、43年には東洋美術の総合陳列施設である東洋館が開館しました。

さらに昭和59年美術史研究のセンター的役割を担った資料館が開館し、平成15年度末の列品収蔵件数は10万件を超えています。

平成2年には観覧者へのサービスの一環としてミュージアムショップを開設し、平成11年7月には法隆寺宝物館(新館)、さらに同年10月には皇太子殿下のご成婚を記念して平成館を開館しました。

平成13年4月には、東京国立博物館、京都国立博物館、奈良国立博物館の3館を統合した独立行政法人国立博物館を設立。調査・研究に基づく収集、保存、展観事業の充実をはかり、より親しみのある博物館を目指し、教育普及事業をはじめとするさまざまな事業に取り組んでいます。

おすすめ「金券買取商品」~金券・チケット高価買取いたします~



おすすめ「金券販売商品」~金券・チケット格安価格で販売しています~

金券買取(ご売却)

金券販売(ご購入)